2016年03月31日

【個展「道の途中」- ご報告(3) 会場内の様子】

さて、期間中のSNSの投稿なども振り返ってみると、実は会場内のお写真が少なかったなと思います。

今回は、鉛筆画7点、油彩画21点、合計28点の出品でした。
展示内容の構成をあれこれ考えていた時に、ここ数年の流れをある程度わかりやすくまとめてみようと思い、自分が特に心惹かれた主題やモチーフを軸に考えました。

考えていくと、過去作をあれもこれも追加したくなってしまい、だんだん絞れなくなってきました。

ギャラリーのオーナー様からは「ちょっと多いかな、くらいのほうが見応えがあって良いのでは」とアドバイスもいただいたので、ひとまず荷造りをしました。搬入と陳列は、15年くらい色々とお世話になっている美術の専門業者さんにお願いして、本人の心配をよそに、とても良い具合に完成しました。

ギャラリー入り口(外側)から中を覗いたところ。

20160331_01.jpg

扉を開けて入り、左側から時計回りに順路です。まずは鉛筆画のエリア。
鉛筆画は、私が「手ニョロ」と名付けている一連の作品でまとめてみたところ、なぜかとてもスピリチュアルなエリアが現れました。手ニョロそのものは仏教的な主題を意識したシリーズではないのですが、ある意味日本人として染みついている感覚なのかもしれません。

20160331_02.jpg

そして、油彩画のエリアが始まります。ほぼ時系列(制作年の順)で並べました。
油彩画は、前々回の個展からのモチーフ「双子の少女(朱乃と雪乃)」にまつわる絵と、壊れたアンティークドールをモチーフにした絵で主にまとめ、ドラードギャラリーのグループ展に出品させていただいた絵も入れました。

20160331_03.jpg 20160331_04.jpg

そして、いよいよ昨年〜今年の新しいものでまとめた壁へ続きます。
私にしては珍しく、静物や風景、植物など「人物が居ない」絵が増えてきています。

20160331_05.jpg

昨年あたりから、モチーフの選び方や、色使い、筆のタッチなど色々変えてみていたので、異口同音に「人物の居ない絵は珍しい」とか「別の人が描いたと言っても信じてしまう」という趣旨のご感想をいただくことが多かったです。

20160331_06.jpg

やはり人物を描くのは好きではあるのですが、今後は苦手意識のために描かなかった風景や静物も自分なりの視点と世界観で描けるようになり、もっと自分の絵の幅を広げたいと思っています。

20160331_07.jpg
posted by はやしすみこ at 17:53| 東京 ☀| Comment(2) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月17日

【個展のDM届きました】

ドラードギャラリー様から、3月の個展のDMが届きました。

届きたて(クロネコさんから受け取りたて)ほやほやです。

0E0FBD99-1288-40B3-8576-AA05D2E6E7E7.jpg

今回の個展のイメージには、昨年末、大晦日の夜に描き上がった油彩の新作を使いました。この絵は実際にはM4号なのでもっと縦長です。今、額縁を特注中です。

この絵とDMについてはまた改めてご紹介します^ ^
posted by はやしすみこ at 20:04| 東京 ☁| Comment(0) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

【線と展、終了しました 〜 3年ぶりの個展に向けて】

本日、銀座ギャラリーあづまでのグループ展「線と展」が無事終了いたしました。皆様、ありがとうございました。

今回の私の壁の様子です。

201602_sentoten_sumicohayashi.jpg

出品した鉛筆画には色々なご感想をいただきましたが、それらのご感想を色々と振り返りながら、改めて、私の作風って、自分自身の中でも、周囲からの印象としても、実は定まっていないのかも。。。ということを考えていました。それで悩んだということではなく、客観的にそういう観点で考えてみたということです。

こういうことを簡単に書いてしまうと、「作家は凝り固まるべきではない」とか「周囲の声に惑わされる必要はない」などのご意見が反射的に寄せらるかもしれませんが、そういうこととは少し違う次元のことです。

じゃあどういう次元なのよ?と問われると、明快に答えられませんが。。。

ひとつだけ言えるのは、人間には変わらない部分もあるし、環境や経験に応じて変化する部分もあるので、むしろ定まらないほうが自然の姿なのかも、ということです。

そして、変わったり、変わらなかったりしながらも、1枚でもいいから皆の記憶に長く残る絵が描けたらいいなと思います。

次は3月の個展です。黙々と準備していたので告知も控え目になってしまっておりますが、今回は、ここ数年の私の変化を追っていただける展示内容になりそうです。
posted by はやしすみこ at 22:01| 東京 ☀| Comment(0) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

【線と展 在廊予定】

明日2/8から、銀座のギャラリーあづまにて、グループ展「線と展」始まります。

今回の在廊予定は、

2/8(月) 11:00〜15:00
2/13(土) 11:00〜15:00

です。追加があれば改めてお知らせいたします。
posted by はやしすみこ at 23:47| 東京 ☁| Comment(0) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

【グループ展参加のお知らせ - 第4回 線と展 -】

2月中旬にグループ展に参加いたします。
昨年に引き続き参加させていただく「線と展」です。

dm_sentoten_01.jpg

−−−−−−−−
【第4回 線と展】
会期:2016年2月8日(月)〜14日(日)
時間:11:00〜18:30(最終日16:30終了)
場所:ギャラリーあづま
住所:東京都中央区銀座5-9-14 銀座ニューセントラルビル1F/2F(あづま通り沿い)
参加作家(DM記載順敬称略):遠藤たかこ/はやしすみこ/斉藤茂代/立花ミントン/日南田淳子/池田明子/白鳥ちたる/ひぐちりかこ/牛島聖子/田中誠
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今回は少女をモチーフとした鉛筆小作品での参加です。
旧作3点にそのシリーズものとして描き加えた新作1点と、原画未発表作品1点を加えての計5点を予定しております。

寒い季節ですが、銀座へのお出かけのおついでがありましたらぜひお寄りください。

なお、本展覧会は、田中誠(二科会所属)さんが企画されている毎年恒例のグループ展。「線と展」は不思議なタイトルですが、いつもバレンタインデー週間に開催するため、聖(セント)にかけて「線と」展というネーミングのようです^^
posted by はやしすみこ at 19:54| 東京 ☀| Comment(0) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

【ドラードギャラリー 第5回創作表現者展に出品します】

早稲田大学のすぐ近くにある「ガウディのような建物」で有名な、ドラードギャラリー。
こちらのギャラリーでもうすぐ始まる創作表現者展に出品いたします。

−−−−−−−
【第5回創作表現者展】

会期:2015年12月19日(土)〜12月26日(土) ※水曜日定休日
時間:12:00〜20:00
オープニングパーティ:12月19日(土) 20:00〜
場所:ドラードギャラリー ※今年はスコットホールではないのでご注意ください
住所:東京都新宿区早稲田鶴巻町517ドラード和世陀103
東京メトロ 東西線 早稲田駅3a出口より徒歩3〜5分
−−−−−−−

この展覧会は、ドラードギャラリーが主催する公募形式の展覧会で、毎年100名前後の応募があります。応募作品は全て展示され、来場者投票や来賓の方々の審査により各賞を決定するという方式のもの。

作品サイズは平面ならF0〜F3程度の小作品に限られ、出品数も1人1点となります。
審査結果により、ドラードギャラリーでの招待展や副賞などもあり、作家さんとファンの方々、作家さん同士の交流の場ともなるようなイベントです。

私は、サムホールサイズの油彩画を出品します。
早稲田近辺にお出かけの際には、ぜひおよりください。
posted by はやしすみこ at 14:26| 東京 ☁| Comment(0) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月04日

【トンドの夢想家達 Vol.3 本日12/4より開催です】

先日もお知らせを投稿させていただきました展覧会が、本日より開催となります。

幻想的な作風の作品を中心に扱っているギャラリー Or.Terre(オルテール)にて、恒例となっております円形(または楕円形)のみの作品による「トンドの夢想家達」展。今年は私も参加させていただけることになりました。

2015_tondo_flyer.jpg

トンド(円)は宇宙に通じる形で、より自由な夢想を喚起するものである、というコンセプトのもと、オルテールお馴染みのベテラン作家陣に若手作家も加わって、今回も質の高い作品がたくさん集まっています。昨日は搬入で、少しだけ陳列のお手伝いをしてきました。

私は新作油彩画を2点出品、そのうち1点は、ここ何年か執心しているアンティークドールをモチーフにしたものです。
このアンティークドールは顔の一部が破損してしまったため、蒐集家にとっての価値は下がってしまったようなのですが、壊れているからこそ愛おしいのを描き切ることができず、繰り返しモチーフにしています。

展覧会は、木、金、土のみの開廊で曜日は限られておりますが、ご都合がよろしければぜひお寄りください。

−−−−−
【トンドの夢想家達】展  Vol.V

会期:2015年12月4日(金)、5日(土)、10日(木)、
   11日(金)、12日(土)、17日(木)、18日(金)、19日(土) 全8日間
   ※木曜、金曜、土曜日のみ開廊ですのでご注意ください。
時間:13:00〜19:00(最終日は18:00終了)
場所:ギャラリー オルテール (Or. Terre) http://or-terre.jimdo.com/
住所:東京都中央区京橋1-6-10 ミカタビルB1
−−−−−
posted by はやしすみこ at 10:33| 東京 ☀| Comment(0) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月21日

【展覧会のお知らせ トンドの夢想家達 12/4(金)〜】

まもなく開催のグループ展に参加いたします。
ギャラリーは、名前のとおり原則「金と土」曜日のみ開く個性的なスペースです。
今回は、木、金、土曜日に開廊で、全8日間の展示になります。
お時間ありましたらぜひお寄りください。

恒例となっております、円形(および楕円形)の作品のみを集めた展覧会です。
私は、フライヤーに掲載のアンティークドールをモチーフにしたものを含め、油彩画2点を出品します。直径20cmの小作品です。

2015_tondo_flyer.jpg

−−−−−
【トンドの夢想家達】展  Vol.V

会期:2015年12月4日(金)、5日(土)、10日(木)、
   11日(金)、12日(土)、17日(木)、18日(金)、19日(土) 全8日間
   ※木曜、金曜、土曜日のみ開廊ですのでご注意ください。
時間:13:00〜19:00(最終日は18:00終了)
場所:ギャラリー オルテール (Or. Terre) http://or-terre.jimdo.com/
住所:東京都中央区京橋1-6-10 ミカタビルB1
−−−−−
posted by はやしすみこ at 14:25| 東京 ☀| Comment(0) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

【カルチャーセンター/ボールペン画の受講生様募集中です】

ボールペンはとても身近な筆記用具です。
最近はカラフルなボールペンや書き味の軽いボールペン、消せるボールペンなど、商品のラインナップもますます豊富に。
このボールペンを画材にして、自画像を描いてみませんか?

・・・という「自画像から始めるボールペン画入門」講座を、よみうりカルチャー荻窪様にて10月開講で担当させていただく予定となりました。最少開講人数は3名様〜、定員10名様という少人数規模での講座です。

お写真は、すでに配布の始まっているチラシの講座紹介ページから。
20150917_01.jpg

現在私は、個人運営で「アトリエうみねこ」というマンツーマン中心のデッサン教室を開講しておりますが、このアトリエうみねこの運営を始めた頃(2013年)に、お教室のカリキュラムが充実してきたら、いずれは同じ内容(鉛筆による静物デッサンや人物クロッキー)でカルチャーセンター講師のお仕事もしてみたいなと考えておりました。

しかしご縁というのは、いつも予想とは少しちがうところにつながるもののようですね。
予想したよりも早期に、自分のお教室レッスンとは趣向のちがう内容でお話が進みました。

また、最少開講人数にお申し込みが達した場合には、初めてのカルチャー講師のお仕事デビューとなるので、現在、本当に開講できたらいいな。。。と緊張しながらも諸々準備させていただいております。

「よみうりカルチャー荻窪」は、JR/東京メトロ丸ノ内線の荻窪駅のすぐ上、駅ビル6Fという非常にアクセスのよい場所にあります。
お近くにお住まいの方、すでにセンターの会員の皆様、ご興味ありましたらご検討ください。

初回10/4(日)は事前体験レッスンデーとして開講いたしますので、どんな内容でどんな講師が担当するのかちょっと覗いてみようかな。。。という感じでご参加いただけます。10/18(日)の本講座開始にむけて、オリエンテーション的な内容で、講座内容の紹介や、画材となるボールペンの試し描きなどをしていただこうと考えています。

事前体験レッスンデーにお持ちいただく物や、その他講座に関する詳細、ご予約等は、よみうりカルチャー荻窪様の講座案内冊子、チラシ、ホームページ等にてご覧いただければと存じます。

−−−−−−−

よみうりカルチャー荻窪 HP
http://www.ync.ne.jp/ogikubo/

「自画像から始めるボールペン画入門」紹介ページ
http://www.ync.ne.jp/ogikubo/kouza/201510-03290002.htm

−−−−−−−
posted by はやしすみこ at 01:18| 東京 ☀| Comment(0) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月19日

【今年も、グループ展 J’ai Baise Ta Bouche 開催します】

昨年10月に押上のアミュレットさんにて開催しました、ファムファタルをテーマにしたグループ展「J’ai Baise Ta Bouche」を、今年も開催いたします。

メンバーを一部入れ替え、会場は2ヶ所に増やし、合計約1ヶ月間の会期でご覧いただけます。ご多忙中とは存じますが、おついでがありましたらお寄りいただければ幸いです。

−−−−

【J’ai Baise Ta Bouche】

dm_web.jpg

in 渋谷アップリンク
会期:2015年9月2日(水)〜9月14日(月)
時間:10:00〜22:00
住所:東京都渋谷区宇田川町37-18
http://www.uplink.co.jp/

in 押上アミュレット
会期:2015年9月18日(金)〜9月27日(日)
時間:月〜木 14:00〜19:00/金〜日 11:00〜19:00 最終日18:00終了
住所:東京都墨田区業平5-7-2
http://amulet.ocnk.net/

参加作家(DM掲載順、敬称略)
eillie/岡部孝一朗/ぐるぐる/佐々木維希/Shior Sion(塩野ひとみ)/蒼々/はやしすみこ/furfa(Marikoya)/Ray’s YuCca

特別参加店 古書ドリス

−−−−

今回は、新作の油彩画3点を出品予定です。

どうぞ宜しくお願い致します。
posted by はやしすみこ at 22:53| 東京 ☀| Comment(0) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月04日

【点滴堂「海と少年」に出品いたします 7/8〜】

GW連休の頃「少女への手紙/少女からの手紙」展でお世話になった三鷹の点滴堂さんに、今月も出品します。DMのお葉書はこれから受け取ることになりそうなので、まだどなたにも直接お知らせできていないのですが、会期は来週の水曜日からです。

−−−−

点滴堂 企画展 「海と少年 2015」
2015年7月8日(水)〜7/20(月・祝) ※海の日まで開催
月火お休み/12:30〜21:00 ※点滴堂の営業日および時間に準じます。最終日は営業します。

★参加作家(DM記載順)
スパン社/永見由子/KiNNOi/小山ゆうこ/遊星商會/茶谷怜花/はやしすみこ/高橋千夏/くうそうせかい/ … and more

★作品ジャンル
絵画・オブジェ・アクセサリー服飾品・ステーショナリー・雑貨 その他

−−−−

今回は展覧会のタイトル通り、珍しく少年を描きました。少年をメインにした絵を出品するのは初めてかもしれません。いつも少女や女性ばかりを描いているので、少年らしい顔立ちを描くのに少し苦労しました。もう少しで少女の顔立ちになりそうな境目を行ったり来たりしながら。

出品するのは鉛筆画を2点。今日のお昼に描き終えたばかり。
知的な顔立ちの少年と、体は華奢だけど活発そうな少年。
今回の展示も人気の作家様が多数参加されますので、まだ点滴堂は行ったことがない!という方も、ぜひこの機会に点滴堂へお寄りください。

−−−−

点滴堂HP (本展覧会の案内ページ)
http://tentekido.info/umitosyounen2015.html

−−−−
posted by はやしすみこ at 20:29| 東京 ☀| Comment(0) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月21日

【第9回 全国ゼロサム公募大賞展、奨励賞いただきました】

本日(6/21)、世界堂新宿本店6Fにて開催されていた、ゼロサム公募大賞展が終了し、先ほど搬出いたしました。

今回は奨励賞をいただきました。私の絵にお目を留めてくださった皆様、ありがとうございました。

出品作「絡まってもそれが運命」です。(油彩/サムホールサイズ)

201506_cuctus01_sm_web.jpg

ここ何年か、自分自身の服装もモチーフもロリータのイメージで絵を描き続けてきたのですが、最近半年ほど、とあるきっかけがありまして、また色々模索しています。

自分の本当に描きたいもの、自分の作風って何だろう。

特定のモチーフや事象を追い続けたいというよりは、「人間には光だけでなく闇もあることを、忘れたり、否定したり、隠したりしてはいけない」という想いを形にする、ということがしたいので、時期によって作風やモチーフが異なってもそれはそれで私なのであろうし、

あとは単純に、油彩の知識や経験値も、描写力も、もう少し底上げをしたい。

そういう現状を、ある意味映している作品を描きたくて、たまたま描き上げていたサボテンの絵。
「サイズがちょうど規定通りだしタイミングだと思って出品してみようかな」というのが今回のゼロサム公募大賞展への出品動機でした。

この公募展は来場者投票で結果が決まるということで、正直なところ、お客様の「好みか好みでないか」とか、人気投票的な判断基準によるところはあるかも、と考えていたのですが、投票してくださったお客様の中には、私のことをご存知なくても絵の前で足を止めてくださった方もいらっしゃると思いますので、何か感じるものを絵の中に込めることができたのかな、と今は感じています。

いずれにしても、まだ模索は続きますし、私を以前からご存知の皆様には「らしい」と思えたり「らしくない」と思えたりするような絵が続くかもしれませんが、変化できるときには存分に変化しないともったいないと思って、色々思いつくままに、時々失敗しながら、やってみようと思います。

さて、サボテンの絵は搬出されて私の手元にてしばらく保管いたします。
次にどこで展示するか、販売はどうするかにつきましては、改めて検討してお知らせいたします。

第9回 全国ゼロサム公募大賞展にお越しくださいましたお客様、お気にかけてくださいました皆様、ありがとうございました。
公募展のスタッフの皆様にも、お世話になりましてありがとうございました。

なお、今回の大賞および受賞者の作品は、主催者の世界堂アートカルチャー様のこちらのWebページにてご覧いただけます。

★第9回0・SM公募大賞展 受賞者発表
http://artculture.grupo.jp/free932515
posted by はやしすみこ at 16:35| 東京 ☔| Comment(0) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月04日

【世界堂主催 ゼロサム公募大賞展(第9回)に出品予定です】

画材/額縁の世界堂さん主催の公募展に出品予定です。

dm_zerosm_9th.jpg

0号およびサムホールサイズの平面作品を対象とする公募展です。
6月14日(日)から21日(日)まで、世界堂本店の6Fにあるギャラリーフォンテーヌに応募作品が全て展示され、来場者投票にて大賞と受賞作品が決まるという内容の公募展です。

ここ半年ほど、私自身のデッサンと油彩技術の見直しをしています。まだ、ひと皮剥けそうで剥けない感じがもどかしいのですが、モチーフや描き方を少しずつ変えながら試しているうちに描き上がった1枚をご覧いただく機会として、この公募を選びました。

せっかくなので、出品作に合う額縁も世界堂さんに注文しまして、私好みの可愛らしい雰囲気に額装していただけました。

これまで長い間おつきあいくださっている皆様には、いつもと雰囲気が違う?と感じる仕上がりになったかもしれませんが、これから私が変化していく過程の1ピースになればいいなと思っております。

なお、展示期間中の来場者投票のほか、オークションによる展示作品販売にもエントリいたしました。もし、会場にてご縁と思ってくださるお客様がいらっしゃいましたら入札もご検討ください。

ご高覧いただければ幸いに存じます。

−−−−−

【名称】第9回全国0・SM(ゼロサム)公募大賞展&オークション
【日程】2015年6月14日(日)〜21日(日) ※投票およびオークション期間は6/19(金)が最終日
【場所】新宿 世界堂ビル6F ギャラリーフォンテーヌ
【住所】東京都新宿区新宿3-1-1 世界堂ビル
【HP】世界堂 http://www.sekaido.co.jp/index.html

−−−−−
posted by はやしすみこ at 10:16| 東京 ☀| Comment(0) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月28日

【点滴堂「少女への手紙/少女からの手紙」終了しました】

4月下旬から、三鷹の点滴堂で開催されていた「少女への手紙」「少女からの手紙」。
先週日曜日に終了し、昨日搬出をしてきました。

今回、ご縁があり私の手元を離れていった子です。
お迎えくださった方に心からお礼申し上げます。
ありがとうございました。

201504_dokomadeikuno_web.jpg

また、今回の出品をお気にかけてくださった皆様、実際に会場へお寄りくださった皆様にも、心からお礼申し上げます。
ありがとうございました。

ふたつの展覧会、内容は連動したひとつのテーマになっていて、私は全部で4点の小さな鉛筆画を出品しました。
そして、展示タイトルの中の「手紙」は重要なキーワードなので、手紙の文章の代わりに久しぶりにミニポエムをつくってそれぞれに添えてみました。

「少女への手紙」の時は、今の私から幼い頃の私に向けたメッセージ。
「少女からの手紙」の時は、当時の私がきっと今の私に向けたかっただろうメッセージ。
それぞれ、昔のことをたくさん思い出しながら、より具体的な出来事を描こうかどうかを迷いながら、最終的にはこの4点になりました。

201504_dokomadeikuno_web.jpg
「どこまで行くの?」

201504_kamisamaanone.jpg
「かみさま、あのね」

201505_優しくしても棘は棘.jpg
「優しくしても棘は棘」

201505_闇は何を隠すの.jpg
「闇は何を隠すの?」

絵に添えたミニポエムは、いずれFacebookやHPその他で、絵と一緒に紹介させていただきます。

今回の制作を通じて改めて気づいたことがありました。
絵というのは、描くものと描く人との間にも、距離感や関係性というものがそれぞれあって、それは絵ごとに異なるのだということです。

それは、どの絵に思い入れがあるとか、どの絵は全力を尽くさなかったとか、そういうことではなく。。。

「少女への手紙」の時は、昔の私に対して今の私の想いを伝える気持ちで描きました。当時の私は大人になった時の自分のことなんてリアリティを持って想像したこともなかった。だから、今の私に対して何も問いかけをしないし、今の私の存在など気づきもしない。

そういうわけで、ただひたすら目の前の現象に直面している私を、今の私が遠くからそっと見守っているように感じながら、描くことになりました。

「少女からの手紙」の時は、「少女への手紙」への返歌のような感じにしたかったので、思春期になった私から今の私への想いを伝える気持ちで描きました。大人になった自分をより明確に想像し始めるのは、そういう年頃からだと思うからです。ただ、難しかったのは、例えば現実に他人が自分に何を伝えたいと考えているのか、本当のところは予測し得ないのと同じく、当時の私が本当は何をどう考えていたのか、思い出せば思い出すほどとりとめもなくて、実は明確な意志もなかったように思えてしまい。

最終的には、当時の想いの中で、言葉として強く記憶に残っているものを場面化する、という感じで描くことになりました。

描くものと描く人との距離感というのは、完成した絵の雰囲気にも出るのかもしれません。
今回の展示への参加は、自分の絵との向き合い方のようなものを改めて考えるきっかけになりました。
展示にお誘いくださいました点滴堂のオーナー様にも、改めて感謝したいと思います。

余談ですが、「優しくしても棘は棘」を描くときに、どうしても包帯を巻いた状態のサボテンがわからなくて、画像検索で資料を探しても包帯巻きのサボテンなどあるはずもなく、仕方なくホームセンターにサボテン(全長約15cm)を買いに行きました。
無事描き終わったものの、こんな大きなサボテンどうしたらいいんだろう。。。と実は途方に暮れかかりました。かなり置き場に困っていますがそういうご縁と思ってしばらく育ててみようと思います。
posted by はやしすみこ at 09:04| 東京 🌁| Comment(0) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月18日

【3作目のLINEクリエイターズスタンプ販売開始】

LINEをご利用の皆様にお知らせです。
先ほど、私のクリエイターズスタンプ3作目が販売開始となりました。今回も「ユミちゃん」シリーズで、タイトルは「ユミちゃん、汗の理由」。

なんだか汗臭いタイトルで恐縮ですが。。。^^;

−−−−−

line_creatorsstamp_sumico_03.jpg

★ 最新作「ユミちゃん、汗の理由。」
元気な女の子、ユミちゃん。思わず汗がでてしまうような出来事が毎日たくさんあります。今日の汗はどんな理由?ごまかし笑いや冷や汗、色々な場面でお使いください。
ttp://line.me/S/sticker/1125879

−−−−−

キャラクターとしてのパワーがあるスタンプと比べてしまうと、ユミちゃんシリーズはキャラ的には地味かもしれないのですが、私自身が「ちょっとした感情のニュアンス」が伝わるものが欲しいなと日頃から感じるので、ユミちゃんシリーズは「微妙なニュアンスのバリエーション」を提供できたらいいな、と思いながら作っています。

その他の、リリース済みのスタンプ
↓↓↓↓

★1作目「今日のユミちゃん」
今日のユミちゃんのごきげんはいかが?ユミちゃんは元気で明るくてちょっと大げさな女の子。
http://line.me/S/sticker/1001145

★2作目「涙のユミちゃん」
ユミちゃんが涙を流しているのはどうして?悲しかったり、可笑しかったり、怒ってたり、いろいろな涙顔のユミちゃんを集めました。
http://line.me/S/sticker/1026635

是非ご利用くださいね^^
posted by はやしすみこ at 00:31| 東京 ☀| Comment(0) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月07日

【点滴堂「少女からの手紙」出品いたします】

三鷹の古書&カフェ&ギャラリーのお店「点滴堂」。
4/29(水)より5/10(日)まで、点滴堂企画グループ展「少女への手紙」開催中です。
先日ご紹介しましたとおり、私の鉛筆画も2点、出品しています。

「少女への手紙」展が終了すると、すぐに姉妹展とも言える「少女からの手紙」展となります。今回、2つの展覧会に連続して出品いたします。2つの展覧会でひとつながりのテーマとなりますので、現在展示中の絵もぜひご覧いただいて、続けてお楽しみいただけたら幸いです。

−−−−−−

★「少女からの手紙」会期
2015年5月13日(水)〜5月24日 (日)
点滴堂HP
http://tentekido.info/

−−−−−−

一連の作品は、鉛筆小作品の新作ですが、珍しくそれぞれの絵にささやかなポエムを添えて額装しています。

「少女への手紙」展では、幼い頃の私に、大人になった私からの手紙。
「少女からの手紙」展では、少しだけ大人に近づいた私から、いつか大人になる私への手紙、というイメージで準備しています。
ほんの数行の、ささやかなポエムです。

実は、10代〜20代前半頃までは、毎日のようにお気に入りのノートに詩を綴っていました。たわいもないテーマばかりでしたが、あれは、とても正直な私の言葉だったのだと思います。

言葉というのは、使わずにいると、使えなくなりますね。
もちろん、日常会話としての日本語には不自由しませんが、なんというか、喉元まで何か言葉が出かかっているのに、実際に言葉にしてみると、いや、そうじゃなくて、もっと違ってて、と思ってしまう。
言葉って、とてもダイレクトなコミュニケーション手段なのに、言葉を尽くせば尽くすほど、最後の最後で誤解が生まれたりして、もどかしいものです。
posted by はやしすみこ at 10:51| 東京 🌁| Comment(0) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ドラードギャラリー「ピエロ展」出品いたします】

ここのところ、少しグループ展が続きます。
もう会期前日となってしまいましたが、次のグループ展をお知らせいたします。
−−−−

【ピエロ展】
会期:2015年5月8日(金)〜5月12日(火)
時間:12:00〜20:00 (最終日19:00終了)
場所:ドラードギャラリー
住所:東京都新宿区早稲田鶴巻町517 ドラードワセダ103
交通:東京メトロ東西線「早稲田」駅3a出口から左へ徒歩5分程度
参加作家:新井大展/伊藤雅史/大塚ちづる/小原聖史/折橋未麗/椎名寛/高根沢晋也/高橋ちはる/タニガワマリコ/TETSUYA FUKUI/はやしすみこ/堀井一仁/まちゅまゆ/松江比佐子/Mizuki/山本功/横田美晴 (以上、敬称略、DM記載50音順)

−−−−

ピエロ、アルルカンをテーマとした企画グループ展です。
ドラードギャラリーにゆかりのある人気作家さんも参加されますので、どうぞお楽しみにお越しください。

一昨年の秋、同ギャラリーで開催された「サーカスの詩」という企画グループ展に、私としては初めてピエロをモチーフとした鉛筆画を出品しました。その流れで、今回も鉛筆による小作品を1点出品いたします。

ピエロというのは、「見た目」が非常にシンボリックな分、描き手側の解釈やアプローチが本当に多彩になるモチーフではないかなと思います。私自身がまだ、探りながら描いているところはあるのですが、ご高覧いただけましたら幸いです。
posted by はやしすみこ at 10:35| 東京 🌁| Comment(0) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月30日

【点滴堂「少女への手紙」始まりました 4/29〜】

三鷹の古書&カフェ&ギャラリーのお店「点滴堂」。
4/29(水)より点滴堂企画グループ展「少女への手紙」が始まりました。

今回、珍しくそれぞれの絵にささやかなポエムを添えて額装しています。
幼い頃の私に、大人になった私が何を言ってあげられるだろうか。。。
と考えながら描いたので、今回の2点の鉛筆画の主人公は幼い女の子です。

今日点滴堂で展示を見てきたのですが、いつもながら期待どおりの可愛らしさです。「手紙」に関連して、レターパッドなどの紙モノ作品も集まっています。

私の絵の展示されている壁はこんな感じ。

201504_tegami01_web.jpg

ここ何日かで一気に初夏の空気になってきました。
GWは今年もよいお天気が続くのかな?ぜひ三鷹までお出かけください。

点滴堂メニューのアイスカフェオレ。ドリンクには小さなお菓子が付きます^^

201504_tegami01_menu_web.jpg

なお、「少女への手紙」の展覧会(〜5/10)の次は、テーマとしては対になる「少女からの手紙」展の会期 (5/13〜)となります。次の展示も参加予定なので、この連休中に描き始めるつもりです。
posted by はやしすみこ at 00:04| 東京 ☀| Comment(0) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

【三鷹のカフェ 点滴堂の企画展に出品いたします】

三鷹にある古本とギャラリーとカフェの素敵なお店「点滴堂」さんの企画グループ展に、久しぶりに参加させていただけることになりました。

★「少女への手紙」
2015年4月29日(水)〜 5月10日(日)

★「少女からの手紙」
2015年5月13日(水)〜5月24日 (日)

ふたつの展示に連続して、鉛筆画を2点ずつ出品します。
「少女への手紙」と「少女からの手紙」という対になったタイトルの展示。
「少女への手紙」の方は明日、搬入してきます。

今回の出品作は、絵とそれに添えたささやかなポエムの組になっています。
絵のサイズは小さいのですが、少女の頃の私に、今の私がどんな言葉を贈ってあげられるんだろう。。。という気持ちで心を込めて描きました。
「少女からの手紙」はこれから制作を始めます。

GW連休も、もう始まった方々もいらっしゃるのではないでしょうか?
爽やかな初夏の到来です、点滴堂で展示を楽しみつつ、乙女たちの心を掴んで離さない古書の数々と、美味しいコーヒー、カフェオレもぜひご賞味ください。

点滴堂HP
http://tentekido.info/
posted by はやしすみこ at 22:14| 東京 ☀| Comment(0) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月26日

【グループ展「グリーンナイーブ展」出品のお知らせ】

現在、ドラードギャラリーでの「榎画塾展」開催中ですが、次のグループ展のお知らせです。
現代童画会のメンバーを中心に毎年この時期に開催している「グリーンナイーブ展」。今年6回目を迎え、新旧メンバーが一部入れ替わり開催されます。場所は銀座です。お買い物などお出かけのおついでに、お気軽にお寄りください。

2015greennaive_dm_web.jpg

−−−−−−−−−−−−−−−−

【グリーンナイーブ展 VI】
日程:2015年3月2日(月)〜3月8日(日)
時間:11:00〜18:00(初日12:00〜、最終日17:00終了)
場所:銀座幸伸ギャラリー
住所:東京都中央区銀座7-7-2 幸伸ビル1F/2F
初日3月2日 17:00〜オープニングパーティ

−−−−−−−−−−−−−−−−

参加作家(DM掲載順/敬称略)
井上正男/上原柳二/大作俊子/荻沼優子/長田英子/川部律子/川村美佳子/桑井利美/KEY/コムロレイコ/近藤快挙/高村有紀/竹内香ノ子/田中道信/綱島裕/戸井田しづこ/はやしすみこ/細井啓之/ミツマチヨシコ/村上咲月 (計20名)

−−−−−−−−−−−−−−−−

今回も油彩と鉛筆と両方出品いたします。DM掲載の鉛筆画(旧作)を含め、3点または4点の予定です。
posted by はやしすみこ at 17:34| 東京 🌁| Comment(0) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする