2007年10月10日

【セカンドライフ − もの作り技術メモ - multiple objects】

昨日、セカンドライフで初めての3D作品を作ってみましたが、その時に若干「はまってしまった」ことについてメモを残しておきたいと思います。

オブジェクトの作成可能なエリアである「サンドボックス」では、放置されたオブジェクトは定期的にお掃除(削除)されてしまいます。したがって、オブジェクトの作成中に離席するなど作業を中断するときには、作りかけのオブジェクトのパイメニュー(円形のメニュー)を開いて「Take」を選択し、自分のインベントリ(持ち物)の中に取り込んで保存しておくのが無難です(というよりそれがマナーでしょうか・・・)。
Takeしたオブジェクトは通常、インベントリの「Objects」というフォルダに格納されます。

昨日の作業中、何回目かのTakeのときに、取り込んだオブジェクトのアイコンがいつもと違っていることに気づきました。
通常のオブジェクトのアイコンは単純な立方体なのですが、アイコンがルービックキューブをくずしたようなものに変わっていました。

セカンドライフ-multipleobjectsアイコン

とりあえずその瞬間は「なんだろう?」位にしか思っていなかったのですが、作業に戻って、だいぶ王冠の形が出来上がってきていたので、かぶったときのバランスを見たくてアバターに装着させようとしました。そうしたらエラーメッセージが。

(和訳)
「マルチプルオブジェクト(multiple objects)はひとつのポイントに対して装着できません。」

・・・・

マルチプルオブジェクトって何?
立方体のアイコンと崩れたキューブのアイコンて何が違うの?
せっかく作った王冠、かぶれないの?

というわけでネットをあれこれ検索してみました。multiple objectsについての情報はほとんどなかったのですが、以下のようなことがわかりました。

◆multiple objectsとは、マウスのドラッグによる範囲選択(または目的のオブジェクトをすべてShift+マウスクリック)で、複数のオブジェクト(プリムなど)が同時に選択された状態のオブジェクト群を指す
◆オブジェクトをアバターに装着させた状態で、同じ装着ポイントに対してオブジェクトを追加することはできない。つまり、アバターに装着させたオブジェクトをmultiple objectsの状態に移行することはできない
◆上記の仕様により、multiple objectsをアバターに装着させることはできない
◆multiple objectsは、地面に置くことができる。
◆multiple objectsを「リンク」させることで、ひとつのオブジェクトとして認識されるようになり、アバターに装着させることができる。

つまり、ほとんどのオブジェクトは複数のプリムが組み立てられて出来上がっていますので、完成させる時にはすべてのプリムをきちんと「リンク」状態にしないといけないということですね。

ちなみに、マウスドラッグで自分の作成中のオブジェクトを選択するとき、背景の建物まで一緒に選択されてしまうことがあります。そのときは、セカンドライフのメニューから「ツール」-「自分のオブジェクトのみ選択」をチェックすれば大丈夫です。
posted by はやしすみこ at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Webに関するあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック