2017年08月27日

【現代童画会’17選抜展が終了いたしました】

本日8/27(日)、銀座アートホールで開催されておりました現代童画会の選抜展が無事終了いたしました。この展覧会をお気に留めてくださった皆様に御礼申し上げます。

銀座アートホールは現代童画会の展覧会ではすっかりおなじみとなったギャラリーですが、銀座8丁目のコリドー街(高速道路下)にあり、どちらかというと新橋駅のほうが近い場所です。

20170827_01.jpg

いつもは外からギャラリーの看板を撮影するのですが、たまには内側からの眺めも面白いです。

20170827_04.jpg

さて、今回の私の出品作は「ストロベリームーンを見つめて」F20号の油彩画です。
比較的小サイズの絵を出品する展覧会は、鉛筆画での参加がだいぶ増えましたので、久しぶりに油彩に触ったかなあという感じで描いていました。

ケイトウは鶏のトサカの品種が好きで、このウネウネと迷路のような様子が好きで時々モチーフになります(今年の年賀状の酉のトサカもケイトウ風に描きましたし)。

童画会関連の出品作については殊更にご感想をいただくようなチャンスはあまりないのですが、今回「なんだか強くてインパクトのある絵だった」というようなご感想を異口同音にいただきました。
中央の人物をできるだけしっかりと浮きだたせたいなあと、何度も何度も念入りに絵の具を重ねていったので、仕上がりにそういう雰囲気が出てきたのかもしれません。

20170827_02.jpg

私の絵は、2Fの奥の部屋の壁に飾っていただきました。

さて、実は、1F正面の受付カウンターから向かって左に、童画会作家の個展・グループ展やその他関連のDMやチラシを置いておりまして、私の9/1〜の下北沢での空スケッチ展のDMもこっそり置かせていただいておりました。赤マルのところに置いてました。。。

20170827_03.jpg

だいぶ枚数が減っていたので、多くの方にお持ち帰りいただけたのだと思います。ありがとうございます。

空スケッチ展は夜間のみ営業のバーでの展示ですので、いらっしゃれる方も限りがあるかなと思いますが、お酒もお料理もマスターおまかせの美味しいお店で(しかもリーズナブルなお値段で)すし、私もお酒が飲めませんが「飲めませんのでノンアルコールで」とマスターにお願いすれば、その日のお客様のご気分に応じて色々ドリンクを作ってくれます。
空スケッチ展につきましては改めて投稿いたしますのでよろしくお願い致します。

さて、現代童画会では、選抜展が巡回展となり、次回は神戸市、その次が香川県坂出市です。現代童画会のHPやFacebookなどで順次告知しておりますので、そちらの方面の皆様、ぜひチェックしてくださいね。
posted by はやしすみこ at 23:14| 東京 ☀| 現代童画会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

【展覧会のお知らせ(1) - 現代童画会選抜展】

もうじき、展覧会がいくつか続きます。
会期の早い順に、まず2件ご案内いたします。

2017_senbatsu_dm.jpg

★★★★★

【現代童画会 ’17 選抜展】

会期:2017年8月21(月)〜27日(日)
時間:11:30〜18:30(初日13:00〜/最終日16:00終了)
※ 初日17:00〜 オープングパーティとなります。パーティはどなた様もご参加可能です。
※ 初日は17:00前までにお越しいただけると、1F/2Fとも作品をごゆっくりご覧いただけます。
場所:銀座アートホール
住所:東京都中央区銀座8-110 銀座コリドー街

★★★★★

現代童画会の年度始めの展覧会は、4月に開催された春季展です。
その春季展は、会に所属している全てのメンバーが出品する権利を持っており、会場面積の都合などで160人程度までの先着申し込み順にて出品者が決まります。

春季展では、会員以上のメンバーの作品に対して委員による審査があり、おおよそ100人程度のメンバーが選抜となり、選抜展の開催となります。

規模の大きな公募団体だと、美術館で行われる本展も全国を巡回したりするのですが、現代童画会の場合は、選抜展の作品が東京〜神戸〜坂出の3箇所を巡回します。

私も今回の選抜展出品メンバーとなりました。
現在、F20号の油彩画と格闘中です。
春季展が終わってからはしばらく鉛筆画の発表が続いていたので、油彩はなんだかとても久しぶりの気がします。。。

なお、現代童画会の情報は、公式HPや、メンバーが自主的に開設した会公認のFacebookページなどでもご覧いただけますので、随時チェックいただけると嬉しいです。

現代童画会HP(公式HP)
http://www.gendoh.jp/

現代童画会Facebook(メンバーによる自主運営)
https://www.facebook.com/現代童画会-258643260855993/
posted by はやしすみこ at 15:56| 東京 🌁| 現代童画会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

【現代童画会’17春季展のお知らせ】

いよいよ現代童画会の新年度が始まります。
恒例の春季展、銀座にて開催いたします。

2017_dougakaisyunkiten.jpg

現代童画会’17春季展
日程:2017年4月3日(月)〜4月9日(日)
時間:11:00〜18:30(初日13:00〜、最終日16:00終了)
場所:銀座アートホール
住所:東京都中央区銀座8-110 高速道路ビル銀座コリドー街

春季展は、会員、委員、常任委員と会友の有志が出品し、近年は160点近くの作品が集まるようになりました。キャンバスサイズで8号程度までの小品による展覧会ですので、銀座へのお買い物のおついでなど、お気軽にお立ち寄りください。

昨年は、私は3月に個展があったため春季展をお休みさせていただいたのですが、今年はクマのぬいぐるみをモチーフにしたF6号サイズ油彩画を出品いたします。
絵は、先日ようやく仕上がって、展示に向け乾燥中です。
posted by はやしすみこ at 12:36| 東京 ☁| 現代童画会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月13日

【ここ何年か、年末年始は現代童画展のアンケート集計です】

今年の現代童画展は11月中旬に終わりましたが、展覧会後も諸々の作業が進行中です。

(私は現在、現代童画会という美術公募団体に会員として所属しています。現代童画展は、現代童画会が開催する、年に1度の大規模な公募展で、300人ほどの所属作家の作品と、一般公募枠の作品とで、そこそこのボリュームの展覧会となります。)

展覧会後は、展覧会場で回収したアンケートの集計作業も担当していて、私を含め、今年も例年どおりのメンバーを中心に進んでいます。今朝は、アンケートで資料希望してくださった方々への郵便物を差し出してきました。(郵便物作りを手伝ってくれた方々ありがとう^^)

20161213_01.jpg

現代童画展に一般公募枠で出品し始めたころは、公募団体がどういうものか内部事情も全く知りませんでした。

いざ自分が会友推挙となり、会に所属してみると、事務作業も諸々担当するようになり、「放っておいても運営は回るものではなかったんだ」という当たり前のことに、ようやく気付きました。
それまでがのほほんすぎたのかも。会友推挙となってからぼちぼち7、8年経つでしょうか。

最初に出品した16年前は、お世話になっていた方から「あなたの作風にあう展覧会だから」と出品を勧められたからでしたが、その後、ライフワークのように何となく出し続けていたら、いつの間にか(16年も経過していていつの間にかというのも変ですが)、会員になって現在に至ります。

会の諸々の事務作業は、私自身は「会の仕事」と言っていますが、報酬が発生しているわけではないので、自分自身のことで多忙な期間に作業が立て込んでしまうと、実際けっこうきついです。

それなりの人数が所属していて全国にいるし、誰がどのくらいのボリュームでどのような作業を担当しているのか全体は把握できていないので、時々自分ばかり苦労しているような気になったり。

それでも16年も居てしまったのは、美術団体の会員という肩書き?とかそういうことではなく、純粋に、会に所属しなければ無かったと思う出逢いの数々のためかな、と最近考えることが増えました。

今デッサンを教えていただいている先生も、会に所属しなければ出逢えませんでした。
絵を描くことにおける精神論などは先生の影響をかなり受けていることを、時々強く自覚します。

誰かがそれぞれの役割を果たしながら会は続いていて、私もそのピースのひとつになっていて、これから自分は会の中でどうなっていくのかわからないけれど、

ひとまずは目の前にあるアンケートの山を締め切りまでにまとめたいと思います。
集計は大変ですが、アンケートに記入いただいたご感想などを全部読める立場なので、現代童画展にお越しくださったたくさんの方々の想いを受け止めながら、ここ何年かの年末年始を過ごしています。
posted by はやしすみこ at 22:08| 東京 ☀| 現代童画会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

【明日11/15で第42回現代童画展が終わります】

上野の東京都美術館で11/9〜開催していた第42回現代童画展。
明日11/15(火)で会期終了となります。
最終日は、入場受付が13:30終了、14:00にはお客様のお進み具合を見て閉場いたしますので、明日お出かけ予定の方はお早めに会場までお越しください。

今年も無事、F100号の油彩画を出品することができました。
童画展にお越しくださった方が、私の絵の写真をお送りくださったのでこちらに貼ります。

sumicohayashi_42th.jpg
「いつの日か、祈り届くまで」F100号 油彩

毎年この時期になると、現代童画展じたいが規模の大きな展覧会のせいか、「これでまた1年が終わるのだな」というしめくくり感が強く感じられるようになってきます。

それと同時に、現代童画展に関わるようになってからのことを繰り返し思い出します。在籍年数は増えていくので、当然のように、年々思い出すことのボリュームも増えていきます。

初めて一般応募したのが2000年のこと。
P40号のアクリル画をひとりで担いで、電車を乗り継ぎ上野まで搬入しに行きました。

初応募で初入選をいただき、それから会友推挙まで7年、会員推挙までさらに5年。
一般応募の時も毎年入選していましたが、ずっと特に賞をいただくわけでもなく、地味な活動が続くままに、気付いたら16年です。

ここ何年かは会の運営に関わる作業担当も結構増えましたし、会のメンバー同士で会以外の場でも交流する機会が発生するなど、現代童画会は何となく私の日常の一部分になっています。

最近、公募団体に所属することや公募展そのものの是否などが、ネット上で話題になるのを見かけると、ある部分は共感したり、ある部分は悶々としたり、複雑な想いが心を通り過ぎていきます。

そして、今年の作品もだいぶ悩みながら描いたものになりました。

絵を描いていると、多くの人は色々悩んだり迷ったりする時期があると思います。
ある程度、出品回数や点数が増えると、色々な人が色々なことを言ってくださるので、作家として周囲の意見に左右されるつもりはなくても、膝を正して話を聞いているうちに、評価の洪水に押し流されそうになったりもします。

ただ、今の私は、自分でも悩みすぎだと思っています。
そろそろ、この闇雲な状況から、自分から抜けていかなければならないです。
posted by はやしすみこ at 22:33| 東京 ☀| 現代童画会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

【第42回現代童画展のお知らせ】

今年も上野の東京都美術館にて、所属している美術公募団体「現代童画会」の展覧会が開催されます。ご多忙中とは存じますが、ご高覧いただければ幸いに存じます。

※本展覧会は入場有料なので、ご招待券が必要な方はお近くの現代童画会メンバーまでお知らせください。

11/9〜現代童画展です。搬入作業も始まり、一気に今年も終わりか。。。という気分がつのります。

--------

日程:2016年11月9日(水)〜11月15日(火)
時間:9:30(開場)〜17:30(閉場) 17:00までにご入場ください。
※最終日は「13:30」にて「ご入場受付締め切り」といたしますので、お時間にご注意ください。
場所:東京都美術館(上野公園内) 1F 1〜3展示室
※東京都美術館の入り口は「ロビー階」となり、その1フロア上が会場となります。階段またはエレベーターをご利用ください。

--------

【特別展示】現代童画会の作家の仕事 < 純粋な心・尾崎放哉の詩「糸井邦夫木版画集」から>
11月13日(日) 15:00〜 第13室にてギャラリートーク

--------

なお、会場にてアンケートをお配りする予定ですので、展覧会をご覧いただいたご感想などご協力いただければ幸いです。

--------

毎年この時期になると、現代童画展じたいが規模の大きな展覧会のせいか、「これでまた1年が終わるのだな」というしめくくり感が強く感じられるようになってきます。それと同時に、現代童画展に関わるようになってからのことを繰り返し思い出します。年々、思い出すことのボリュームは増えていきますね。

初めて一般応募したのが2000年のこと。P40号のアクリル画でした。
それから会友推挙まで7年、会員推挙までさらに5年。
特に賞をいただくわけでもなく地味に活動を続けて16年間。

ここ何年かは会の運営に関わる作業担当も結構増えて、会のメンバー同士、会以外の場でも交流ができるなど、なんとなく私の日常の一部分になっています。

最近、公募団体に所属することや公募展そのものの是否などが、ネット上で話題になるのを見かけると、ある部分は共感したり、ある部分は悶々としたり、複雑な想いが心を通り過ぎていきます。

そして、今年の作品もだいぶ悩みながら描いたものになりました。
でもそろそろ、「闇雲に悩む」という状況から、自分から抜けていかなければならないなと思います。
posted by はやしすみこ at 12:30| 東京 ☀| 現代童画会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

【第41回現代童画展 無事終了いたしました。】

今年も無事、現代童画展が終わりました。
現代童画会関連の活動は、年内はこれで終わりです。

展覧会としては、多数のお客様にご来場いただき、ありがとうございました。

今回の出品作もご覧いただいた方に様々なご感想をいただいた中、ここのところ少しずつ絵が変わってきているのか「5室にあると聞いていたのに私の絵だとはわからなくて探してしまった」というようなお話もありました。

確かにここのところ、少しだけですが自分の絵は変わってきているのかな?という実感があります。

変化というのは日々少しずつ進行しているものだとは思いますが、例えば、昨日と今日の0.1mmの違いよりは、毎日0.1ミリずつ100日かけて、違いが1cmになったときに、初めて明確に認識できるようなものなのかもしれません。

まだまだ絵描きとしては未熟です。
ですから今後も色々な変化が起きると思います。

今までの私をご存知の方々の中には、その変化を良いと思えたり、あまり良いと思えなかったりもするかと思います。

しかし全ては、私自身の人間としての変化に寄り添ったものでもあると思います。
どうか、これからも気長に見守っていただければ幸いです。

第41回現代童画展 出品作「涙の日も居場所があれば」
F100号 油彩

41th_gendoh_sumicohayashi.jpg
posted by はやしすみこ at 21:34| 東京 ☀| Comment(0) | 現代童画会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月07日

【第41回現代童画展、明日11/8〜開催です】

もう、11月。今年も現代童画展の季節がやってきました。
私が初めて一般応募で30号を出品してから15年。早いものです。
現代童画展は今年で41回目を迎えます。

2015honntennposuta.jpg
−−−−

【第41回現代童画展】
会場:東京都美術館
期間:2015年11月8日(日)〜11月15日(日)
時間:9:30〜17:30(入館は15:00まで)
最終日 13:30まで入場 14:30閉場
※最終日は終了時間が早いので、ご注意ください。
入館料:有料の展示です。一般700円、学生以下よび障害者手帳をお持ちの方と付添者(2名) 無料

現代童画展の「ご招待」券またはチラシをご持参いただくことで、無料でのご鑑賞ができますので、ご招待券がお手元にあるかたは、ご鑑賞当日忘れずにご持参くださいね。

今回の展覧会では、現代童画会常任委員の「有賀忍」氏の特別展示《絵本「こんなこいるかな」展》も、同じ会場内の第13室で併催いたします。

−−−−

今日11/7は、会期前日の陳列作業にお当番で参加しました。
今年もいろいろな作品が集まりました。

私の出品作は、今年はサイズをF100号に戻しました。
第5室に飾られましたので、ぜひ探してください。

今回の作品の内容については、何人かの方から異口同音に指摘されたことがあり、率直に言うと内輪での評価は良くないのですが、今年は制作期間が短期決戦だったせいもあるのか描き始めから描き終わりまでの迷いがあまりなかったので、自分なりには集中して描けたのかなと思っています。
会期が始まって、あの会場で自分の絵と対面したら、またあれこれ反省するのかもしれませんが。

−−−−

毎年この時期になると、公募展の存在というものに色々と思いを馳せます。

出品すると入選/入賞という結果が出る、ということで、公募展をいわゆるコンクールのように考えている人は多いでしょうし、私も実際、初めはそういう心構えで出品していました。

美術団体は美術の分野での同人活動とも言えるはずで、同志として共に活動してくれそうな方向性の新しい作家を、広く作品を公募することで美術団体側が探すためのもの、というのが本来の公募展の大きな目的かと思います。

そして、会友推挙、会員推挙、と徐々に美術団体と深い関わりをもつようになるにつれ、その美術団体で自分がどのような役割や立場を期待されているのか、ということが常に付いて回ります。

現代童画会は「純粋な心で作品を創る」、ナイーブアートを理念として掲げています。

純粋な心のままに自由に描く・・・

初めて現代童画展に出品した当時、いろいろなコンテストに落選続きだった私の絵を「初出品初入選」という形で「それもアリですよ」と言ってくれたのが現代童画会でした。自由に、描きたいものを、描きたいように、描けばよい。その時は、自分が肯定されたような心持ちになったのを覚えています。

しかし、自由というものは却ってわかりづらく、自分を縛ってしまうこともあります。

15年もの年月を関わった現代童画会に対しては、強い愛着を感じています。たくさんの方々にお世話になり、励ましていただきました。同時に、自分にとってナイーブアートとは何なのだろうか、と考え込んで悩む時間も増えました。

今年も、色々複雑な想いを抱えつつ、展覧会が開催となります。

私の想いはともあれ、お越しくださるお客様には、展覧会を楽しんでいただければと思います。

上野公園は少しずつ紅葉が始まっています。気持ちの良い季節ですので、ぜひ東京都美術館までおでかけください。
posted by はやしすみこ at 20:16| 東京 🌁| Comment(0) | 現代童画会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月30日

【現代童画会選抜展 東京での展示が終わりました】

現代童画会選抜展、東京の展覧会は本日無事終了いたしました。
お世話になりました皆様、ありがとうございました。

最近の私の絵の変化について、ここ何年かは過渡期なのでは、というようなことを先日のブログに書きましたが、実は今回の絵は私なりのチャレンジが含まれていました。

技術的な面では、もっと油彩の良さを生かした幅広いタッチで描けるようになることが最近の課題なので、タッチに意識を集中し、偶然に生まれた形を生かした背景の描き込みなども試してみました。

題材の面では、タイトル「メタモルフォシス」のとおり、ギリシャ神話の有名なエピソード、彫像から生身の女性への変身の瞬間を描くことにずっと憧れていて、今回初めて形にしたものです。
ただ、まだまだこの題材へのチャレンジは始まったばかりなので、これからも納得のいくまで何枚も描き続けたいなと思っています。

たまたま会場でお会いできた皆様からは、これからの展開が楽しみだ、と励ましのお言葉をいただけて、嬉しかったです^^

この選抜展は、同じ内容のまま神戸の巡回展に移ります。神戸周辺の皆様、9/2〜です。
お時間ありましたらぜひお寄りください。

−−−−−−

現代童画会’15 関西展(併催 関西支部展)
日程 2015年9月2日(水)〜9/6(日)
時間 10:00〜18:00(入場17:30まで) 最終日14:00終了
場所 原田の森ギャラリー東館(兵庫県立美術館王子分館)
住所 兵庫県神戸市灘区原田通3-8-30

−−−−−−
posted by はやしすみこ at 22:16| 東京 ☁| Comment(0) | 現代童画会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月26日

【現代童画会選抜展'15始まりました】

現代童画会の選抜展(東京)が、8月24日に始まりました。
会期は8月30日(日)までとなります。

今回はF20号の油彩画「メタモルフォシス」を出品しております。

 201508_gendoh_senbatsu.jpg

いつもと少し使っている色味が違うので、童画会のメンバーから口々に「心境の変化?」と聞かれたのですが、「心境の変化?」は最近の展示のたびによく質問されることなので、ここしばらくは私にとって過渡期のような時期になっているのかもしれません。

筆のタッチもそうですが、主題やモチーフ、色使いなど、すべてにおいて。。。
ある程度世界観や画風がしっかり固まっている画家さんでも、何年間かを丁寧に追ってみるとやはり少しずつ変化しているものだと思うので、ましてや私のような未熟な絵描きがいろいろ流動していてもあまり不思議ではないのでは。。。と感じることも多いです。

いつかは、誰が見ても私の絵だとわかるようなものを確立するのが目標ですが、今はどんどん変わっていくのも良いかなと思うことにしています。

さて、この選抜展ですが、東京での展示が終わると、神戸市、坂出市、と巡回していきます。
神戸の巡回展は9月2日から。
普段、東京周辺以外の方々には実際の絵をご覧いただく機会がほとんどありませんので、お近くの方がいらっしゃいましたら、ちらりとでも私の絵を見かけてくださると嬉しいなと思います。

巡回展の開催概要は以下のとおりです。
−−−−−−−
現代童画会’15 関西展(併催 関西支部展)
日程 2015年9月2日(水)〜9/6(日)
時間 10:00〜18:00(入場17:30まで) 最終日14:00終了
場所 原田の森ギャラリー東館(兵庫県立美術館王子分館)
住所 兵庫県神戸市灘区原田通3-8-30
−−−−−−−

現在、日本付近は台風が2つ通過/接近中です。
九州地方は大きな被害となっていると童画会の現地メンバーから聞いております。
ただでさえ台風が多い季節ですが、少しでも多くの方々が無事に過ごされますように。。。
posted by はやしすみこ at 17:44| 東京 🌁| Comment(0) | 現代童画会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月31日

【現代童画会選抜展'15のお知らせ】

国内には美術の公募団体が数多くありますが、私も現代童画会という美術団体に所属しています。
現代童画会は「ナイーブアート=純粋な心の絵画」を目指す作家が集まり、その歴史が始まりました。いわゆる油彩画だけではなく、画材も様々、ジャンルも挿絵画家、イラストレーター、デザイナー、造形作家、多彩なメンバーです。年一度の大きな展覧会「現代童画展」は今年で41回目となります。

公募団体ですので、現代童画展は広く作品を公募しますが、この展覧会は現代童画会にとって、共にナイーブアートを追求する仲間を「推挙」という形で現代童画会へお誘いする重要な展覧会でもあります。

美術団体というのは、美術分野での同人活動の団体とも言えるでしょう。

さて、現代童画会は、現代童画展の他に、すでに会のメンバーとなっている作家のみで開催している展覧会があります。4月には「春季展」、7月には「選抜展」、その他全国の各支部の支部展、有志によるグループ展などです。

前置きが長くなり、恐縮です。毎年7月上旬に開催されている現代童画会の選抜展が、今年は会場などの都合のため8月下旬開催となります。その、開催のお知らせをいたします。

【現代童画会選抜展’15】
会期:2015年8月24日(月)〜8月30日(日)
時間:11:00〜18:30(初日13:00〜/最終日16:00終了)
場所:銀座アートホール(東京都中央区銀座8-110 高速道路下)
出品作家:現代童画会常任委員/委員/会員から103名(予定)

2015_senbatsu_tokyo.jpg

銀座での展覧会が終了しましたら、選抜展は2か所を巡回します。巡回展が終了すると間もなく今年の現代童画展。。。一年が終わってしまうな、と感じる季節になります。
選抜展には、私は油彩画を1点出品予定です。
お時間ありましたら、お出かけのおついでにお寄りいただければ幸いです。
posted by はやしすみこ at 10:57| 東京 ☀| Comment(0) | 現代童画会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月13日

【現代童画会春季展’15、終了しました】

4/6〜4/12の会期で開催された現代童画会の春季展。
昨日、無事終了いたしました。
ご来場くださいました皆様、お世話になりました皆様、お気にかけてくださった皆様、ありがとうございました。

今回は161名の参加だったようです。初日の懇親パーティは会場内がごった返すような賑わいで、例年よりもパーティ出席者数が多かったように思います。
今回春季展としては初めて「春季特別賞」が設けられました。童画会としての内輪の賞ではあるのですが、初日に常任委員が審査を行い4名の受賞が決定し、懇親パーティの時に授与式となりました。

現代童画会は公募展を行う美術団体ですが、共に美術を楽しみ、励まし合い、競い合いながら、それぞれに現代童画会のコンセプトである「ナイーブアート」を追究していく仲間として、会友以上のレギュラーメンバーがいます。
春季展は、そのレギュラーメンバーによる新年度初めての展覧会なので、来る秋の本展に向けての新たなモチベーションのためにもある展覧会だと、私自身は考えています。
なので、春季特別賞となった作品はどれも素敵な作品ばかりだったなと、内輪のことながら感じました。

さて、私自身のことですが、今年に入ってから少し油彩の描き方を変えてみています。特に使用色をだいぶ変えたのですが、長い間私の絵を見続けてくださっている方々はお気づきだったでしょうか。。。
この方向性で良いのかは正直わかりませんが、今は自分が変化していくことには抵抗がないので、まだまだ変わっていきたいなと思っています。

今回の春季展の私の出品作「仮面をつけた自画像」(F8号/キャンバス/油彩)

仮面をつけた自画像.jpg

ありがとうございました。
これからもどうか、現代童画会に応援をお願いいたします。
posted by はやしすみこ at 23:51| 東京 ☔| Comment(0) | 現代童画会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

【現代童画会春季展’15に出品いたします】

毎年4月上旬に開催される、現代童画会の春季展。
今年も油彩F8号1点を出品いたします。

現代童画会の今年度最初の展覧会です。皆様ぜひお誘い合わせの上ご高覧いただければ幸いです。

syunkiten_201504.jpg

−−−−−

【現代童画会春季展】
日程:2015年4月6日(月)〜4月12日(日)
時間:11:00〜18:30 最終日16:00終了
※初日4/6 17:00〜 オープニングパーティを開催いたします
場所:銀座アートホール
住所:東京都中央区銀座8-110 (高速道路下)

−−−−−

春季展は、現代童画会の常任委員・委員および会員と会友によるS8号までのサイズの小作品展で、100点前後の作品が集まります。

私はF8号の油彩画を1点出品いたします。
posted by はやしすみこ at 14:43| 東京 ☀| Comment(0) | 現代童画会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

【第40回現代童画展、無事終了しました】

11/8(土)〜11/15(土)の日程で、上野公園の東京都美術館にて開催されました第40回現代童画展。無事終了いたしました。

ご多忙の中ご来場くださいましたお客様、展覧会開催のために様々にご支援くださいました皆様、ありがとうございました。

そして、毎年この時期に再会するのを楽しみにしている現代童画会のメンバーの皆様、今回もお会いできて嬉しかったです。

今回は例年よりも少し小さめのサイズのF60号。搬入直前までああでもないこうでもないと悶々としながら描いており、叱咤激励も受けてのぎりぎりの完成と出品でしたが、いざ完成してみると、今までで一番色調も人物の描き方も力強かったかなと、あっさり自画自賛モードに。

もちろん様々な反省は残りますが、今回の絵の主人公のポーズは、今年めぐりあえたとても素敵なモデルさんをクロッキーしたときの1枚がベースになっていたり、本人としては思い入れのある1枚となりました。

今回の出品作「あの海に帰りたい」F60号 油彩 キャンバス

20141115_02.jpg

これは人魚姫だね?とずばり言い当ててくださった方は多くはなかったのですが、これからも、人魚姫の物語をベースにした自分なりの心情風景は何度も繰り返し描き続けるような気がします。
ちなみに、前回の人魚姫は今年2月のZaroff恋愛展に出品した鉛筆画でした。

最終日の今日は、初めて正面入り口の受付担当もいたしました。
私の座っていた場所から正面の休憩コーナーを1枚。

20141115_01.jpg

ご来場のお客様をお迎えする最初の場所。
緊張しながらも精一杯務めさせていただきました。

現代童画展が終わると、あと12月も残っているというのに、自分の1年はもう終わったも同然のような心地になってしまいます。

また来年、同じ頃に、同じ場所で、皆様にお会いできたらと思います。

ありがとうございました。
posted by はやしすみこ at 00:04| 東京 ☀| Comment(0) | 現代童画会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月07日

【第40回現代童画展 会場案内】

明日11/8(土)より、今年の現代童画展が開催となります。

開催場所は東京都美術館、JR上野駅を公園口改札から出て、上野公園をどんどん奥へ歩いていただき、上野動物園の右側の通路を更に奥へ歩いていくと、東京都美術館です。

現代童画展のフロアは1Fなのですが、東京都美術館の正面玄関(ミュージアムショップがある階)は正確には地下階の「ロビー階」ですのでご注意ください。

ロビー階の青色の壁を目指すと、現代童画展のポスターが見えます。

AA063058-B447-41C5-BEDF-C99BD5EAE64E.jpg

矢印の角を回るとすぐにエレベーターがありますので、それで1Fへお上がりください。

E6CAAD26-3DC7-4403-8F14-5AB141C9F2A3.jpg

1Fの青色の壁が、現代童画展の入口受付カウンターとなります。

上野公園は紅葉が進んできました。気持ちの良い季節です。

展覧会へお越しのお客様は道中お気をつけてお越しください。現代童画会メンバー一同、お越しをお待ちしております。

posted by はやしすみこ at 18:26| 東京 ☀| Comment(0) | 現代童画会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月26日

【第40回現代童画展の搬入が始まりました】

今日は、第40回現代童画展の搬入1日目。会員以上のメンバーは、展覧会会場となる東京都美術館の搬入フロアで、諸々の作業に参加します。

今年の出品点数はどのくらいかな?
現代童画展は11/8(土)〜開催です。

会期が始まるまでに、まだまだたくさんの作業があります。

夜の東京都美術館。
館内の明かりが綺麗です。
今年もお世話になります。

2B33E763-0D0A-4695-B83C-A2A0DCBC95BA.jpg
posted by はやしすみこ at 17:36| 東京 ☀| Comment(0) | 現代童画会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月25日

【第40回現代童画展が開催されます】

今年も現代童画展の季節がやってきました。
上野公園の東京都美術館にて、現代童画会にとっては節目ともなる40回目の展覧会です。

2014_40th_honten.jpg
------------------------------------------

【第40回現代童画展】

会期:2014年11月8日(土)〜11月15日(土)
時間:9:30〜17:30(入場17:00まで) ※最終日は入場13:30まで14:30終了
場所:東京都美術館(上野公園内、上野動物園の奥です)

現代童画会HP:http://www.gendoh.jp/

------------------------------------------

本展覧会は美術館チケット売り場にて入場券をお買い求めください。
なお、現代童画会がお世話になっている各所の画廊・ギャラリー様等にご招待券を置かせていただいておりますので、お見かけの際にはぜひお持ち帰りください。
また、現代童画会所属作家からもご入手いただけますので、お声掛けください。

上野公園はこれから秋も深まり、行楽シーズンです。
お出かけ予定にぜひ、現代童画展を加えてください。

ご来館お待ちしております。
posted by はやしすみこ at 19:36| 東京 ☀| Comment(0) | 現代童画会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

【現代童画会春季展 終了いたしました】

4/7(月)〜4/13(日)の会期で開催されました、現代童画会'14春季展。
無事終了いたしました。
展覧会にお越し下さいましたお客様、お忙しい中ありがとうございました。

今回出品したF8号の油彩画です。タイトルは「旅立ちの日」。

額装済み_旅立ちの予感.jpg

2年前くらいから何度もデッサンしてはキャンバスに描くということを続けているアンティークドール、クロディネーをモデルにしています。
モデルにしている子は偶然左目の周りが破損してしまったのですが、その状態のお顔に強烈に惹かれています。
何度描いても魅力を絵に閉じ込められない。
描いては悶々とし、悶々としては描いています。

なお春季展準備の時に会に届け出たタイトルが「旅立ちの日」たったのですが、絵を仕上げている間にも色々想いがめぐり・・・今後は「旅立ちの予感」を正式タイトルにしたいと思います。

-------------------

現代童画会は今年で設立40年を迎えます。
第1回展の年に生まれた子が40歳になる年月が経過しました。
会に所属している仲間たちと励まし合い、時には競い合いながら、会の大きなコンセプトである「純粋な心の絵画」について自分なりにまた考えていきたいと思います。

なお、今回の出品者の中から委員が選抜した会員、および委員による展覧会「選抜展'14」が、7月に同じ場所で開催されます(その後、西日本2ヶ所を巡回)。
選抜展は出品作品のサイズが少し大きくなります。
そちらも6月中旬頃改めてお知らせいたしますので、よろしくお願い致します。
posted by はやしすみこ at 09:54| 東京 ☁| Comment(0) | 現代童画会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月25日

【現代童画会 '14春季展 に油彩画F8を出品いたします】

私の所属している「現代童画会」は「純粋な心の表現」を掲げる美術公募団体です。
毎年度の最初に開催する展覧会が、春季展です。
数年前までは、委員および会員による展覧会でしたが、現在では会友メンバーにも広く参加希望を募り、F8号までの小作品、100点余を展示します。

今年も、その春季展の季節がやってきました。
私も会員としてF8号の油彩画を出品予定で、現在制作中。
そろそろ、仕上げの段階に入れそうです。
モチーフは、最近しばしば私の絵に登場している、
描くのがライフワークになりつつある、あのアンティークドールです。
あの子が今回はどんな情景の中に佇んでいるのか・・・
どうぞお楽しみに。

---------------------------------------
【展覧会概要】
---------------------------------------
タイトル:現代童画会'14春季展
日程:2014年4月7日(月)〜4月13日(日)
時間:11:00〜18:30 ※初日13:00〜、最終日16:00終了
場所:銀座アートホール(東京都中央区銀座8-110、高速道路下)
---------------------------------------

201404_gendoh_syunkiten.jpg

今年は、150名近い参加申込があったと聞いておりますが、当日、あのいつもの会場にどれだけの作品が集まるのか・・・楽しみです。
秋に開催する東京都美術館での本展は、F100号などの大作がほとんどですが、春季展は、ふらりと絵を鑑賞に立ち寄られるお客様にも見やすいサイズの作品だと思います。

ご高覧いただければ幸いです。
posted by はやしすみこ at 10:15| 東京 ☀| Comment(0) | 現代童画会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月31日

【第39回 現代童画展 まもなく開催となります】


「純粋な心の絵画」ナイーブアートを掲げる公募団体、現代童画会。
今年で39回目の展覧会を、上野公園の東京都美術館にて開催予定です。

------------------------------------------

【第39回現代童画展】

会期:2103年11月8日(金)〜11月15日(金)
時間:9:30〜17:30(入場17:00まで) ※最終日は入場13:30まで14:30終了)
場所:東京都美術館(上野公園内、上野動物園の奥です)

現代童画会HP:http://www.gendoh.jp/

本展覧会は美術館チケット売り場にて入場券をお買い求めください。
なお、現代童画会がお世話になっている各所の画廊・ギャラリー様等にご招待券を置かせていただいておりますので、お見かけの際にはぜひお持ち帰りください。
また、現代童画会所属作家からもご入手いただけます。

------------------------------------------

今年の展覧会は、どんな作品が集まっているでしょうか。
公募団体による公募展は、入選、入賞などのイベントはもちろんありますが、美術団体としての意味は、志を同じくする作家同士がよきライバルとして集い、尊敬する先輩をみつけ、自己研鑽する場でもあります。

私が初めてこの展覧会で一般入選をいただいたときから、もう13年目。
あっという間のような、長かったような。

上野公園はこれから秋も深まり、行楽シーズンです。
お出かけ予定にぜひ、現代童画展を加えてください。

ご来館お待ちしております。
posted by はやしすみこ at 10:24| 東京 ☀| Comment(0) | 現代童画会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする