2017年08月22日

【別れ際、お見送りはいつまで?】

誰かとお会いして、それではまた、とお別れするとき、

お見送りする側の場合、
お相手が見えなくなるまでお見送りするタイプでしょうか、
お別れの挨拶をしたら、すぐに次の行動に移るタイプでしょうか。

お見送りされる側の場合、
何回か振り返って手を振ったり会釈したりするタイプでしょうか、
一度も振り返らずどんどん歩いていくタイプでしょうか。

どれがしかるべき、というのはないと思うのですが、

私はいつまでもお見送りをしたいし、何回か振り返って手を振りたいタイプです。
昔から、ふっと振り返ったときに、見送ってくれているはずの姿がもう見えなかったりすると、ちょっとさみしく感じていました。

しかし最近、ある友人に
「長々と見送らなくていい、自分はずんずん歩いて行くから」
と言われ、ちょっとはっとして。。。

振り返らない、いつまでも見送らない、のがデフォルトの人もわりといるんだなと、改めて実感したわけです。もっともその友人も、そのときに何か別の含みがあったのかもしれませんが本当のところはわかりません。

そういう小さな出来事の積み重ねの結果、最近では自分が見送られる側の場合は、やはりさみしい気分になるのがつらいので、その頃から敢えて振り返るのをやめることにしました。

ただ、私が見送る側の場合は、それでもやはり振り返ってくれたときに手を振り返してあげたいので、見送らなくていいと言われても、姿が見えなくなるまで見送っていたいなと思っています。

殊更に宣言するようなことでもないのですが。
いろいろなタイプがいるよね、というざっくりとしたまとめで。
posted by はやしすみこ at 00:05| 東京 ☀| もの想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

【お盆が終わると忍び寄る秋】

実家のお盆は8月です。
8/13の迎え火と8/15の送り火は私の担当なので、お盆にお盆休みという概念は私にはありません。

実家は徒歩10分ほどのところにお寺さんがあり、墓地まで提灯を持ってお迎えとお見送りに行きます。

これは迎え火の日の空。
自宅で見るより雲が間近に感じたのは何故だろう。

6D92186F-A111-4975-92E8-D23C63AAAF6F.jpg

さて、かれこれ10年以上猛暑続きですが、ここ2〜3年、お盆が過ぎると急に暑さが和らぎ始める気がしています。

だから、お盆が過ぎると気分は秋。

そして、夏の間は全く感じない、手の甲の乾燥を手触りで覚えるのも、私にとっては秋が始まるサイン。

さっき、乾燥を感じて久しぶりにハンドクリームで手の甲や指をマッサージ。

私にとっては、もう秋の始まりです。

まだ暑さ厳しい日はあると思いますが、季節は確実に動いていき、体調管理がますます重要に。

皆様もご自愛くださいね。
posted by はやしすみこ at 01:00| 東京 ☀| もの想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

【展覧会のお知らせ(2) - はやしすみこ空スケッチ展】

今年に入ってから、突然ライフワークのようになった空のスケッチ「ソラスケ」。
こちらのブログではほとんど投稿しておりませんが、インスタグラム(ID:sumicohayashi)を中心に、その日の空のスケッチを公開してきました。
基本的には、手法はジェルインクボールペンの線画+水彩色鉛筆での着彩です。

その空のスケッチをずらずらと並べてみたら、どんな空が現れてくれるだろうか。。。という試みの展覧会を開催します。

DM_sorasuke_100moments.jpg

作品展というよりは、私のライフワークを垣間見ていただける展覧会です。
会場は夜のみ営業のバーですので、皆様お誘い合わせの上、美味しいお酒やお料理を一緒に楽しみながらご覧ください。

ソラスケはハガキサイズのものがほとんどで、そういう小さな絵を文字通りずらずらと展示してみるなど初めてのこと。
設営は作家にお任せ。私ひとりで大量の絵、大丈夫かな〜。。。と今から心配なのですが、
搬入日は色々な巡り合わせで「いっぱい時間使っていいよ」とお店からおっしゃっていただけているので、ひとまず念入りに準備しつつ、おちついて搬入設営したいと思います。

あと、ソラスケはまだまだ鋭意増産中です。どうかお天気お願いします。。。

★★★★★

【はやしすみこ 空スケッチ展「A Hundred Moments」】
※展示即売方式、1枚1,000円〜(価格詳細は会場にて明示します)
お気に入りの空が見つかったらぜひ、お家に連れて帰ってあげてください。

会期:2017年 9月1(金)〜15日(金)
時間:19:00〜翌朝5:00 (会場はバーのため、お店の営業時間と同じです)
場所:バー ラストチャンス (小田急線/京王井の頭線「下北沢」南口から徒歩15分ほど)
住所:東京都世田谷区代沢4-41-8竹ビル1F
お店のHP:http://www.barlastchance.com/

★★★★★
posted by はやしすみこ at 16:04| 東京 🌁| 個展(11) A Hudred Moments | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【展覧会のお知らせ(1) - 現代童画会選抜展】

もうじき、展覧会がいくつか続きます。
会期の早い順に、まず2件ご案内いたします。

2017_senbatsu_dm.jpg

★★★★★

【現代童画会 ’17 選抜展】

会期:2017年8月21(月)〜27日(日)
時間:11:30〜18:30(初日13:00〜/最終日16:00終了)
※ 初日17:00〜 オープングパーティとなります。パーティはどなた様もご参加可能です。
※ 初日は17:00前までにお越しいただけると、1F/2Fとも作品をごゆっくりご覧いただけます。
場所:銀座アートホール
住所:東京都中央区銀座8-110 銀座コリドー街

★★★★★

現代童画会の年度始めの展覧会は、4月に開催された春季展です。
その春季展は、会に所属している全てのメンバーが出品する権利を持っており、会場面積の都合などで160人程度までの先着申し込み順にて出品者が決まります。

春季展では、会員以上のメンバーの作品に対して委員による審査があり、おおよそ100人程度のメンバーが選抜となり、選抜展の開催となります。

規模の大きな公募団体だと、美術館で行われる本展も全国を巡回したりするのですが、現代童画会の場合は、選抜展の作品が東京〜神戸〜坂出の3箇所を巡回します。

私も今回の選抜展出品メンバーとなりました。
現在、F20号の油彩画と格闘中です。
春季展が終わってからはしばらく鉛筆画の発表が続いていたので、油彩はなんだかとても久しぶりの気がします。。。

なお、現代童画会の情報は、公式HPや、メンバーが自主的に開設した会公認のFacebookページなどでもご覧いただけますので、随時チェックいただけると嬉しいです。

現代童画会HP(公式HP)
http://www.gendoh.jp/

現代童画会Facebook(メンバーによる自主運営)
https://www.facebook.com/現代童画会-258643260855993/
posted by はやしすみこ at 15:56| 東京 🌁| 現代童画会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

【最近のイラスト仕事から - ショップバッグイラスト制作】

現在の私は、主にデッサン教室講師と、展覧会での作品発表・販売を活動の中心にしていますが、ほそぼそと、イラストのご依頼もお受けしています。

過去にお受けしたものとしては、似顔絵(ご家族の肖像をデッサン風に、名刺用の似顔絵を漫画イラスト風に)や、CDジャケットのイラスト(鉛筆画)などで、事例はごく少ないのですが。。。

今回は、こちらのショップバッグのイラスト制作をさせていただきました。
長野県茅野市に直営店のある、Fairy wishというお洋服や服飾雑貨のお店です。

Fairy wish
http://fairy-wish.com/

20170805_01.jpg  20170805_02.jpg

昨年あたりから、私自身が指導を受けているデッサンサロンでずっと、アンティークのベアをデッサンしていたのですが、そのデッサンをインスタグラムなどで公開していたのをお店のオーナーさんがご覧になり、お店のアンティークベア(クマさんが店長さんなのだそうです^^)をモデルにイラストを、とお声をかけてくださいました。

絵柄そのものは、ご依頼主のイメージで描いていただいたラフスケッチを土台にしていますが、最終的に、黒地に白と、ピンク地にブラウンの2パターンのショップバッグになりました。

直営店でお買い物されたお客様しか入手できないショップバッグですが、お近くの方や機会のある方はぜひお店を覗いてみてください。
乙女たちの、いつまでも可愛らしくありたい、という想いを叶えてくれるお店です。

★★★

子供の頃、大好きなぬいぐるみを抱っこしないと眠れなかったという思い出のある方はいらっしゃると思います。

私自身は、自分の記憶にある限り、ぬいぐるみを愛でるような可愛げのある女の子ではなかったのですが、大人になってから今更、ベアのぬいぐるみって可愛いなと思うようになってきました。

自分のデッサン教室レッスンのモチーフとして、小さな生徒さんのために用意したクマのぬいぐるみを、自分も質感の練習のために繰り返しデッサンするうちに愛着がわいてしまったようです。

好きなものが形になって、誰かに喜んでもらえる、というのは、仕事であってもそうでなくても、素敵なことですね。

現在、通っているデッサンサロンでは石膏像の木炭デッサンを指導していただいているのですが、またしばらくしたらサロンにいるベアを描こうかなと思います。
posted by はやしすみこ at 14:11| 東京 ☀| お仕事実績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

【鉛筆画3点、調布駅前の喫茶店に展示】

先日の個展から鉛筆画3点だけ、東京都調布市の喫茶店にご厚意で飾っていただけることになりました。
C03A80B1-DCC0-4BBC-ABC6-DD1D8431D551.jpg
新宿から京王線特急で15分、調布駅。
東口すぐの喫茶店「喫茶サンマロー」さんの店内に鉛筆画3点を飾っていただきました。

展示期間が特に設けられているわけではないので、しばらく飾っていただけると思いますが、予告せず他の作家さんの作品と入れ替えの可能性もありますが。。。

調布へいらした時にはぜひお寄りください。
14時まではランチタイムで日替わり定食、
ランチ過ぎてもパスタやカレーなどの軽食メニューあります。
もちろん喫茶店ですのでコーヒーだけでも。。。

調布駅東口改札を出て地上へのエスカレーターを昇ったら、右側に出て目の前の道を右方向に。1分もかからない場所です。
posted by はやしすみこ at 16:23| 東京 ☀| 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

【個展「前略、あの日の居場所」のアルバムをFBに作りました】

7/2に終了しました個展「前略、あの日の居場所」につきまして、Facebookページに作品集を写真アルバムとして公開いたしました。

こちらでご覧いただけます。
↓↓↓↓

個展「前略、あの日の居場所」作品集

まずは、展示作品のメインとなった新作10点から掲載しております。ポストカードサイズの小作品も順次画像を追加し、アルバムを完成させていきますので、継続的にチェックしていただけると嬉しいです。
posted by はやしすみこ at 23:51| 東京 ☀| 個展(10)「前略、あの日の居場所」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

【詩画集「前略、あの日の居場所」Creemaでの販売開始】

先日(6/21〜7/2)の個展の物販として自主制作いたしましたA6サイズの画集「前略、あの日の居場所」につきまして、SNS等で通販のお問い合わせをいただいていたお客様には、しばらく体制を整えるまでのお時間を頂戴しておりましたが、

20170708_01.jpg

この度、Webサイト「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema」に出品いたしましたのでお知らせいたします。

Creemaさんのトップページで、作家名「はやしすみこ」で検索していただいてもすぐに探していただけますが、画集の紹介ページは以下になります。

−−−

詩画集「前略、あの日の居場所」
https://www.creema.jp/item/4294024/detail

−−−

Creema 作品紹介文より

全14点の鉛筆画と、それぞれの絵に寄せたささやかな詩による、A6サイズの小さな詩画集です。
いつからいつまでを少女時代と言っていいのかわかりませんが、幼少期から多感な時期まで、私の少女時代も色々な出来事に想いは揺れ動いていました。
この詩画集は、現在の私から当時の私へ向けたメッセージのようなものです。
2017年6月に開催した鉛筆画の個展「前略、あの日の居場所」の物販のために20部自主制作してご好評をいただき、この度増刷いたしました。

−−−

個展期間中に迷ったままお帰りになり、やはり欲しかったかなあ、という方、
個展には行けなかったので出品作の一部(10点収録)をダイジェスト的に見たいという方、
えっ、はやしって詩(らしきもの)も書いてたの?という方、
単純にご興味をお持ちくださった方、

20170708_03.jpg

どなた様もぜひご検討ください。
ご注文の場合、決済はCreemaサイトを通じて、お品物は作家から直接発送となります。
ご注文お待ちしております^^
posted by はやしすみこ at 23:28| 東京 ☀| 個展(10)「前略、あの日の居場所」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

【お知らせ - ミニ画集のご予約につきまして】

先週の日曜日(7/2)に、三鷹の点滴堂さんで開催しておりました個展「前略、あの日の居場所」は無事終了いたしました。今回の個展を応援してくださいましたすべての皆様に御礼申し上げます。

本来であれば、まず個展について諸々のご報告の方が先かと思うのですが、個展で販売いたしました通称「ミニ画集」につきまして、とり急ぎお知らせをさせていただきます。

今回の個展開催に際して自主制作しましたA6サイズの詩画集「前略、あの日の居場所」。
収録した鉛筆画は、今回の出品作から11点+αの内容です。
初刷は20部ご用意しました。

20170708_01.jpg

私自身が完売を予想していなかったのですが、思いの外ご好評をいただけて会期中に初刷20部が完売となり、急遽増刷を決めました。

点滴堂さんは普段から通販はなく、あくまでもお品物を直接ご覧の上でご購入、という方針のお店なのですが、お店にお願いをして、個展会期中に限りサンプル冊子をご覧の上でご希望のお客様に店頭でのご予約(お代は先払、発送は作家から)を承っておりました。

★★★★★

・・・という経緯がありまして、増刷した画集(第2刷30部)が昨日(7/7)の朝に届きまして、現在以下の状況となっております。

(1)個展会期中にご予約済みのお客様

店頭お受け取りのお客様の分は、7/7夜に点滴堂さんに納品いたしました。
郵送ご希望のお客様には、本日、スマートレターの形でポストに投函させていただきました。

(2)点滴堂さんに数冊納品いたしました

7/7夜、点滴堂さんに別途数冊納品いたしました。点滴堂さんにいらした際に、お気に召していただければぜひよろしくお願いいたします。サンプル冊子もご覧いただけます。

(3)そのほかのお客様

SNSなどで個人間の通販などお問い合わせをいくつかいただいており、ありがとうございます。
個別にお問い合わせの方々につきましては、今後、通販が可能になるよう通販サイトへの出品を検討しておりますので、もうしばらくお知らせをお待ちいただければと存じます。

★★★★★

今回制作した詩画集はA6サイズのささやかな冊子で、14点の鉛筆画とそれぞれに詩を組み合わせたものです。最新は第2刷です。

20170708_02.jpg

初刷20部に引き続き、実は第2刷も控えめに30部の増刷ですが、できれば今後ゆるゆるとロングセラーになってくれるといいなと思っております。

ちなみに、中身はこんな感じになっております。

20170708_03.jpg

通販の準備など進捗あり次第、また改めてお知らせをいたします。
何卒よろしくお願いいたします。
posted by はやしすみこ at 20:52| 東京 ☀| 個展(10)「前略、あの日の居場所」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

【個展会期もあと3日間、改めて思うこと】

2週間の会期の個展「前略、あの日の居場所」も、昨日6/28に後半が始まりまして、残すところ、金、土、日、の3日間となりました。
後半は仕事の都合などで、私が在廊できるのは土曜日だけになります。

金曜、日曜にいらっしゃるご予定の方とは、お会いできず残念ですが、古本やコーヒーもご一緒に、ごゆっくりお時間お過ごしいただければと思います。

今回の展示内容は、2年前の点滴堂企画展「少女への手紙/少女からの手紙」への出品をきっかけに、その私的な続編として構成しています。

その点については、DMで触れるだけでなく、ブログやSNSでも繰り返しご紹介はしていたつもりなのですが、やはりお客様と直接会話をすると自分のリアルな言葉でお伝えしたくなるし、何度、同じことをお話したのかなあと思います。

きっと、何度同じことを繰り返しお話したっていいんですね。

今日は、別のギャラリーでご一緒させていただいている先輩画家さんが観にいらしてくださったのですが、今回の個展への経緯や制作中の諸々をお話したところ、「きっと良い少女時代を過ごしたのね」と穏やかにおっしゃいました。

そのお言葉に対して、自分の少女時代が本当に良いものだったのかは即答できないなあと思いつつ「いつもマイペースで、一人で居ることが多かったです」とだけお答えしたのですが、

かつての自分を何度も手繰り寄せるように描いた今回の一連の鉛筆画。
多分、年齢の割には幼稚だった自分なりに、思いの外敏感な時代だったのだと。

何か漠然としたものでも、繰り返し繰り返し言葉にする中で、ようやく見えてくるもの、あらためて気づくものがあるのかも、と思うことができました。

ところで、ご芳名箱のコーナーが、妙に可愛らしい感じになっています。
可愛らしいフラワーアレンジもお祝いにいただいたので、さらに可愛らしさがアップしました。

20170629_01.jpg

このコーナーでは、スターチスの花も、貝殻も、私にとっては大好きなモチーフですが、

ピンク色のクマ。
少女時代にはぬいぐるみを愛でるような可愛げはありませんでした。

このクマは、デッサン教室を始めた頃に小さな女の子の生徒さんが喜んでくれるかと思って用意し、私自身が何度もデッサンのモチーフにしているうちに、昔から大切にしてきたもののような風情になってしまいました。強いて言うなら、大人になって今更、大切にしているものです。

あちこちに、昔の私と、現在の私が、見え隠れしています。
そのあたりもあれこれ想像しながら、もう一巡、絵を眺めていただくと、また面白いかもしれないと思います。

あと3日間、どうかよろしくお願いいたします。
posted by はやしすみこ at 00:08| 東京 ☀| 個展(10)「前略、あの日の居場所」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする