2014年05月16日

「好みではない作風やコンセプトの絵」

時々、言われることがあります。
「あなたの絵は少し毒があって怖いので、もっと明るく、可愛らしい絵は描かないのか。」

そういえば昔も言われたことがあります。
「せっかくなら、もっと温かい絵を描いたのが見たい。」

これは普段感じるのですが、
素直に可愛い絵、素直に明るい絵、素直にポジティブな絵、好きな人多いです。
敢えて「素直に」という形容詞を付けて、拗ねたみたいになっていますがごめんなさい。
単純に、ストレートで分かりやすい、受け入れやすい部分がある、
ということが言いたいのです。

私は目下、画家志向で活動していますから、画家の観点で言うのですが、
画家それぞれには、個性といいますか、作風やコンセプトがあり、
自分の表現したい世界を、その世界観に見合うモチーフや色彩や造形で、作品にしています。
そして、絵を購入してくださるお客様や、ご注文を下さるお客様は、
自分の作風を理解した上で、そうしてくださるのだと素直に考えている部分があります。
少なくとも、私はそうです。

一方、絵を観にいらっしゃるお客様にも、それぞれの嗜好がありますので、
やはり、ご自分の好きな傾向の絵を観たい、欲しい、と思われるのは自然なことです。
ですから、単純な「見た目」の判断だったとしても、
この画家の絵は好き、あの画家の絵は嫌い、
と感じることも、自然なことなのではないかと思います。

表現というのは、最終的に「伝わってなんぼ」という部分がありますので、
表現した世界観がどれだけ伝わりやすいかという課題があるかもしれません。

ただ、人間同士の、普段の言葉コミュニケーションにおいても、
結局、言葉を尽くしても気持ちが伝わらなくて残念な思いをする、
ということは往々にしてあるように、
画家の表現がずっしりと伝わる相手と、どうにも伝わらない相手が存在しても、
不思議なことではないと思います。

今までの経験(自分の絵に対する評価を受けた場など)を振り返ってみると、

古くからの知り合いや、
たまたま私の絵が好みではないのに会場に紛れ込んでしまったお客様から
「もっと明るく、可愛らしい絵は描かないのか」と言われることが多い。

古くからの知り合いの場合は、私の昔を知っているので、
大きな変化があったりすると心配することもあるでしょう。
例えば、10代になって突然「紫色」が大好きになり、
文房具から服装まで紫づくしに変えていく私を、親がよく心配していました。

私の今の作風が定着し始めたのは、ここ数年なのですが、
それ以降に私の絵を観て下さるようになったお客様は、
特にそういったことはおっしゃらない。
「画家とお客様」という出会いの当初から、
そういう作風の絵描きで、そういう作風が好きな人で、
というマッチングができているからですよね。

ただ、たまたま好みではない画家の展覧会に紛れ込んでしまったお客様が、
単純に、ご縁がなかったのね、という形になってしまうのは残念だなと思うこともあります。
できれば、見た目の好みに引きずられずに、
これも何かのご縁と思って、画家さんと色々お話してみてほしい。

お話した内容が、理解(受容)できるかどうかは別の問題ですが、
どんな表現も、それを受け入れ、欲している人たちがどこかにいる、
ということは事実なのです。

もしかしたら新しい世界が広がるかもしれないので、
可能性のひとつとして、好みでないものも楽しんでみようかな、
と思っていただけたら嬉しいなと思うのです。
posted by はやしすみこ at 12:12| 東京 ☀| Comment(0) | もの想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月08日

【シンクロする孤独】

20140507-01.jpg

SNSのタイムラインを眺めていると、
ふっと昔を思い出すような投稿が流れてくることがあります。
昔を振り返ったところで、それがどうなるものでもないし、
かといって、昔の諸々の積み重ねが今の自分を作り上げている。

孤独というものの正体を、
ずっと見極めることができずにいます。
いつからか、何をきっかけにか、
自分の心が強い孤独感に支配されていることに気付いて、
そのことを解決し得ずに、現在に至ります。

ひとりでいる時間は別に嫌いじゃないし、
ひとりで全く行動できないわけでもない。
むしろ迷惑かけたくなくてひとりで行動することもある。

そして、決して今が不幸というわけではなく、
日常の中で幸せを感じる瞬間はたくさんあることを知っています。

それでも時折、自分がまるっきりひとりぼっちの気がして、
何故か胸騒ぎがしたり、居ても立ってもいられなくなる。

それでは誰かに会いにいくかというと、
誰に会えばいいのか、
誰に会いたいのか、
誰が会ってくれるのか、
咄嗟に思い浮かべることもできず。

この想いを誰かに伝えたいとも思い、
伝えたところで伝わらないとも思い、
それでも伝われと思い、
結局は伝わらないことに気付き、
自分で自分が重くなってしまうのです。

一緒に居て、ほっとする家族がいるから、
毎日を暮らしてゆけるのかもしれません。

SNSのタイムラインを眺めていると、
寂しいという気持ちを抱えている人は
何だかとても多い気がします。

孤独の正体が明らかになれば、
呪縛から解放されるのでしょうか。

ただ慰め合うだけでは、孤独は解決しない。

今日、孤独に負けそうになった誰かが、
せめて明日の朝、きらきらと陽の光を身に纏うことができるようにと、祈ります。

一日の最後に、
少しだけセンチメンタルになってしまった。
特に何かあったわけじゃないんです。
ただ少しだけ、シンクロしてしまっただけ。
posted by はやしすみこ at 00:19| 東京 ☀| Comment(0) | もの想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月04日

【待つことと、待たないこと】

5月の連休になると、よく思い出すことがあります。

子どものころ、近所の大手スーパーの衣料品売り場で迷子になりました。
当時、ハンガーラックの大量の衣類の間をモゾモゾとくぐっていく遊びに夢中になっていた私は、
その日も婦人服売り場で買い物をする母が待ちきれず、
ハンガーラックの衣類の間をくぐって遊んでいました。

ふと我に帰ると、母からはぐれている。「しまった」と思いました。
一気に心細くなって、とりあえず付近を探してみましたが、母はいません。

よくあるパターンでは、そこで大泣きして歩き回り、
お店のスタッフさんに保護され、店内放送・・・ということになるのでしょうが、
少し探して「これは探していても会えない気がする」と思った瞬間、
急に冷静になって、そのまま帰宅してしまいました。

そのとき、私の手には、何かでもらった鯉のぼりのおもちゃが握られていて、
帰宅するまでの心細さをごまかすために、
一生懸命、鯉のぼりを風に泳がせながら帰ったので、
多分、5月の連休の頃だったのだな、という記憶になっているのです。

いきなり帰宅してしまったのは、
家にいれば必ず母も帰ってくるから確実だと思ったからでしたが
(しかしどうやって家の中に入ったのかは覚えていません)、
当時は携帯電話など一切ありませんでしたから、はぐれたときも即座に連絡が取れません。
たまたま、近所に住む親戚が、私が一人でいるのを発見して母に知らせに行き、
大慌てで帰ってきた母には、かなり叱られました。

いつどういうきっかけでそうなったのか、
私はあてもなく待つ、ということがいまだに苦手です。
何を待っているのかだんだんわからなくなり、不安ばかり募るので、
子どもの頃から、無意識に「待たない」という選択をしてきたのだと思います。

それは例えば、大人になっても、
待ち合わせに大幅に相手が遅刻しているような場合、
近所のカフェなどを指定して、
「ここで待っているので到着したら私を探してね」とメッセージを残すことが多いです。

ただ呆然と待っているよりは、どこかに腰を落ち着けて、
仕事のアイデアを練ったり本を読んだりして過ごして自分の時間を使っている方が、
気が紛れるし、待っていることを忘れられるのでイライラもしない。

ただ、「待つよりも、待たない方を選択」しても、
必ず自分を探してもらえる手がかりは残すので、
結局「かまってちゃん」なのかも。
つまり自分本位なのかなと思うこともありますが・・・まあそれはそれとして・・・

今年も5月の連休の時期になって、あの迷子の日のことを思い出します。
陽が少しだけ傾いてきた時間帯のことでした。
ちなみに、迷子になったという記憶は、その1回きりです。

---------

201311_machibito.jpg

待ち人は、来るのか来ないのか。
皆さんの待ち人は、どなたでしょうか。
いつまで、待ちますか。
いつまで、待てますか。

添付画像は、2013年秋に描いたF3号の油彩画「待ち人は有りや無しや」
posted by はやしすみこ at 14:10| 東京 ☀| Comment(0) | もの想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月27日

【自分という存在の営み - 幸せについて】

時々、ああこの人は私が果たせなかった幸せを手にしていていいな、
と思う事があるけれど、
その人が果たせなかった幸せを私は手にしているかもしれないし、
誰にでも果たせなかった幸せと、
頑張って引き寄せた幸せがあるんだと思う。

つい数日前、かなり落ち込むことがあって、
そのことに付随した幸せを手に入れている他の人のことが、
とてもうらやましくなってしまった。

他人をうらやむことで、
相対的に自分は惨めだなと思ってしまう。
それは、ふっと湧き上がる感情なので仕方のない事だけれど、
その結果、自分が苦しくなってしまうのがつらい。
だから、自分の感情をすこし下がって眺めて、静かに考えてみた。

少し話がずれますが、
私はどうやら他人からうらやましがられることが多いようです。

例えば「あなたのような強くて何でも持っている人に、弱い人の気持ちはわからない」と言われた日もあった。
そのときは多分、その人との会話の中で、私が本当に伝えたかった気持ちが上手く伝わらなかったのでそういう結果になったのかな、と今では思えるのですが、当時ひっそりと心療内科に通っていた時期だったので、そう言われたことがけっこうきつく、何も言い返せなかった。

多分、あの時のあの人の感情は、
ここ数日間、他の人をうらやましがってしまった私の感情に似ていたのかもしれません。

私自身は、あれからこんなに元気になって、なんとか暮らしていくことができる。
私は別に強くもないし、何でも持っているわけではないけれど。
別の方向から見ると、ただ弱いわけでもないし、何も持っていないわけでもない。

ある意味、強くて弱いし、ある意味、それなりに手にすることができている。

だから、「こうあるべき」「こうなることが幸せ」というように、
あまり幸せの形を決めすぎないようにして生きていこうと思った。

いつだって、自分の心を呪縛するのは自分自身だし、
自分を解放できるのも自分自身なんだと思います。

昨日、私のお気に入りスポットのひとつでもある
府中市美術館に企画展を観に行きました。
府中市美術館は、「府中の森公園」という
樹々の豊かな大きな公園の敷地の一角にあります。

ここを訪れると、公園の樹々の中を少し散策します。
木漏れ日がきらきらして美しく、
季節柄、空気もとても爽やかでした。

自然の営みが、ただ存在する事で営まれているように。
私も、ただ存在する事で
私自身を営むことができたらいいなと感じたのでした。

20140427-01.jpg
posted by はやしすみこ at 16:56| 東京 ☀| Comment(2) | もの想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

【心には、強さとか、弱さとか、本当は無いのかもしれない】

人間て、心について、弱いとか強いとか、考えるのが好きなのかな。
自分はこんなに弱いのに、あの人は強くていいなとか。
私はあなたみたいに強くないとか。
あなたは強いから、弱い私の気持ちは分からないとか。
こんな自分は弱くて嫌いだとか。
もっと自分は心が強くなりたいとか。

それで、結局最後には悩んでしまったり、
お互いに傷つけ合ってしまったり、
「強い」と「弱い」の、たかだか2つの形容詞のために。

今朝、SNSのTLを眺めていてちょっと気になる「癒しの言葉」があって、それはいわゆる、多くの人が何だか共感してしまうような紛れも無い癒しの言葉なんだろうけど、何かがすごくひっかかってしまった。

人間が「強くなれる」っていったいどういう状態になれることなんだろう。
例えば「頑張れること」が「強くなれること」だとして、
誰だって頑張っているのではないのかな。
それなら、誰もが強いのだろうか。
自分を弱いと思っている人も、実は強いのだろうか。

それで、心の「強さ」とか「弱さ」というのは、ひどく漠然とした概念だなと感じた。

心に強いとか弱いとか、実は無いのかもしれない。
立ち直れる人は、立ち直る自分なりの方法を見つけただけなのかもしれない。
立ち直り方は、その人の置かれた立場とか培われた価値観とか、さまざまな要因によって異なると思うけれど。

だから本当は誰だって、自分の「弱さ」に泣いたり、「強さ」を切望したりして苦しまなくても良いんだと思う。

自分は「弱い」と思い込んで、自分で自分を傷つけないように。
他人が「強い」と思い込んで、大切な誰かを傷つけないように。

いつでも、次の一歩を自分で踏み出せるようになれたらいいと思う。
それは、弱さとか強さとかでなく。
生きているからこその本能のようなものかもしれない。
posted by はやしすみこ at 16:45| 東京 ☀| Comment(0) | もの想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

【感情をすくいあげるということ】

救う、と書いても「すくう」だし
済う、と書いても「すくう」だし
掬う、と書いても「すくう」だし、
それぞれに意味は違うけれど、どの文字を当てはめても、いいのかも。

人間は結構、色々な感情に悩まされている。

感情そのものは、多分、反射神経のようなもので、
熱かったら反射的に手を引っ込めるとか、
小指を角っこにぶつけたら涙が出るとか、
そういうものに似ていると思う。

つまり、感情は放っておいても湧き上がってくるものだから、感情そのものを禁止することはできない。感じるものは感じてしまう。

それでも、嬉しいとか楽しいとかならともかく、悲しいとか悔しいとかつらいとか、そういう痛みを伴う感情は時として持て余してしまうし、どうしたら解消できるのか、解消できない、と悶々とする。

そういうとき自分自身で「大丈夫だよ」ってその感情をそっとすくってあげることができたら、どんなに楽になるだろう。

でも、自分自身で自分の感情をすくってあげることのできない人もいる。
おそらく、そうできない人の方が多いと思う。おそらく、だけど。

私の絵は、自分のホームページにも書いていますが、「光と闇とその間にある静かな時間」を意識しています。

人間は、光がなければ生きてはゆけません。 しかし、光があれば必ず闇があるように、闇を無視して生きることもできませんし、闇の中に居る時も、どこかに光があることを知っています。

私の絵をよりどころにして、少しでも多くの人が、痛みを伴う感情を自分の力ですくうことができたらいいなと思うのです。

痛みを伴う感情、負の感情は、すべての人の中にある。
それを否定する必要はない。
ただ、気づいたら、そっと、すくってあげるだけでいい。

それでいいんだよ、って思えるような絵を1枚でも多く送り出していけるように、私自身も私自身の力で、もっと自分の感情をすくえるようになりたいと思います。
posted by はやしすみこ at 01:01| 東京 ☀| Comment(0) | もの想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

【諦めない、という愛情】

最近なんだか色々真面目な物思いをSNSに投稿することが増えているのですが、SNSでは思いつきで文章を書いているとはいえ、せっかくの自分の思考回路のアーカイブなので、内容を少し補足したものをブログにも反映しておくことにしました。新たに「もの想い」カテゴリを作りましてそちらに入れていきます。

-----------------

世の中には諦める人と諦めない人がいる。
それは、諦めがいいとかわるいとか、飽きっぽいとかしつこいとか、色々な言葉で人様から評価されます。

私も日々「諦める」という行為を何度もしてきました。
その理由というのはなんとも根拠のないもので、「自分なんてどうせできない」とか「自分にはその力が無い」とか、あるいは単純に「面倒くさい」「怖じ気づいている」「恥ずかしい」「失敗したくない」というようなところにあったと思います。

ここのところ、自分の絵の活動を通して、「何事も、諦めないという心が前進を生むんだなあ」と感じることが多くなりました。

「諦めない」という言葉からイメージされることの多くは、「とにかく頑張れ」とか「とにかく努力しろ」ということではないかと思います。つまり「根性の問題」。
私もある時点まではそう思っていました。

しかし、それは単なる誤解なのではないかと最近思うのです。

会社員を辞めてからの3年間、絵の活動の時間は圧倒的に増えました。
フルタイム勤務の時間がほぼ丸ごと絵の活動に塗り変わるので当然の結果です。

絵に関わる時間が圧倒的に増えるということは、その世界の素晴らしい方々に接する機会も圧倒的に増えるということです。
新しい仲間であったり、先輩方であったり、先生とお呼びするような方々だったり。
おそらく、その方々との交流の中で、徐々に私の考え方は変わってきたのでしょう。

今は、「諦めない」というのは、どれだけその物事に執着できるか、どれだけのめり込めるか、しがみつけるか、ということだと思っています。

それは、言い換えれば強烈な愛情ともいえるものです。
どれだけ愛を持てるのかが鍵。

愛は、自分の意志で育てることができるから。
諦めない心も、自分の意志で育てることができると信じます。
posted by はやしすみこ at 10:14| 東京 ☀| Comment(0) | もの想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

【三善晃先生 お別れの会 サントリーホールにて】

現代日本を代表する作曲家、三善晃先生が、昨年10月に他界されました。
三善先生が門下の方々に生前言い残されたという「お別れの会」が、本日、赤坂のサントリーホールで開催されました。
お別れの会には大勢の方が集まられ、2階席には皇后陛下のお姿もありました。

20140130-01.jpg

会の前半では、三善先生の門下の方々とご遺族による、送る言葉、
会の後半では、ピアノ、ヴァイオリン、混声合唱による三善先生の楽曲の演奏会がとり行われました。

私は学生時代、ずっと合唱に親しんできました。
その中でも、精神面で大きな影響を受けた高校時代の合唱部顧問の先生が、三善先生の合唱曲をたびたび選んでいらっしゃいました。

つまり、私の記憶に間違いがなければ、三善晃先生の合唱曲に出逢ったのは高校生の時です。
一般的に言う「不協和音」の連続の曲を歌うのは大変苦労しましたが、歌い込むにつれて、その中に不思議な調和を見いだし始めると、なんだか夢中になってしまったことを覚えています。

大学卒業まで合唱を続け、今はもう、歌う機会も無くなってしまいましたが、女声合唱のための「三つの抒情」は私が指揮者を経験した思い出の曲です。三善先生には一度もお目にかかることはありませんでしたが、ある意味、私にとって、三善先生という作曲家の存在は、大切な青春の1ページです。

今日、演奏会の間ずっと涙が止まらず、鼻をすする音で、お隣に座られた方はご迷惑だったのではと今更思います。大変申し訳ないことをいたしました。

改めて、合唱に夢中になっていた頃を思い返すと、嬉しいことも悲しいことも様々で、それでもやはり歌うこと、ステージで客席との空気を共有する時間は素晴らしかったです。
願わくば、もう一度指揮者としてステージを持てたら、などと考えてしまいましたが、おそらく発声法すらままならなくなった私の声帯では、その願望は遠い夢でしょう。

このブログを読んで下さっている方々の主な年齢層は分かりませんが、もし読者に10代の方がいらっしゃるならば、その多感な時期にできるだけ多くのことを経験していただきたいと思います。
いわゆる思春期という不安定な時期に蓄積した、文化的、精神的な経験は、その後の人生の強固な土台となります。大人になって、その土台に、新しい経験がどんどんアドオンされていきますが、何かの折に、必ず土台に立ち戻ることがあります。そこから、また新しい経験が始まっていきます。

演奏会終了後、ステージ上に掲げられた三善先生のお写真にご挨拶をしてきました。
私は、この世に何を残せるのでしょうか。

今日は、これまでの私の諸々を、噛み締めた一日でした。

三善晃先生のご冥福を心からお祈りいたします。
posted by はやしすみこ at 20:21| 東京 ☁| Comment(2) | もの想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

【しばらくTwitterをお休みします】

タイトルのとおり、しばらくTwitterからのつぶやきをお休みしてみることにしました。
ただ、このブログは新しい日記を投稿した際に日記のタイトルとURLがTwitterに自動投稿されるように設定していますので、Twitter側にはブログの更新履歴だけがツイートされる感じになります。

特に何かトラブルがあったからやめるというのでもないですし、殊更にブログで宣言するほどのことでもないとも思ったのですが、時々私宛にメッセージやリプライをくださる方もいらっしゃるので、お知らせ程度に。

ホームページ、ブログ、Twitter、Facebook、mixiと、情報発信や交流のための様々なサイトがありますよね。

私自身はどのサイトでも、発信する情報の内容は絵描きとしての私といいますか、基本的に同じにしようと思っています。だから、Twitterに投稿したツイートはそのままFacebookのウォールやmixiのボイスに反映されますし、HPを更新すれば必要に応じて他のサイトにもそれぞれのサイトの機能を活用して更新内容を流します。

ただ最近、単純に「いっぱいやってるなー」という状況にちょっと疲れてしまった感じがしていて、一番気軽に投稿できるが故にアクセスしている時間の多かったTwitterを、ちょっとお休みしてみようと思いました。

今後また復活するのかは分かりませんが、当面はHPとこのブログと、Facebookを中心に情報発信を続けるつもりです。
そのようなわけで、こちらの都合で大変申し訳ないのですが、私へのご連絡等がございましたら、お手数ですがHPのお問い合わせページ経由で送信いただくか、メールにていただけますと助かります。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
posted by はやしすみこ at 13:20| 東京 ☁| Comment(0) | もの想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月28日

【スペインの宗教画の修復?騒動で改めて考えました】

ここのところ、スペインの教会に描かれたイエス・キリストのフレスコ画が、アマチュア画家の80代女性により「修復」された結果、オリジナルとは似ても似つかない結果になってしまったというニュースが話題になっていました。

例えばこちら
------

☆スペインで修復「サルのような」キリスト画が人気
http://www.christiantoday.co.jp/article/4978.html

------

私自身は、その宗教画のビフォーアフター画像をインターネットでみてびっくりしましたが、どうやら修復専門家が近日中に再修復を開始するらしいとのことなので、ああ良かった、と思い少しの時間忘れてました。

しかし、ふとしたはずみでそのニュースに関する別の記事を見かけ、オリジナルとは似ても似つかない「修復画」が話題になりすぎて、グッズができる、むしろ気に入ってしまった、元に戻さないで欲しいと約2万人の署名が集まるといった「人気爆発」騒ぎになっているらしいと知り、愕然としました。

例えばこちら
------

☆「世界最悪」の修復キリスト画が大人気、訪問者が急増
http://www.afpbb.com/article/life-culture/culture-arts/2897332/9413856

☆【キリスト画】おばあさんが勝手に修復した教会の壁画が人気爆発 → 「元に戻さないで」と2万人が署名
http://rocketnews24.com/2012/08/27/243484/

------

ありえない。グッズ展開とかありえない。
元に戻さないでとかありえない。

・・・と、ひとしきり憤慨していたのですが、その時ふと家族が漏らした一言に、私は即答出来ませんした。

「このおばあさんは善意でやったらしいし、そもそも、オリジナルそっくりに修復って、何故やらなくちゃならないのか。この事件はどこが悪いのか。」

私が憤慨していたのは、アマチュアが修復した結果が変だったということよりも、その結果をむしろ楽しんでいる人たちがいるということにだったのですが、

修復が何故必要か。
何故オリジナルを大切にするのか。
日頃、絵を描いている私なのに、修復の原点を考えたこともありませんでした。

その時私が家族に答えたのは、「これは宗教画であって教会にとって重要なものだろうから受け継がれてきたわけで、それを教会が予測し得ない形に変えてしまうというのは、善意悪意関係なく、単に器物損壊なのではないか、第一、絵画に対する冒涜である。」という趣旨のこと。

私には修復の仕事をしている知人もいて、修復に関わることでのエピソードを聞いたりする機会もあります。そういえば最近どんな話を聞いたかな…と思い出しながら、色々考えてみました。

【そもそも、修復の役割は】

絵は、それを描いた人がこの世に存在したという証であり、その作品を所有したり愛したりした、様々な人々の想いを受け継ぎます。
しかし、形あるものはいつか朽ちるわけです。
その、朽ちるまでの時間を少しでも引き延ばし、それを受け継ぐ人々の想いに応えるのが修復という作業なのでしょう。
その修復の結果に対して求めるレベルが高ければ、専門知識を持ったプロの登場です。

【そして、全ての美術品が修復されるべきかというと】

つまり修復は「これは大切なものだから破損したら修復しなくちゃ」という想いで選択された美術品に対してのみ行われるので、どんな美術品も修復されるべきということではないと思います。

【修復に完璧というものはあるのか】

これはプロの修復士の方々の価値観も色々伺ってみないとわかりませんが、実際、破れたキャンバスを裏からガムテープ止めして、絵の破損が解消された=修復されたことになっている例もあるようですので、何を以て完璧な修復というべきか課題は多いです。
ただ、人々の想いを台無しにするような修復結果はNGだと私は思います。

【・・・と考えると、スペインの一件は誰が悪いのか】

…と考えていくと、今回のスペインの一件において、修復作業をした女性には修復への心意気があったわけで、そこから始まったということ自体は誰も彼女を責めることはできないかもしれません。

ただ、修復の作業が作業者の熱意(?)だけで行われ、絵の所有者(誰?)の意向が反映されていないようですし、つまり他者の想いを台無しにしているという点でやりすぎたと思います。

誰も彼女を止めなかったのはなぜ。
気づかないようにひっそりと作業が行われたのかしら。
教会側はなぜ止めなかったのかしら。
色々な不幸の積み重ねとしか思えません。

彼女自身が法律上、器物損壊などで罰せられるとか、管理団体が彼女を訴えるとかそういうことが今後あるのかもしれない。
私スペインの法律は知らないけど・・・。

【私が一番イヤなのは】

今回の一件、私は専門家が早く到着して、この不幸な修復(?)結果をまずクリアにしてほしいと思います。彼女の筆が入る前の状態に戻し、その上で改めて修復の必要性を検討し、皆の想いを台無しにしない修復を実現すれば良いと思います。
あるいは、修復しないという選択肢もあるかもしれません。

今回一番イヤだったのは、話題になったこの件に便乗して、グッズ展開をしたり署名をしたりして盛り上がった人々がいたということ。集めた署名にどういう意味があるのでしょう。これは一時のお祭り騒ぎであって、しばらくしたら騒ぎに飽きて忘れられてしまうに違いないのに。

大切なのは、今回不幸(?)に見舞われたこの宗教画に対する、これまでの様々な人々の想いを改めて考えることではないでしょうか。

人間の強い想いは何かを変えるけど、時にただのお騒がせになってしまうことがあるというのは、何ともやるせない気がします。
posted by はやしすみこ at 16:36| 東京 ☀| Comment(1) | もの想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月09日

【磨くということ】

私の知人友人の中にも美しい人はいて、そういう人を、本当に綺麗だなー、と思いつつこっそり眺めてたりするのが好きです。

時々、私もこんな美しく生まれたかったなと思ったり。

人間の価値は外見だけでは決まらないけれど、誤解を恐れず言うならば、私は結局美しいものが大好きなので、美しく生まれた人には美しい外見を持っているという強力なアドバンテージがあると思うし、どんどん磨いていただいて、釘付けにされたいと思います。

しかし、時代ごとに人の外見の美しさの基準は変化するように、美しいというアドバンテージもあやふやなものだったりする。

例えば、多分顔の美しさだって、ほんの1mmだけ鼻の位置が違うだけで差が出てくる訳なので、実際、美醜の本質は身体上の個性なわけです。

だから、

時代が求める美しさを伴った人は時代の波に乗って。残念ながら時代が求めなかった人も、別の波に乗って。

どんどん磨けばいいと、思う。

そして、それぞれに磨き方というものがあって、磨き方は人それぞれ。
自分よりも硬い材質の物で磨けばあっという間に傷がつくでしょう。

磨くためのもの。自分が1番輝く磨きを実現してくれるもの。

美しさ磨きって、そういう「磨きを実現してくれるもの」を探していく過程が醍醐味なのかもしれません。

私もまだまだ磨こう。
オバチャンになってもまだまだ。

今日はもっと美しくなりますように。
posted by はやしすみこ at 10:03| 東京 ☁| Comment(0) | もの想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月17日

【Jishi_ Auction 震災義援金のためのチャリティオークション】

現在、様々な分野で活動中の方々がそれぞれに、被災地支援のためのチャリティ企画を発表、行動開始されています。

私は現在、Twitterで偶然知った以下のチャリティオークションの情報を追っています。
この週末あたりで、参加作家の仮参加申込を受付開始する予定のようです。

【jishin_auction】
http://jishinauction.jimdo.com/
ものをつくるひとにできること

自分の作品が少しでも役立つならと思います。

また、3/14より日本赤十字が義援金の受付を開始しており、こちらにもわずかながら募金させていただきました。

日本赤十字社
http://www.jrc.or.jp/

皆がそれぞれ、自分の状況の中でできることをする。
募金ができなくても、ボランティアができなくても、電気や水を節約するだけでも。

人それぞれに置かれた状況や条件、判断基準は異なるから。
私だってたいしたことはできません。
それでも、何かをしようと考え、実行することに意味があると信じたいと思います。
posted by はやしすみこ at 08:45| 東京 ☀| Comment(0) | もの想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

【今、自分にできることをします】

今回の東北地震について、インターネットやテレビでは様々な情報が飛び交い、その中には正確な情報、不正確な情報、必要な情報、不要な情報、ごちゃごちゃになっています。
私自身は大きな被害を受けなかった地域でしたが、それでもここ数日の生活は混乱しています。

今、自分にできることというのは人によって様々ですし、日が経つにつれて、新しい「できること」が増えてくるかもしれません。

私は今、何をしたらいいのか。
私の置かれた状況、私自身が持っている条件の中で、できること。
項目で挙げていったらきりがないのですが、

☆自分自身をきちんと支え、集団の最小単位としての自分と家族をしっかり守る。
☆必要な支援を必要な時期に行えるよう留意する。今できる支援は募金。
☆生命維持に関わる食品や医療品は必要な物だけを購入するようにし、被災地への物資提供の優先と、本当に必要な時に物を入手する手段がないという事態を避ける(各地でスーパーやコンビニの食品棚が空っぽになっています)
☆節電にこころがける。使い捨てカイロや衣類の重ね着で少しでも暖かくする。
☆計画停電に際しては、情報をまめに入手して生活サイクルを調整することと、停電時間には事前にコンセントを抜きブレーカーを落とすなど電力復旧時の事故を予防する
☆火災を起こさないために、火の使用は必要最小限にする

他にも色々あるはずですが・・・

あとは、私にとって一番こころを落ち着かせるのは絵を描くことかもしれません。
何かに集中するということが、怯えている時間を少しでも削ってくれます。
アーティストによるチャリティオークションその他の企画もちらほらと立ち上がりつつあります。こちらもできる限り協力できたらと思います。

集団の中の一個人としてできること。
絵描きとして作品を媒介してできること。

この2つの観点で、私は自分の行動を考えて行きたいと思います。
人道的な観点と、私自身のアイデンティティの観点です。

もちろん、私の状況下でできることです。
状況が違えばできることも考え方も異なります。
他の方々は、その方々なりのできることがあるはずと思います。
考えて、判断して、行動したいです。

これから、今日しなければならないことをします。
posted by はやしすみこ at 11:53| 東京 ☁| Comment(0) | もの想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする