2019年03月06日

【美大受験のことを思い出す】

大学で、F15号木枠を無料配布しますという掲示がでて、10枚分もらってきました。

新品の配布ではなく、2月に終わった入試の時の実技試験に使われたキャンバス木枠です。
在校生が持ち帰って、それでも残ってしまった場合は廃棄だそうです。

FF24ABBB-A45F-47A0-9F4F-848226A9DB2A.jpg

絵の部分を綺麗に切り取られて、枠だけになったキャンバス。

木枠の裏には、名前票を剥がした跡や、作品の天地を指定する矢印が書き込まれた跡が残っています。

私の美大受験は結局3浪だったので、色々な思い出というか、まだ「記憶」としか呼べない感じなのですが、あります。

この木枠たちのうちどの作品を描いた子が春から入学してくるんだろう?
と、脇にはみ出した絵の具などを眺めながらしみじみ。

F15号は課題でもよく使うサイズなので、木枠のストックが増えるのは学費が助かりますが、

色々な思いがかけめぐりながらの帰宅でした。
posted by はやしすみこ at 11:07| 東京 ☁| Comment(0) | 美大の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。