2019年12月04日

【陽光とメンタル】

日照時間の短い季節だけうつ状態になる季節性の症状があると聞きます。
私は、うつの治療経験者なのですが、当時、特に季節による違いは感じていませんでした。

しかし、ふと最近気付きました。
ここのところ殊更体調が優れないのですが、実は陽光との関わりなのではと。

自宅マンションが外壁修復工事のため、少し前に建物の周囲に足場が組まれました。大したことないと思っていたものの、実際に足場が組まれてみると、朝起きた時に外の天気が晴れでもわからないくらい、部屋が暗くなりました。

気のせいかもしれませんが、ただでさえ季節の変わり目で体調を崩しやすいところへ来て、こんなにも調子が整わないのはもしや部屋が常に暗いせいなのではと。
あと、ここしばらく雨の強い日も続きましたし。

気にし始めるときりがないのですが、外壁工事は年越しをするそうなので、これからは努めて日光浴をすべく外へ出ようと思います。

これは外壁工事とは関係なく、通っている武蔵野美術大学の12号館地下フロアからの大好きな眺めです。ピラミッドのようなガラスを通して、空が見えるのです。

584FD4F8-8945-455D-9A6B-4304FE53F1F5.jpg
posted by はやしすみこ at 22:59| 東京 ☀| Comment(0) | 日々の徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。