2019年02月02日

【東京芸大の卒展に行ってきました】

今日は、東京芸大の卒展に行ってきました。

467FE1AC-E610-4AD4-BC68-044B39B1BFA5.jpg

芸大の卒展は初めてです。

会期は明日2/3(日)まで。
学部生の卒業制作は東京都美術館で、院の修了展は芸大の学内で、という構成になっているようです。

何がどのようにとうまく言えないのですが、
武蔵美の卒制展とだいぶ雰囲気が違って見えました。

六本木の国立新美術館で開催の五美大展も行ってみると感じるかと思いますが、やはり美大毎にカラーというのはあると思います。

美大受験を視野に入れている中・高生の皆さんは、できるだけ卒展などに足を運んでみると良いと思います。志望校だけでなく、他の美大も含めて。

さて、美大に入って、ようやく美大の卒制展などに足を運ぶようになった私なのですが、
作品を見るときに、ついつい、この人はこのままプロ作家生活に入れそうかな?という目で見てしまいます。

そういう観点で見てみると、学部生の作品はまだ少しおとなしい気がします。院生になってようやくじっくり作家性を突き詰めていける感じなのかなあと。。。

私も作家として成り立ってはいないので偉そうには言えませんが、究めていくというのは大変なことだなと改めて考えました。
posted by はやしすみこ at 19:33| 東京 ☀| Comment(0) | 日々の徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月25日

【人生で初めて好きになった本】

私は本を読むのが苦手で、
活字を追っていると
同じところを何度もぐるぐるしたりして、
結局疲れて読み進められない人ですが、

この本は多分、
私が初めて本当に好きになった本です。
C639A81E-EC7D-42C4-95D3-091FED67A85F.jpg
小学校のいわゆる指定図書で、
夏休みか何かに感想文の宿題が出たと思います。

無責任にも元の飼い主に捨てられた子猫が、
長い旅を続けて野生猫として生き延び、
最後に老夫婦に拾われ暮らすのですが、
車に跳ねられて大怪我をし、
獣医の元で安楽死する。
波乱万丈の物語。

大人になり、多分一人暮らしを始めた頃に
一旦は処分したのですが、
少し前にふと思い出し、
探してみたらまだあったので、
懐かしくなって買いました。

この物語のどこに惹かれたのかはわかりません。
しかし、淡々と語られる孤独感に
締め付けられるような心地だったのを
覚えています。

私は本を読むのが苦手です。
なので、一生を通じて、
本当に手元に置ける本はほとんどないでしょう。

しかしこの本は、
せっかくまた手に入れたので、
できるだけ長く手元に
置いておこうと思います。

posted by はやしすみこ at 22:29| 東京 ☁| Comment(0) | もの想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月24日

【西調布のカフェに油彩画展示中】

京王線西調布が最寄駅のブックカフェ、「ブックカフェ デン」にて、私の油彩の過去作2点をお預かりいただいています。

現在、店内に1点展示中。百合の花を描いたサムホールサイズの油彩画です。

4CDC548B-4369-453A-B3C1-B271CFCAB4F1.jpg

常設ではなく、季節に応じてカフェオーナー様が絵を入れ替えていらっしゃるのですが。。。

お店で「はやしすみこの絵は飾ってますか?」とお尋ねいただければ、展示中はどの絵か教えてくださいます。

お店の雰囲気を壊さぬようキャプションは壁に出していませんが、価格設定もしており、ご希望の方には販売できます。

地元の人気店のため混雑していることも多いのですが、静かな時には隠れ家にいるような心地になれる癒しのブックカフェです。

お食事メニューはなく、手作りケーキのみ。
ケーキの美味しさは抜群です。

京王線西調布駅の隣駅は、味の素スタジアムの最寄駅でもありますので、機会がありましたらぜひ、お立ち寄りください。

ブックカフェ デン
posted by はやしすみこ at 18:50| 東京 ☀| Comment(0) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月21日

【調布市の小学校による連合図工展】

個人で運営して今年で満6年を迎えるデッサン教室、アトリエうみねこ。
今は、大学通学のため規模縮小でレッスンを続けています。

アトリエうみねこで教えている小学生の生徒さんが、
初めて出品に選ばれた年から観に行くようになった、
調布市の小中学校の連合図工展、連合美術展。
今年もその季節がやってきました。

今日まで小学校の連合図工展が開催されていました。
来週は中学の連合美術展です。

この展覧会、絵を教えている私にとっては、
学校教育ではどのようなことをしているのかな、
というリサーチの意味もあって行き始めたので、
「この題材はどういう導入で授業を進めたのかな」
というような観点でもあれこれ想像しながら観ています。

しかし、一方で、
純粋に子どもたちの作品に癒されている自分がいます。

作品内容に夢がある、とかそういうことではなくて、

ここにある作品は、
どれも感じたことを感じたままに自由に表現しているのだ、
ということを確認することで、心が癒されているのです。

絵は描いているうちに技術は上がっていくものだと思います。
しかし、描いている私自身の心の在りようはどうだろう。
自由が失われていないか。
何かに束縛されていないか。

ただただ、何かに純粋な視線を注いで描くということを、
忘れてはいけないと、
この展覧会に行くたびに込み上げるものを感じます。
posted by はやしすみこ at 23:02| 東京 ☀| 日々の徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月19日

【武蔵野美術大学 平成30年度卒業制作展1/20まで】

昨日、大学の卒業制作展を観に行ってきました。
1日で回れると思っていたら大違いで、
結局全部の展示会場を回ることはできませんでした。

展示会場がキャンパス全体に散らばっていて、
同室、同棟に展示されている学科も若干混ざっています。
正門でガイドブック(無料)を受け取って、
展示会場を確認されてからスタートをお勧めします。

武蔵野美術大学の卒業制作展


卒業式を間近に控えた4年生たちにとっては、
大学生活の集大成の展覧会。
私も無事、3年後にはここに卒業制作を展示できるのかな。
4年間の結論として
後悔しないものを展示したい。

展示会場を回りながら、
ふっと思ったこと、わいた言葉。
すぐに消えてしまいそうなので、
ツイッターでつぶやきを連投しながら進みました。

※※※※※※※

武蔵美術大学 平成30年度 卒業・修了制作展
日程:2019年1月17日(木)〜2019年1月20日(日)
時間:9:00-17:00
場所:鷹の台キャンパス
http://www.musabi.ac.jp/topics/20181221_03_01/

鷹の台キャンパス
住所:東京都小平市小川町1-736
JR立川駅またはJR国分寺駅から武蔵野美術大学行きバスあります。
最寄駅から徒歩の場合は、西武国分寺線鷹の台駅から玉川上水沿いに徒歩20分。
http://www.musabi.ac.jp/access/
posted by はやしすみこ at 16:36| 東京 ☀| 美大の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月18日

【すでに1月後半ですが、本年もよろしくお願いいたします】

約2ヶ月ぶりの投稿です。
昨年末は振り返りもせず、
今年は年初のご挨拶もせず、
あっという間に日々がすぎておりました。。。

あまりにも遅ればせながらで恐縮ですが、
本年もどうぞよろしくお願い致します。

私の近況はといいますと、
美大1年目が終わり春休みに入りました。

後期の期末レポート提出と試験は終わったものの、
まだ成績はでていないし、
本当に2年生に進級できるのか不明ですが、
ひとまず昨年春からの通学が一段落しました。

今年はどんな一年にしようかな、
と毎年お正月に考えるのですが、
結局毎年、予定外のことばかりが起こるので、
今年はあまり決めないでやってみようかなと思います。

とはいえ、ここしばらく私のブログは、
投稿と投稿の間が長くなりすぎ。
いつも長文になってしまうのが、
コンスタントに投稿できない原因かもしれません。

今年のブログは、あまり長文にせず、
こまごまとアップできるようにしたいです。
できるのかな?

どうなることでしょうか。
posted by はやしすみこ at 01:06| 東京 ☀| 日々の徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

【第44回現代童画展が始まりました】

今年も現代童画展が始まりました。

089F63E9-E7EF-4654-A666-A57137969F32.jpg

第44回現代童画展
2018/11/10(土)〜11/16(金)
9:30〜17:30 入場17:00まで
※最終日は入場13:30までで終了です

場所は東京都美術館(上野公園内、上野動物園正面入口の右側にある赤レンガの建物)です。

今年は諸事情により私は出品しなかった現代童画展。出品はしていないのですが今日は受付当番で会場へ行ってきました。

会期の最初の2日間が週末となり、かなりのお客様をお迎えいたしました。

あとは平日だけなので、平日フルタイムでお仕事の方々は厳しいかなと思うのですが。。。おついでがありましたら、ぜひ東京都美術館へお寄りください。

今年の特別展示は、現代童画会会長の小澤清人氏の絵画展です。古い作品からいつか観た記憶のあるあの作品まで、展示室の壁にぎっしりと飾られました。

そして個人的に驚いたのは、今回は大賞が出なかったことです。過去にも大賞作品該当なしの回はありましたが。。。それだけ力作が肩を並べていたということなのでしょうか。

色々な意味でまた奥深い回となったのかもしれません。
posted by はやしすみこ at 21:30| 東京 ☁| Comment(0) | 現代童画会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月26日

【今年も終わりが近づいてきて】

今年もまもなく10月が終わり、年末が見えてきました。
改めて、昨年末からのブログを振り返り、上手とは言えませんが書道をしてみました。

6237ED79-A3A5-4810-B178-5E6009A00D53.jpg

今年、私が目指そうと思っていた境地を表す漢字です。「たのしい」と書いたのですが、実際には、やわらぐ、よろこぶ、という訓読みのようです。

私は常に慌てふためきやすいので、ゆったりと、心静かに、日々をたのしんでいきたいという願いを持ちました。

しかし、結局、10月になってもそういう境地にはなれていません。

春からの進学は予想以上の厳しさでした。何より体力の問題が大きく、何をどう調整していけば困難を切り抜けられるのか答えがみつからぬままでした。

何か大きな決断をした後で、うまく変化についていけずあたふたしていると、「その決断がどれだけ大変かなんてもともと覚悟してなかったの?」と聞いてくる人がいます。

人生の中の困難なんて、入口では想像くらいしかできません。私にとっては、実際に渦中に入り込んで初めて具体的に実感し、その中でようやく少しずつ覚悟が整っていくものです。
きっと私は、一生そのように生きていくのだと思います。

しかし。。。「怡」は引き続き目指したいです。
人格の完成なんて臨終までわかりません。
どんなに年齢が進もうと、私は未完成。
それでも、風が軽やかに舞うように、心は常に風通しの良い方がいい。
posted by はやしすみこ at 09:07| 東京 ☁| Comment(0) | もの想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月24日

【祝日も登校日】

土日月の3連休が2週続き、
ゆっくり過ごされた方も多かったのではないかと思います。
私は今、大学生なので、
連休はありませんでした(泣)

せめてお天気が良かったのが救いでしたが、
家族と全然ゆっくり過ごせなかったのが
残念。。。

71EE5516-B503-49B6-9C5F-EA31461C6DEC.jpg

後期に入ってもうすぐ1ヶ月が過ぎようとしているのですが、

夏に旅先で熱中症になって以来、
何となく体調が戻りません。
とはいえ、単位を落とすわけにもいかないので、
冬まで頑張って通いたいと思います。

高卒現役の時に大学生だった時より、
今の大学は色々厳しくなっているような気がします。

あの頃は体力があっただけかな?

季節は少しずつ、
本格的な秋に向けて動いていきますね。
posted by はやしすみこ at 18:24| 東京 ☀| Comment(0) | 美大の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

【足元の地面を見ることは大切】

上を向いて歩こう
涙がこぼれないように

坂本九さんの名曲。
今回の投稿をしようとして、ふと思い出したのでちょっと書き留めた次第です。
正反対のお話になるのですが。

人生には、多分がむしゃらに走らねばならぬ時期があります。
その時期はいつ来るかわかりません。

私もある時は走ったつもりだし、
今も走らなければならないのでしょう。

ただ、その時、私自身に必要で忘れがちなのは、足元の地面を見ること。

下を向いていたら全力で走れませんか。

私の場合、気づいたら地面がなくなってたということが多いのです。

それで、コケます。
宙を落ちて行くのです。

全力で走るなら、そのための地面をいつも見られるようにしておきたい。

自分だけのペース。
自分だけの地面。
上を向いて歩こう。。。よりは、
時には下を確かめよう、が
私には必要。

誰かよりも楽だとか、
誰かよりも苦しいとか、
そういうことは関係なく。
地面がなければ走れない。

その分、時間がかかったりするのかもしれませんが。

誰の足元にも、走るための地面は必要です。

最後は誰得な写真で恐縮ですが近影です。

682C5953-E81D-4C0D-96AB-614EB6E18627.jpg

気持ちばかり若くても細胞は歳を取る。
私ももうすぐ熟年の入り口。
どこまで走れるのでしょうか。
posted by はやしすみこ at 12:55| 東京 ☁| Comment(0) | もの想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする