2013年03月16日

【伊豆高原 天使巡礼天使堂 3月の企画展に参加します】

直前のお知らせになってしまい恐縮ですが、
明日から始まる展示のお知らせです。

2月に参加させていただきました伊豆高原のギャラリー様の、3月の企画展にも出品させていただくことになりました。何かのおついでがありましたら、お寄りいただけましたら幸いに存じます。

【展覧会概要】-----------------------------------------

☆タイトル「天使のこの指とまれ♪ vol.5 −幻天使の百合の花−」
☆会期 2013/3/17(日)〜3/20(水)
☆時間 10時〜18時(初日12:00開始、最終日16:00終了)

☆出品作家:※五十音順、敬称略
浅野勝美(銅版画)、安蘭(ペン画)、はやしすみこ(鉛筆画)、渡辺亜希子(鉛筆・アクリル画)と天使巡礼天使堂の所蔵作品(※非売)とのコラボレーション。

一階 【カフェ・スペース】にて開催です。
作品をご購入のお客様は、そのままお持ち帰り、または会期終了後の配送が可能です。詳細はギャラリーオーナー様にご確認ください。

☆場所
天使のいる回廊 天使巡礼天使堂
〒413-0234 静岡県伊東市池614-170 P.SOPHIA
(伊豆高原 南大室台5-5)
※伊豆高原駅からはかなり距離がありますので、バスやタクシーなどご利用ください。

☆関連記事(天使堂様ブログ)
http://tenshi-junrei-tenshidou.dreamlog.jp/

----------------------------------------------------------------------------------

なお、私の作品は2月の時に常設展示のお部屋に置かれていた鉛筆の小作品となります。また、この企画展出品にともない、出品作品については私のWebサイト「作品販売」ページ経由での販売を展示期間中はお休みいたします。
posted by はやしすみこ at 22:49| 東京 ☀| Comment(0) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

【伊豆高原のギャラリーでの企画グループ展が始まりました】

本日2/17(日)より、伊豆高原のギャラリー「天使のいる回廊 天使巡礼天使堂」にて、企画グループ展「天使のこの指とまれ♪ vol.4 −不機嫌な天使に薔薇の瞳を−」が始まりました。
本日より、2/24(日)まで開催されます(2/21のみ休館)。

展覧会の概要は先日の日記でもご紹介しておりますが、再掲いたします。

【展覧会概要】-----------------------------------------

☆タイトル「天使のこの指とまれ♪ vol.4 −不機嫌な天使に薔薇の瞳を−」
☆会期 2013/2/17(日)〜2/24(日) ※2/21(木)休館
☆時間 12時〜17時

☆出品作家:※五十音順、敬称略
浅野勝美(銅版画)、安蘭(ペン画)、高田美苗(銅版画)、鳥居椿(鉛筆・水彩画)、はやしすみこ(油彩画、鉛筆画)、森寛子(透明水彩画)、横田美晴(デジタル描画)、渡辺亜希子(鉛筆・パステル・アクリル画)と天使巡礼天使堂の所蔵作品(※非売)とのコラボレーション。

一階【カフェ・スペース】にて開催です。
伊豆高原は私設美術館なども多く点在する土地ですが、本展覧会はご観覧無料ですので、お気軽におでかけください。

☆場所
天使のいる回廊 天使巡礼天使堂
〒413-0234 静岡県伊東市池614-170 P.SOPHIA
(伊豆高原 南大室台5-5)
※伊豆高原駅からはかなり距離がありますので、バスやタクシーなどご利用ください。

☆関連記事(天使堂様ブログ)
http://tenshi-junrei-tenshidou.dreamlog.jp/archives/7722224.html

----------------------------------------------------------------------------------

さて、ギャラリーオーナー様より、展示会場の様子のお写真をメールで送っていただきましたので、その中からいくつかをご紹介いたします。

angel_exhibition_001.jpg

展示会場は日当りのよい1Fホールになっております。窓の外には大室山もくっきり見えて、明るいお部屋です。
私は昨年末、現地に一度お伺いしているのですが、旅程が日帰りだったためお邪魔できたのは昼間の短い時間だけ。あの時もこの1Fホールには日の光がたくさん差し込み、うららかな日和でした。

angel_exhibition_002.jpg

さて、今回ご指名いただいて出品した油彩画「柘榴姫」。昨年3月の個展にも展示したもので、目立った人気はなかったものの、一部の方々には深く理解していただけたある意味マニアックな作品です。
そして「柘榴姫」の他にもう1点、鉛筆画を同じお部屋に飾って頂きました。

angel_exhibition_003.jpg

さて、こちらのギャラリーは1Fのホールでの企画展示のほか、2Fがいくつかの小部屋に分かれていて、それぞれテーマ別に、オーナー様の所蔵作品や、作家作品の常設展示をご覧いただけます。

angel_exhibition_004.jpg

鉛筆の小作品をひとつ、2Fに飾って頂きました。真ん中に置かれているテーブルランプは、オーナー様の手作りランプだと思います。

さて、1Fホールに戻りますが、夜になるとこんなにロマンティックな様子に・・・

angel_exhibition_005.jpg

------

都内ギャラリーでの活動が中心の私にとって、伊豆高原は初めての土地です。新しい土地での原画展示の機会をくださいましたオーナー様に感謝いたします。

今回参加されている作家様は、私自身在廊できないのが残念に思えるような素敵な方々ばかり。その中に私の作品がちょこんと混ざっているのが不思議な気もしますが、ひっそりと、でも内心どきどきしながら皆様のお越しをお待ちしているに違いありません。

お近くの方はぜひお寄りいただければ幸いです。
posted by はやしすみこ at 21:56| 東京 ☀| Comment(0) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月10日

【伊豆高原 天使巡礼天使堂 2月の企画展に参加します】

次週日曜日2/17から開催となる企画グループ展に出品いたします。
場所は伊豆高原です。いつもご来場いただいています東京近辺の皆様からは少しばかり遠い土地ではありますが、何かのおついでがありましたら、またご友人がお近くにお住まいでしたら、お寄りいただけましたら幸いに存じます。

20130210-01.jpg

【展覧会概要】-----------------------------------------

☆タイトル「天使のこの指とまれ♪ vol.4 −不機嫌な天使に薔薇の瞳を−」
☆会期 2013/2/17(日)〜2/24(日) ※2/21(木)休館
☆時間 12時〜17時

☆出品作家:※五十音順、敬称略
浅野勝美(銅版画)、安蘭(ペン画)、高田美苗(銅版画)、鳥居椿(鉛筆・水彩画)、はやしすみこ(油彩画、鉛筆画)、森寛子(透明水彩画)、横田美晴(デジタル描画)、渡辺亜希子(鉛筆・パステル・アクリル画)と天使巡礼天使堂の所蔵作品(※非売)とのコラボレーション。

一階 【カフェ・スペース】にて開催です。
伊豆高原は私設美術館なども多く点在する土地ですが、本展覧会はご観覧無料ですので、お気軽におでかけください。

☆場所
天使のいる回廊 天使巡礼天使堂
〒413-0234 静岡県伊東市池614-170 P.SOPHIA
(伊豆高原 南大室台5-5)
※伊豆高原駅からはかなり距離がありますので、バスやタクシーなどご利用ください。

☆関連記事(天使堂様ブログ)
http://tenshi-junrei-tenshidou.dreamlog.jp/archives/7722224.html

----------------------------------------------------------------------------------

なお、私の作品は旧作から4点展示(本記事冒頭部分に掲載した「柘榴姫」を含む)いただくのですが、作品によっては1Fのカフェスペースではなく別のお部屋に飾られるものもあります。
現地にてオーナー様にお尋ねください、ご案内いただけると思います。

また、この企画展出品にともない、出品作品については私のWebサイト「作品販売」ページ経由での販売を一時お休みするため、その旨Webサイトにも記載させていただきます。
もしご購入ご希望の方がいらっしゃいましたら、まずは私宛にメールにて作品の予約状況のお問い合わせをいただけると助かります。

自分の居住地から離れた土地での展示は何年ぶりのことでしょう・・・。
可能な限り多くの皆様に、原画と出会っていただけますように。
posted by はやしすみこ at 19:21| 東京 ☀| Comment(0) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月12日

吉冨監督映画「愛のありか」追加上映決定

昨年11月に下北沢トリウッドで上映されました、吉冨友也監督の自主制作映画「愛のありか」。
その節はご来場いただきましたお客様、ありがとうございました。改めて御礼申し上げます。

私も、手元だけ出演して、映画の中で似顔絵描かせていただきました。

そして、この映画の追加上映が決定しました!

☆ 2012/2/24(日) 19:00〜 下北沢トリウッドにて

11月上映の時は連日満員状態で、私も試写会の他期間中に一日伺ったのですが空席を探すのが大変でした。
私の友人知人も観に行ってくれたようで、年賀状で「観に行ったよ!」と知らせてくれたり。嬉しかったです。

あの時に見逃してしまった方、追加上映は1日だけですがご都合が合うようでしたら是非。

下北沢 トリウッドさんのWebサイト
http://homepage1.nifty.com/tollywood/

前回の上映の時にお越しくださった皆様も、
もう一度観てくださるなら、なお嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

posted by はやしすみこ at 08:54| 東京 ☀| Comment(0) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

【2012年の活動報告と皆様へのお礼】

2012年もあと1日で終わります。
暦で区切られていなかったら、純粋に日が暮れて新しい朝がくるだけのことなのでしょうが、新しい年を迎える、と考えるだけでなんだか気が引き締まる思いがします。

☆今年参加/開催した展覧会(敬称略)

1月 New Year Selection 展(銀座 ギャラリーアートポイント)
3月 第6回個展【螺旋形の絆】(初台 画廊・珈琲Zaroff)
3月 「それぞれの創造の軌跡 - 素描と小品の世界 -」展 (京橋 ギャラリーOr.Terre)
4月 現代童画会'12春季展(銀座アートホール)
7月 現代童画会'12選抜展(銀座アートホール)☆東京会場
7月 現代童画会'12セミナー展 (表参道 アートスペースリビーナ)
7月 ポストカード300人展 (高円寺 ギャラリーたまごの工房)
10月 グループ展「マジカルシンフォニー」(銀座 ギャラリーSTAGE-1)
10月 高円寺フェス 本とアートの産直市(高円寺)
11月 第38回現代童画展(上野公園 東京都美術館)
12月 グループ展 グリムギャラリー「X'mas展」(阿佐ケ谷 グリムギャラリー)

☆作品の委託先(敬称略)

・画廊・珈琲Zaroff(初台) 鉛筆画1点を展示販売中
・匣ノ匣(吉祥寺) 油彩小作品2点を販売済み、現在油彩画1点を展示販売中
・Webサイト「夜明けの前の美術館」にて油彩画1点を掲載中

委託販売はお求めやすいサイズ/価格の作品を選んでおります。Zaroff様および匣ノ匣様にて展示販売中の作品につきましては、ぜひ現地にて原画をご覧くださいませ。

☆その他の活動

・吉富友也監督の自主制作映画に「主人公が似顔絵を描くシーン」で似顔絵を描く手として出演(映画は11月に公開済み)
・乙女クロッキー会 9/17に画廊・珈琲Zaroffのイベントとして開催
・移動アトリエうみねこの新宿クロッキー勉強会は都合により開催未定となっております。

今年の主な活動内容は上記のとおりです。
たくさん動けたような、もっと動けたのではないのか?と自分に突っ込みを入れても良いような感じでもありますが、多くのギャラリー様、関係者の皆様にお世話になり、心から感謝しております。
また、作品を観てくださったお客様、作品をご購入くださいましたお客様に改めて御礼申し上げます。これからも末永く作家としての成長を見守って頂けましたら幸いです。

本当にありがとうございました。

来年は5月に個展開催と、現代童画会の恒例の展覧会への参加が決まっております。その他の活動についても、順次、ブログやHPでお知らせいたします。
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
posted by はやしすみこ at 17:30| 東京 ☔| Comment(0) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月17日

【グリムギャラリーX'mas展 ありがとうございました】

昨日、阿佐ケ谷のグリムギャラリーで開催のX'mas展が終了いたしました。
季節柄の展覧会ラッシュや年末のご多忙の中、お時間を作って寄ってくださった皆様、クリスマスカードなどグッズをお買い上げいただきました皆様、本当にありがとうございました。

会期中ほとんど在廊できなかったため、お会い出来なかった方々には申し訳ありませんでした。

またグリムギャラリーのオーナー様には、私が会場に不在の間色々とお気遣いいただきました、改めてお礼申し上げます。

HPの更新や、今回の出品作でHP上で販売を継続するものなど、詳しいご案内は、また後日作業の上アップしていく予定です。

本日は短いですが、展覧会が無事終了したご報告と、会期中お世話になりました皆様へのお礼をさせていただきます。

展示作品全てを入れた展示風景写真がこちらです。

20121217-01.jpg

ありがとうございました。
posted by はやしすみこ at 09:45| 東京 ☁| Comment(0) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

【グリムギャラリーX'mas展、日曜日12/16までです】

昨日12/11(火)はグリムギャラリーに在廊しておりました。
私の在廊に合わせてお客様や作家仲間が訪ねてきてくださって、楽しくおしゃべりのひとときをすごしました。

私がギャラリーに居られなかった日にも何人か訪ねてくれて、物販コーナーに置いたメッセージノートにお名前が残っているのを読むと、多忙な中をわざわざ時間を割いて寄ってもらえることに、ありがとうと思うのでした。

さて、物販コーナーですが、ミニクリスマスカードがちょこちょこと旅立って行ったため、昨日大幅増量してまいりました。
最初は赤の封筒のタイプだけでしたが、チェリーピンクの封筒のタイプも混ぜています。新しい絵柄のカードも入りましたよ。

20121212-01.jpg

・・・・物販増量しすぎたかしら(^^;)

ミニクリスマスカードは、カード&名刺大の紙片&封筒で1組300円、文房具屋などで売っているカード商品とほぼ同じ価格帯なので、ちょっと可愛いな〜と思っていただけたらおひとついかがでしょうか。クリスマスプレゼントの交換会などでプレゼントにちょこっと添えていただいても良いですし、気軽に使えるサイズです。

というわけで、グリムギャラリーX'mas展は今週日曜日の12/16まで。
ギャラリーの営業時間は12:00~19:00、最終日のみ17:00終了でそのまま搬出作業が始まりますので、お時間にお気をつけください。

私の在廊は昨日で終わってしまいましたが、搬出日に16時頃から待機できるかと思います。

それでは残すところ5日間、ご来場お待ちしております。
本日も12時にギャラリーオープンです。
posted by はやしすみこ at 11:04| 東京 ☀| Comment(2) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月07日

【ミニクリスマスカードなど物販のご紹介 - X'mas展にて】

現在、グリムギャラリーにてX'mas展開催中です。
今回は小さなサイズの鉛筆画の出品のほか、少しですが物販コーナーも設けました。
物販コーナーはこんな感じです。

20121207-01.jpg

メッセージ用のノートも置いたので、ぜひご感想など残してください。
ご住所などいただければ次回以降展覧会のご案内をお送り致します。

★ポストカード「時間が優しく包む部屋」 1枚150円
→今まで自宅インクジェットプリンタで印刷していたものですが、印刷屋でフチ無しのオフセット印刷のポストカードを作りました。写真面がミラー加工なので、美しく仕上がっています。

★缶バッジ「時間が優しく包む部屋」350円
→初めて作ってみたオリジナル缶バッジです。直径約7cmのタイプ。

★ポストカード&缶バッジセット 1組450円
→「時間が優しく包む部屋」の絵柄で作った、同じ柄のポストカードと7cm缶バッジをセットにしました。別々に購入するよりちょっとだけお得。

20121207-03.jpg

★ミニクリスマスカード 300円
→今回出品した鉛筆画を使った、名刺大2つ折のクリスマスカードです。メッセージを書くための名刺大用紙(クリーム色)と、カードを封入出来る封筒がついています。会場にて販売中のものは封筒の色が赤です。

20121207-02.jpg

なお、ミニクリスマスカードはインクジェットプリンタでの印刷+手作業でカッティングを行っていますので、追加ご注文があればお作りできます。
私が在廊していない日には、ギャラリーオーナーまでお声がけください。
もちろん、HPからお問い合わせフォームでご注文いただいてもOKです。

はやしすみこHP http://sumicohayashi.com/

本日、展示4日目です。
阿佐ケ谷駅北口から徒歩7分、グリムギャラリーにぜひお立寄りください。
posted by はやしすみこ at 10:40| 東京 ☀| Comment(0) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

【グリムギャラリー X'mas展、搬入終わりました】

来週火曜日12/4から開催の、グリムギャラリー企画「X'mas展」。
搬入が無事完了しました。

今回は、写真のL版程度から25cm程度までの小さなサイズの鉛筆画を計6点用意しました。作品は全て販売します。

また、物販も少し置きまして、出品作をスキャン・加工したミニサイズのクリスマスカードもちまちまと手作りしてみました。案外いい感じに出来たかなと思いますので、もしよろしければクリスマスプレゼントに添えるひとことカードとしてお迎えください。

会期は12/4(火)〜12/16(日)、月曜日が定休日です。
今のところ、12/11(火)は一日在廊予定です。

会場風景など展示の模様は追って掲載させていただきます。
会期中、お時間ありましたらぜひお寄りください。
posted by はやしすみこ at 00:44| 東京 ☁| Comment(0) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月13日

【今年最後のグループ展、グリムギャラリーX'mas展】

現在、現代童画展開催中です。
この展覧会が終わると私の主な年間活動も終わるのが通例でしたが、今年はまだもうひとつ展示参加があります。

20121113-01.jpg

-----------------------

【X'mas展】
期日 2012/12/4(火)〜12/16(日) ※12/10(月)はお休み
時間 12:00〜19:00 (最終日17:00終了)

ギャラリーの自慢の「黒い壁」に、8人の作家がクリスマスへの想いを込めた作品を展示します。夜空の星々のように多彩な作品をお楽しみください。

場所 グリムギャラリー
住所 東京都杉並区阿佐ヶ谷北4-6-1 ゆきみハイツ1階
電話 03-3339-0555
[blog] http://grimgallery.blog.fc2.com/
[twitter] @grim0821

☆参加作家(50音順)
aki (平面) / 架月れい(平面、小物) / 神雪(平面) /はやしすみこ(鉛筆画) / Rhapso (立体) /LUCY (シルバーアクセサリー、時計) / 連使 (立体) /yuf (平面)

-----------------------


8月にオープンしたばかりのグリムギャラリー、10月までは常設展に油彩画をださせていただいておりましたが、今回は鉛筆画での参加になります。
クリスマステーマの作品は普段制作していないので、全て本展示のために描きおろしになります。

なお、DMのデザインを担当させていただきました。
どこかで見かけましたらぜひお手に取っていただけたらと思います。
posted by はやしすみこ at 16:49| 東京 ☀| Comment(2) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月19日

【高円寺フェス 本の産直市に出品します】

だいぶ日程が迫ってきておりますが、イベント出品のお知らせです。
10月27日(土)、28日(日)の2日間、高円寺で開催される本の産直市において、サカナノクチ商店さんのブースに原画、ポストカードなどを出品いたします。

----------------

【本とアートの産直市】

日時 10/27(土)12:00〜19:00 および 10/28(日)12:00〜17:00
場所 座・高円寺 B2F 阿波踊りホール
住所 杉並区高円寺北2-1-2

☆「サカナノクチ商店」の「幻影玩具型録」(げんえいおもちゃかたろぐ)
参加作家:綺朔ちいこ/安蘭/御茶漬海苔/香莉みあき/岸田尚/黒木こずゑ/鈴木陽風/SONIC/玉村のどか/茶谷怜花/トリッチ・トラッチ/はやしすみこ/メガね/lilga

フライヤーの画像を掲載します。すごく可愛いフライヤーになりましたハート(トランプ)

20121019-01.jpg

20121019-02.jpg

----------------

この2日間は残念ながら会場に滞在できないのですが、写真用フレームに収まるサイズのミニ作品も用意する予定ですので、気に入っていただけたら是非、あなたのお家にお迎えくださいね。

他にもたくさんの素敵な作家さんの作品が参加しており、ワークショップもありますので、ぜひ遊びにいらしてください。
posted by はやしすみこ at 22:07| 東京 ☀| Comment(0) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月16日

【在廊情報:本日午後、マジカルシンフォニー展会場にいる予定です】

本日10/16の15時ごろより、銀座STAGE-1、ギャラリーi で同時開催中の「マジカルシンフォニー展」に在廊予定です。

短い時間ではありますが、これを機にはやしに会ってみたい!という方、ぜひお寄りください。
また、STAGE-1の方には、作品のポストカードや缶バッジなどの物販もございますので、ぜひお手に取っていただければ幸いです。

なお・・・本日は残念ながらうさみみはありません。うさみみは持ち主の方にお返ししてしまったため。
代わりに魔女帽子をかぶっている予定です。

どうぞよろしくお願い致します。
posted by はやしすみこ at 09:35| 東京 ☁| Comment(0) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【お仕事報告:映画でまさかの手タレデビュー・・・?】

11月に下北沢トリウッドにて上映される、吉冨友也監督の自主映画。
今年6月に某所にて撮影されたのですが、この映画にお仕事として私の「手元」がお呼ばれしました。

3本立て作品「愛のありか」のうち、「あたしは天使」という作品の中で、ある女性の面影を似顔絵風にサラサラと描いていくシーンの、絵を描く手元で出演しました。「にがお絵 はやしすみこ」というクレジットはそういうことです。

撮影の時は、似顔絵を描き始めるところ(顔の輪郭を決めるための楕円を描くところ)からほぼ完成に近づくあたりまで、ずっとカメラが回っていたのですが、完成作品の中ではその一部が使われていると思います。

描いた作品を見せるだけでもどきどきなのに、描いている最中をずっと見られているというのは更にどきどきで、撮影中はだいぶ緊張しました。

というわけで、3日間の上映期間ですが、ご近所の方、吉冨監督や出演者のファンの方々、ぜひ映画を観にいらしてください。

-----------------------

【作品上映情報】

吉冨友也 監督作品「愛のありか」(3本立て)
期日:2012年11月14日(水)〜11月16日(金)
時間:19:00開演、3本同時上映で計43分
入場料:500円
場所:下北沢トリウッド(東京都世田谷区代沢5-32-5-2F)

チラシの画像はこちらです

20121016-01.jpg

-----------------------

このお仕事のお話をいただいたときは、最初は「その場で即興で描いた人物クロッキーの作品を使いたい」というような内容で想像していたのですが、打ち合わせをしてみると「似顔絵風に描いているところの手元を撮影したい」ということで、急遽、似顔絵の仕事もしている漫画家の知人に似顔絵を描くポイントをレクチャーしてもらったりして、私にとっては新しい分野開拓のお仕事でもありました。

これを機に「似顔絵って面白いな〜」と思うようになり、別途勉強中です。
今回の映画では、似顔絵として似せる、というよりは、モデルのイメージやその似顔絵に込める想いなどを表現することに重点をおいて練習しましたが、似顔絵そのものももっと上達して、他にも似顔絵のお仕事できたらいいなと思います。

-----------------------

さて、この映画のチラシを、現在銀座STAGE-1で開催中の「マジカルシンフォニー展」で私の物販スペースに置かせていただいております。
銀座にお越しのついでに、ご覧いただければ幸いです。
posted by はやしすみこ at 09:28| 東京 ☁| Comment(0) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月11日

【マジカルシンフォニー展 会場写真その1】

【マジカルシンフォニー展 会場写真その1】

グループ展「マジカルシンフォニー展」始まっております。
今年もすぐご近所同士の2つのギャラリーで同時開催。

オープニングの日に、STAGE-1のほうでうさみみ着用写真を撮っていただいたので、貼ります♬

IMG_2074_600.jpg

写真に写っている私の「右手をご覧くださ〜い」な場所に展示しているモノクロ絵2枚が、STAGE-1側に飾ってある私の新作鉛筆画です。

今のところ、明日10/12の15時頃より在廊予定です。
2か所を行ったり来たりしていると思いますので、どちらかのギャラリーで見かけたらぜひお声をかけてくださいね。
posted by はやしすみこ at 09:57| 東京 ☁| Comment(0) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

【マジカルシンフォニー展、始まりました】

先日の日記でも告知させていただいておりました、ハロウィンシーズン恒例になりつつある大所帯グループ展、マジカルシンフォニー展が昨日から始まりました。
昨晩はオープニングパーティで、会場のひとつギャラリーiさんの階下にある喫茶店ミモザさんにて、がやがやと作家一同楽しく集いました。

今年も2会場同時開催となったこの展覧会ですが、今年は比較的小さなサイズの作品がたくさん集まり、壁を埋め尽くした感じになりました。

毎年30人以上の参加作家が当日にならないとどれだけの作品数を持ち寄るか分からないような状況で、しかもハロウィンにちなんだ会場内のデコレーションまで含めて、手早く配置を決めて設置していく作業をどんどんこなす石井ルイさん。
本展覧会の頼もしいリーダーです。

今年も楽しい雰囲気の会場になっていますので、皆様ぜひご来場くださいね。

さてさて、オープニングパーティでの、ルイさんとのツーショット。室内が暗かったので写真微妙にブレていますが;;私は参加作家の石橋苺依ちゃんが用意していたうさみみを着用してました♬

20121009-01.jpg


展覧会概要、再度掲載させていただきます。

----------
【会期】 2011年10月9日(火)〜10月20日(土) 12:00~19:00(最終日15:30まで)
【場所】 ギャラリーSTAGE-1 & ギャラリーi (2カ所同時開催)
【住所】 東京都中央区銀座1-28-15 鈴木ビル1F
【アクセス】 東京メトロ有楽町線 新富町駅 徒歩3分/東京メトロ銀座線 京橋駅 徒歩10分/都営浅草線 宝町駅 徒歩5分

【参加作家】
aki/石井ルイ/石橋苺依/池田明子/いちおかえりな/今里ろむ/M's Forest/オダナヲコ/小林正直/齋藤賢司/櫻井美希/しっぽ/高橋Sherry.タカハシサヲリ/立花ミントン/千葉章永/TUNa/D.B.エディ/富樫裕子/匿名の仮面:中無/中島百季彦/Nose あつし/早川拓司/濱本久美子/はやしすみこ/本田愛/松本奈緒美/まつやまけいこ/むかいあぐる/mg/mo*mo/山本正子/悠幻/LUCY/渡辺玲子
----------

私の在廊日などは期間中、決まり次第随時お知らせいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。
posted by はやしすみこ at 09:46| 東京 ☀| Comment(0) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

【謎は自分で解く デッサンのすすめ】

先日、旧い絵描き仲間から久しぶりにメールが来て、ブログ開設したから見てねとのこと。ひとつひとつの記事は私のように長くなく(汗)、見た目には淡々としているのですが、ほぼ毎回、自身によるガラスペンでのデッサンとそれに絡んだちょっとした想いを綴って、だいぶこまめに更新されています。

その友人も、絵描きにとってはほぼお約束もチーフではあるのですが薔薇を描くのが好きで、ついこの間の記事に「花びらの複雑性の謎を解く鍵はデッサン」というような趣旨のことを書いていました。

この、謎を解く鍵=デッサン というあたりで、いい表現だなあとしばらく言葉を噛み締めておりました。

デッサンというと、面倒くさい、描き方がわからない、上手く描けない、つまらない、何の役に立つのか・・・・というあまり嬉しくない印象が強かったりします。

私は若い頃にデッサンなどの専門的なトレーニングを受けていないので、今更、作品制作と並行して学校に通ってみたり勉強をしている状態です。



薔薇のデッサンは私も好きで、なんとかあの複雑な美しさを描き留めておきたいものだと四苦八苦。
なかなかうまくいかないものなんですが、何とか描きたいと思って薔薇を眺めていると、ああ、この子は全体にしずく型をしているんだな、とか、コロンと丸くって可愛いな、とか、葉のギザギザも薔薇の品種によって全然ちがうんだな、とか色々な部分が見えてきます。

花びらのフチはどんなふうに丸まっているのかなとか、どのくらい花びらがみっちりと集まっているのかな、とか、この斑点は病気なのかな、とか、ますます観察したくなってきます。
ああ、私ってこの子のこんなところがすごく気になるんだなあ。
私ってこの子のこんなところを描いてみたいと思うんだなあ。

描けば描くほど、デッサンってモチーフとの対話なんだなあと感じます。
私のデッサンが達者かどうかと言えば、まあ、見ての通りなのですが。

私にとってのデッサンは、モチーフをいかに正確に観察するかというフェーズと、観察した結果をいかに正確に紙に落とせるかというフェーズで構成されています。

人間の眼って、意外とアバウト。見てるようで見えてない。
人間の手って、意外と思ったように動かない。

そういう、自分自身のことも知ることができる。
確かに、何か謎解きをしているような気がします。

そういえば、冒頭に書いた友人に話が戻るのですが、いわゆるデッサンらしいデッサン(とは、木炭とか鉛筆で描いた美大受験的なデッサンを想定)を見せてもらったことがないなぁ。
きっといいデッサンをする人だと思うんだけど。
今度見せてって言ってみよう。

最後におまけで、つい2日前に描いた薔薇のデッサンです。

20120928-01.jpg

これ、現在制作中のF6号のための練習。ちゃんとライティングも調節しましたよ。
どんなふうに作品の中で使われるのかはまだ内緒。
来年年明けあたりに完成作品を展示するつもりです。続きを読む
posted by はやしすみこ at 10:44| 東京 ☁| Comment(3) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

【告知:今年もグループ展「マジカルシンフォニー」に参加します】

今年で3年目。知人のイラストレーター、石井ルイさんが企画するハロウィンシーズンのグループ展「マジカルシンフォニー」。
今年も参加させていただきます。
私のホームページの方では9/7に告知ページを公開させていただいております。
http://sumicohayashi.com/information/201210_magicalsymphony.html


展覧会の開催概要は以下のとおりです。

----------
【会期】 2011年10月9日(火)〜10月20日(土) 12:00~19:00(最終日15:30まで)
【場所】 ギャラリーSTAGE-1 & ギャラリーi (2カ所同時開催)
【住所】 東京都中央区銀座1-28-15 鈴木ビル1F
【アクセス】 東京メトロ有楽町線 新富町駅 徒歩3分/東京メトロ銀座線 京橋駅 徒歩10分/都営浅草線 宝町駅 徒歩5分

【参加作家】
aki/石井ルイ/石橋苺依/池田明子/いちおかえりな/今里ろむ/M's Forest/オダナヲコ/小林正直/齋藤賢司/櫻井美希/しっぽ/高橋Sherry.タカハシサヲリ/立花ミントン/千葉章永/TUNa/D.B.エディ/富樫裕子/匿名の仮面:中無/中島百季彦/Nose あつし/早川拓司/濱本久美子/はやしすみこ/本田愛/松本奈緒美/まつやまけいこ/むかいあぐる/mg/mo*mo/山本正子/悠幻/LUCY/渡辺玲子
----------

毎年参加している常連メンバーと、新しい仲間が多数参加。
30名以上の大所帯の作品が、2つのギャラリーに所狭しと並ぶグループ展。
今年も作品展示の他に物販あります。

私は今年も絵画作品としては油彩画と鉛筆画を合わせて数点、
物販としてはポストカードと、ちょこっとしたグッズを出す予定です。

季節としてはハロウィンなので、会場では恒例となったハロウィンの飾り付けや参加作家のコスチューム着用などがありますが、ファンタジー、メルヘン、ゴシック、ホラー、さまざまな不思議世界が織りなす展覧会として「マジカルシンフォニー」というタイトルでお送りしています。

今年も、この時期、あの場所で、皆様のお越しをお待ちしております!

201210_magicalsymphony_s.jpg
posted by はやしすみこ at 20:49| 東京 ☀| Comment(0) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月20日

【阿佐ヶ谷に新しいギャラリー「GRIM Gallery」がオープンします】

昨日、久しぶりにお会いした作家さん。
これまでにグループ展やイベントなどで何度かご一緒していた方なのですが。
しばらくお会いしないうちに、なんとご自分がオーナーのギャラリーを準備していました。

ギャラリーの名前は「GRIM GALLERY」(グリムギャラリー)。
内装は黒(壁紙が全部黒です)と赤(カーテンその他調度品)で統一されたシックな空間です。

このギャラリーはまだ営業開始していませんが、昨日の夜に内覧させていただきました。ギャラリーの準備秘話などいろいろたくさんおしゃべりしたり。

オーナーさんに許可をいただきましたので、ギャラリー内のお写真紹介しますね♬室内、こんな感じです。

20120720-01.jpg 20120720-02.jpg

ご覧のとおり、額装した作品を展示する通常のギャラリースペースと、レンタルボックススペースがあります。
オーナーさんいわく「作品ジャンルを厳密に制限するというより多彩な作家様に集まっていただきたい。黒壁のギャラリーを作るというのは以前からの夢だったので、黒壁に映える作品がたくさん集まったら嬉しい」とのこと。
ゴシック系の洋風な作品を想定しているのかなと思いきや、オーナーさん自身が和モノも好きなので、調度品の赤は和モノ作品にも合うようなシックな赤を選んだそうです。

JR阿佐ヶ谷駅、徒歩7分くらい。駅の北口からまっすぐにのびる中杉通りという大通りをひたすらまっすぐ歩くとあります。今はまだシャッターを閉めて準備中のようです。

ちなみに、GRIM GALLERYは照明にもオーナーさんのこだわりが。
基本、作品に当てるスポットライトだけの照明なのですが、スポットライトの光量がかなり調節できます。
写真ではわかりにくいと思いますが・・・左が暗くしたとき、右が明るくしたとき。

20120720-03.jpg 20120720-01.jpg

作品の内容やお好みに合わせて、照明の明るさを自由に変えてくださいとのことでした。

ギャラリーオープン予定は1ヶ月後の8月21日とのことです。
HPは準備中ですが、これからツイッターで準備の様子をつぶやいていくそうなので、ご興味のある方、阿佐ヶ谷が地元の方はぜひフォローしてあげてください。

Twitterアカウント:@grim0821

なお、展覧会希望の作家さん、レンタルボックスの出展希望の作家さんを大募集中とのことですので、ご興味ある方はTwitterなどでギャラリーさんにお問い合わせしてみてはいかがでしょうか。
posted by はやしすみこ at 10:54| 東京 ☁| Comment(0) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月05日

【デジカメの顔検出機能は人物画にも反応するらしい】

現在、新しいF20号の油彩画の制作を始めています。この作品は7月上旬に某所にてご覧いただける予定です。
この油彩画ですが、真ん中にどどーんと女性像を配置しております。
そして下描きの段階から、筆を入れた日は必ず一日の終わりに進捗をデジカメにおさめるようにしていたのですが、途中から気づいたのは「デジカメの顔検出機能が反応してる!」ということ。女性の顔部分に合わせて、顔を検出したことを示すガイドがデジカメのモニタにしっかり映っているのです。

デジカメの顔検出機能はどのように実現しているのか気になって少しネットで調べてみたのですが、各メーカーも技術の詳細は公開していないようですね。ただ、これは人間の顔であるということを特定できる特徴というものは存在するようです。

家族に協力してもらって、顔の一部を手で覆ってみるなどリアルな人間の顔で試してみましたが、私が所有している某社デジカメは、目、鼻、口など顔を特徴づけるパーツが、目を含めて2箇所以上見えている場合に検出する確率が高いようでした。

その後、面白がって自分の過去の作品や他の作家さんの画集、漫画本などで顔を検出するかどうかを試しまくってみましたが、イラストや漫画の人物は検出せず。私の作品はほぼ検出したのですが、目がかなり大きい、黒目が大きすぎる、などぱっと見アンバランスが目立つものや、横顔に近い斜めのアングルの顔は検出しない確率が高かったです。横顔は作品が掘り出せなかったので試しませんでした。

・・・だから何?というお話なのですが・・・デジカメは機械ですから、組み込まれたプログラムに基づいて判断を行うだけです。なので顔検出が反応しなかった人物画がダメだと言いたいわけではないのです。まさか2Dの人物画で顔検出の機能が反応するとは思っていなかったので私のツボにはまったのでした。

・・・笑顔を検出したときに自動的にシャッターを切る機能のあるデジカメありましたよね?
笑顔が描かれた人物画で自動シャッターが本当に反応したらすごいなと思います。機械の素直さというか、そういう点において。
posted by はやしすみこ at 22:12| 東京 ☀| Comment(0) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月12日

【石膏デッサン・完成までのムービー】

昨年の秋から6ヶ月間通っていた石膏デッサン。
毎回授業の後に、どの生徒さんもその日の進捗を携帯のカメラで撮影して帰っていました。

せっかくなので、今更ですが、描き始め〜最終授業の画像をFlashでつなげて遊んでみました。

今回の石膏デッサンは、石膏像のサイズをできるだけ正確に写し取るために、サイトサイズという方法を用いて描きました。

モチーフとなる石膏像は、生徒全員で共有するのでなく、各自1体ずつ確保します。
石膏像と画用紙(木炭紙大)は学校オリジナルの垂直なイーゼルにクリップで貼付けるように止め、紙の中心がちょうど自分の視線と重なる高さにセットします。
石膏像も、これまた学校オリジナルの台の上に、紙の高さに合わせて、紙の真横に設置します。

つまり、サイトサイズというのは、見たままの実寸大に描くというわけです。
形をできるだけ正確に取るために、測り棒も併用して測りながらの描写ですが、基本は石膏像のサイズと紙に写し取ったサイズは同じに見えるようにするため、紙も垂直にセットし、石膏像も真横に設置する訳です。
一度設置した石膏像は、位置も向きも変更されることがないように、台の上にマスキングテープで設置位置を記録しておきます。

・・・さて、そんなこんなで全10枚の写真をつなげてみました。画材は鉛筆です。
動画のデータが少し重いでしょうか?



最初のうちは、石膏像の輪郭の特徴的な部分をひろって線で結んでいき、軽く輪郭の当たりをつけるところから。

輪郭の当たりがついたら、ざっくりと明暗を描き込みますが、もっとも単純な白黒の2階調になるように、明暗の境界を決め、だんだんと階調を増やして影を面として描きます。

影が大体出来てきたら、次は光を描きます。最も明るい部分はどこかを決め、練り消しで光の部分を面として作っていきます。

徐々に、立体感を意識して、エッジの強調なども描き入れていきます。

さて、背景も忘れずに、背景部分をできるだけきれいに塗りつぶしていきます。背景は奥行きを出すために適宜ガーゼでこするなどして、鉛筆の粉を沈めていきます。

だいぶ立体感が出てきたところで、写実とは何か、というお題が出ました。
石膏像はギリシャ神話の神がモデルだったりしてそもそものキャラクターは決まっているはずなのですが、自分がこの石膏像の何を描きたいのかを考えてみよう、ということで、各自石膏像のモデルが誰かということから離れて、自由にキャラクター設定を行うように、ということになりました。

キャラクター設定を各自行った後、そのキャラクターを表現するために、石膏像の描写をどうしたらいいか考えながら描き進めることになりました。
全体のムードはどうするのか、陰影のコントラストはどのくらいか、どこを強調するとそのキャラクターが表現できるのか・・・といった感じ。
このあたりから、どうも各自制作がノリノリになってきたみたいです。

・・・とはいえ、描きながら、次第に「本当にこれでいいのか?」と思い始めた私。
石膏像を描いていたのだけど、どんどん妄想をつぎ込んでいくうちに、なんか生々しくなってきたような気がするんだけどー。ええ、確かになまめかしい青年に仕上げたいんですけど。

最後の授業で講師による講評会があったのですが、私の石膏デッサンは「良い失敗作」と言われました。
「良い」部分は、キャラクター設定からそれを描写に落とし込むことにだいぶ成功しているという点。
「失敗作」部分は、キャラクター設定の落とし込みが楽しすぎて暴走し、最終的に石膏デッサンでなくなってしまった点。
・・・だそうです。どうも「○○さん暴走し始めたな〜」と思いながら、どこまで暴走するのか好きに描かせてみようと思っていらしたようです。というか早めに制止してください(汗)

何はともあれ、私の人生初の石膏デッサンはこんな感じに落着しました。
高校時代に1体だけ描いたことがあるのですが、それはどうにもこうにも仕上がらず、訳が分からなくなって諦めてしまったので、それなりに形になったという点では2体目のこの子が人生初と言っていいと思います。

また石膏デッサンはやってみたいです。
何年も練習を重ねたら、高校時代に「お前には絶対無理」といわれたアポロンの石膏像とか描けるようになるのかな。それはきっと私次第ですね。
posted by はやしすみこ at 10:28| 東京 ☀| Comment(0) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする