2012年11月08日

【第38回現代童画展開催 〜展覧会会場の歩き方〜】

本日11月8日から第38回現代童画展が始まりました。
私は、昨日は展覧会前日の陳列当番で展覧会会場にて飾り付け作業、初日の今日は地下3Fで選外になった作品の搬出窓口担当をしておりました。
昨日、今日、と作業が終わると会場をぐるっと回って色々リサーチ・・・

それで気づいたのですが、東京都美術館、ある意味迷路になっています(汗)

今回初めて東京都美術館にいらっしゃるお客様は大丈夫かもしれませんが、リニューアル前の東京都美術館での現代童画展に何度もお越しいただいているお客様は道に迷うかも・・・
展覧会会場のレイアウトが同じような構造の繰り返しになっているため、自分がどこにいるのかわからなくなる確率が高いです。

ということで、少しだけナビゲーションいたします。
基本、受付カウンターの壁の色を目印に歩いていただくと分かりやすいです。

今回の38回展は、東京都美術館の1Fの展示室を3つ使っての、1フロアでの展示です。美術館の入り口のあるフロア(チケット売り場やアートショップがあるエントランス)は「ロビー階」で、実は地下1Fなんです。

201211_tobikan_00.jpg

ですので、まず美術館の入り口を入ったら、左側へぐるっと回り、ロッカーを右手に見ながら右手に青い壁が見えるまで進んでください(ロビー階は別団体さまの展示の受付となっております)。ここが第1展示室エリアです。

目の前にある階段またはエレベーターで、1Fまで上がってください。
階段の場合は、途中にMBFと表示された0.5階なるフロアがあるのでお間違えなく。
1Fへ到着しましたら、青い壁の前にある受付カウンターが、現代童画展の入り口になります。

201211_tobikan_01.jpg

今回は1室から18室まで細かくパーティションを分けています。室番号はそれぞれの室の壁の天井付近に数字を貼ってありますので、そちらでご確認ください。
順路を進むと、今度は黄色い壁のエリアになります。
黄色い壁のカウンターでは一部作家のポストカードを販売しておりますので、ぜひご覧ください。

201211_tobikan_02.jpg

更に順路を進むと緑色の壁のエリアになります。
緑色のカウンターでは、アンケート回収箱を設置しておりますので、ぜひ皆様アンケートにご協力ください。アンケート用紙は、入り口でお配りした速報などのパンフレットの中にはさんでおりますが、用紙が見つからなかった場合はカウンターの担当者にお声掛けいただければ、アンケート用紙をお渡しできます。
ぜひ、よろしくお願い致します。

201211_tobikan_03.jpg

また、緑色のカウンターでは今回の展覧会の画集(2,000円)も販売しております。一般応募の方の入選作も収録されておりますので、ぜひ記念に1冊いかがでしょうか。サンプルも置いてございますので、ご覧ください。

201211_tobikan_04.jpg

なお今回の展覧会では、最後の18室にて、先代の現代童画会会長、西川比呂夫氏の追悼展を同時開催しております。現代童画会の設立と発展に尽力された西川先生の作品を多数展示しておりますので、こちらもお立寄ください。そして、差し支えなければぜひ芳名録へご記帳もいただければ幸いです。

201211_tobikan_05.jpg

・・・というわけで、ざっと会場の道しるべをご案内いたしました。今日は道しるべだけご案内。個々の作品は会場でのお楽しみです ^ ^

余談ですが、私の作品は6室にあります。人生初の100号作品、ご高覧いただけたら嬉しいです。
posted by はやしすみこ at 22:34| 東京 ☀| Comment(0) | 現代童画会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月02日

【第38回現代童画展がまもなく開催となります】

現代童画会主催の公募展「第38回現代童画展」が11/8からいよいよ開催となります。今回から会場はリニューアルオープンした東京都美術館に戻ります。

全国から寄せられた作品は全部で数百点にものぼりました。
それらの中から、現代童画会委員による審査を通過した一般応募の入選作品および現代童画会メンバーの作品が展示されます(童画会メンバーの作品にも入選/選外の審査はあります)。
また今回も入賞者は実力派ぞろいで、きっと見応えのある展覧会になるのではと楽しみにしています。

今回、私は人生初の100号に挑戦してみました。
80号は何度か描いていましたが、100号のキャンバスは思いのほか大きくて、壁を塗っているような心地の制作の日々でした。ちょっと苦労の跡が見られる感じになってしまったかもしれませんが、精一杯描きましたので、私の作品も併せてご高覧いただければ幸いです。

-------------
2012_38th_exhibition.jpg
【第38回現代童画展】
場所:東京都美術館 (東京都台東区 上野公園内)
日程:2012年11月8日(木)〜11月15日(木)
時間:9:30〜17:30 (最終日は入場13:30まで) ※美術館の開館時間に準じます

主催:現代童画会
後援:東京都 上野の森美術館

-------------

本展示は美術館での開催のため入場料をいただきます。
現代童画会メンバーは手持ちのご招待券が残っている場合もありますので、ご来館いただけるようでしたらお近くの現代童画会メンバーまでお声をかけてみてください。(全て配布済みの場合はご容赦くださいませ)
私もあと数枚程度ですが手元にあります。

ここ何日かでだいぶ冷え込むようになりました。
お出かけの際には何か羽織るものをお持ちくださいね。
posted by はやしすみこ at 22:10| 東京 ☁| Comment(0) | 現代童画会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

【第38回現代童画展 搬入作業が終わりました】

11月8日から東京都美術館で開催が予定されている、第38回現代童画展。この搬入が10月26日、27日の2日間で行われ、全国から一般応募も含めて数百点の作品が集まりました。

私は今年から会員になったので、搬入作業のお当番に初めて参加。これまでずっと、展覧会を観に行くだけの立場だったのですが、初めて作業の一部を担当して、これからまだ会期前日の飾り付けの作業当番もありますが、大きな展覧会を開催する準備は本当に大変なんだなあと実感しました。

さてさて、開催会場となる東京都美術館は、2年間のリニューアル工事を経てこの春リニューアルオープンしたばかり。
建物自体は旧いものを再利用しているため、中のレイアウトなどはほとんど変わっていませんが、全体に設備も新しく良くなったと思います。

搬入作業は朝から夕方まで地下の作業室で缶詰になって行っていたので、帰る時にはもうほとんど日暮れ状態。
夕闇の中の美術館がとても美しかったので、夢中でデジカメに収めてきました。

20121029-01.jpg

鏡みたいな球体はそのまま残っています〜

20121029-02.jpg

写真には3色しか写っていませんが、更に手前に青い壁のコーナーがあります。

これから展覧会の審査が始まります。
私は審査会場には入れませんが、今年はどんな作品が展示されるかな、現代童画会の新しい仲間になる作家さん(会友推挙)は誰かな・・・などと色々考えてはわくわくしています。
posted by はやしすみこ at 16:21| 東京 ☀| Comment(0) | 現代童画会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月04日

【現代童画会春季展'12 開催中です】

私のホームページの方では開催前に告知をさせていただいていたのですが、私が所属している現代童画会という美術団体の春季展が、現在銀座にて開催中です。

☆お知らせ - 現代童画会 '12春季展
http://sumicohayashi.com/information/201204_dougakai.html

【会期】 2012年4月2日(月)〜4月8日(土)
【時間】11:00〜18:30(初日14:00〜/最終日16:00まで)
【場所】銀座アートホール
【住所】東京都中央区銀座8-110

私はF8号の油彩を1点出品しております。
全体で、157名の参加となっており、ギャラリーを2フロア使って、F8までの小作品の展覧会ながら見応えのある規模となっています。

今年の現代童画展への出品をお考えの方、現代童画会にご興味をお持ちの方、お好きな作家さんのいらっしゃる方、はたまた、はやしの作品にご興味をいただける方、ちょっと暇な時間ができちゃった方、銀座方面へのおでかけのついでに、お寄りいただければ幸いです。

可愛らしい絵、癒される絵、ロマンチックな絵、わくわくするような絵、さまざまな雰囲気の作品が集まっていますが、現代童画会の目指す「ナイーブアート」は「純粋な心の絵画」。純粋な心で表現する作品を大切にしています。

春季展は、秋の本展とは違って入場無料ですので、お気軽にお寄りいただけます。
メンバー一同、お越しをお待ちしております。
posted by はやしすみこ at 18:32| 東京 ☁| Comment(0) | 現代童画会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする