2018年01月14日

【アトリエ清水1月展、終わりました】

今日(1/13)で、千代田区いきいきプラザで開催されていた「アトリエ清水1月展」が会期終了となり、搬出してきました。
会期中お越しくださった方々ありがとうございました。

アトリエ清水、というのは、先日の投稿にも書きましたとおり、20年ほど前に、私の描いたイラストを初めてギャラリーに展示させてくださった、当時ギャラリーオーナーだった清水喬彦さん、エミコさんご夫妻のアトリエです。

そのアトリエの絵画教室の生徒さんや、清水さんご夫妻にゆかりのある人たちを集めて開催したのが今回の展覧会でした。

アトリエ清水1月展会場風景


私が在廊したのは1/12の前半の受付当番だけでしたが、嬉しいことがありました。
ふらりとギャラリーに入っていらしたご婦人が、私の絵の前でぴたりと止まり、じっと見つめていました。

私の油彩画3点のコーナー


受付からその様子を眺めていて「あ、あの絵を気にしてくださっている」と思っていたのですが、

「花ひらく思惟」2015年制作


会場を一巡してまたその絵の前で立ち止まりじっと見つめ、
お帰りになるときももう一度その絵の前に戻られてじっと見つめ、
ちょっと名残惜しそう(に見えたのは私の願望ですが)なご様子でギャラリーを出て行かれました。

こんな風に、絵の前に立ち止まってくださる、何か心惹かれてくださる。
私は受付当番なのでカウンターに座ったままじっと黙っていましたが、
とても嬉しく、心の中で「ありがとうございます」と思いました。

皆が「素敵ね」と褒めてくれるのに、
ご縁がなかなか巡ってこない絵たちが自宅に眠っています。
展覧会のたびに新作を揃えるのも作家としての心意気かとは思いますが、
場所を変えて過去作を展示し、いずれご縁が巡ってくると信じていようと思います。

さて、次の展示参加は2/12〜、バレンタイン週間恒例の「線と展」です。
開催の詳細につきましては、また後日。
posted by はやしすみこ at 01:37| 東京 ☀| 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする