2017年06月25日

【鉛筆画個展 @点滴堂 の前半が終了しました】

6/21(水)から開催しております、個展「前略、あの日の居場所」@点滴堂。
本日6/25(日)で、あっという間に前半が終了いたしました。

点滴堂は、月曜、火曜が連続して定休日ですのでご注意くださいね。
後半は6/28(水)〜7/2(日)となります。営業時間は12:30〜21:00ですので、お仕事帰りでもお疲れでなければぜひお寄りください。

再び、展示風景を少し。

20170625_02.jpg 20170625_01.jpg

前半は毎日数時間ずつ在廊しておりましたが、その間、お客様はゆるゆるとしたペースでいらしてくださっていて、ようやくお会いできた方、初めましての方、久しぶりにゆっくりお話しできた方もいらっしゃいました。

在廊していない時間帯にいらしてくださったお客様とは、お話しすることができず申し訳ありませんでしたが、またいずれご縁がありましたらお目にかかりたいと思います。

お会いできた方も、お会いできなかった方も、お寄りくださいましてありがとうございました。
少しでも展示をお楽しみいただけていたら嬉しいです。

在廊時に、あるお客様と「1枚の絵を描くときの描き手の想いや意図と、展示されたその絵を見た人が感じたこととの間にギャップがある」場合について少しお話ししました。

私自身は、私の絵を見て何を感じてくださっても構わないと思っています。
絵を描くときには、自分なりの想いや意図はもちろんあります。
しかし、それは私自身にとって大切なことであり、それ以上でもそれ以下でもなくて良いのでは、と考えることが増えました。

例えば、同じ場所でも、ひとそれぞれにその場所にまつわる思い出は違っているように、
私が形にしたものをきっかけに、ひとそれぞれが何を想起するか、違っている方が自然なのではと。

作家とお客様の間にシンパシーが生まれてくれればとても嬉しいのですが、
絵の見方はそれだけでなくてもいいのではないでしょうか。

ご質問にはお答えいたしますが、その答えが実際に感じたこととは違っていても、そこから新たにイメージが広がる可能性もあります。

さて、後半は、水曜日、木曜日、土曜日の3日間在廊できる予定です。
在廊時間はまたその日によって変わると思いますので、Twitterなどで随時お知らせしていきたいと思います。(Twitterアカウント:@idealisland)

【再度、開催概要のご案内】-----

★少女だった頃の私に、今の私はどんなメッセージを送ることができるのだろうか。2年前の点滴堂企画展「少女への手紙」出品をきっかけに温め続けた想いを、鉛筆画小作品に託した展覧会です。

はやしすみこ個展「前略、あの日の居場所」
会期:2017年6月21日(水)〜7月2日(日) ※月火定休日
時間:12:30〜21:00
場所:古本カフェ&ギャラリー「点滴堂」 http://tentekido.info/
住所:東京都武蔵野市中町1-10-3-2F
アクセス:JR中央線/東京メトロ 三鷹駅北口から徒歩5分くらい

-----------------------------------

ラベル:点滴堂
posted by はやしすみこ at 23:42| 東京 ☀| 第10回個展「前略、あの日の居場所」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする