2017年06月22日

【個展@点滴堂、始まりました】

個展「前略、あの日の居場所」が、本日6/21(水)、三鷹の点滴堂さんで始まりました。

20170621_01.jpg

私はかなり強力な晴れ女のはずなのですが、今回はすさまじい豪雨での幕開けでした;;
ただ、夕方には雨も弱まり、おかげさまで「そろそろお仕事帰りかな?」という時間帯には次々にお客様がいらっしゃいました。

ずっとSNSではやりとりしていたのに、毎回すれ違いでなかなかお会いできなかった方。
多分、何十年という感じでお会いしていなかった方。
いつも私を見守ってくださる現代童画会の先生方や関係者の方。
点滴堂のおなじみのお客様。

じっくりとご覧いただきましてありがとうございました。

今回の個展の出品作について簡単にご案内いたします。
鉛筆画小作品20点を出品しております。

展示スペース、こんな感じに仕上がっております。

20170621_02.jpg

展示スペースの最初の壁は、2015年の企画展「少女への手紙」「少女からの手紙」に出品した絵、計3点を、当時のままの額装でかざりました。多分、覚えてくださっている方には懐かしい壁です。

20170621_03.jpg

一番広い3m長の壁には、今回の個展のために準備した新作を10点。
今回のテーマは、企画展「少女への手紙」の私的な続編なので、各作品のキャプションには、当時の私に宛てて綴ったミニポエムを添えています。併せてお楽しみください。

最後の壁は、主に昨年描いたポストカードサイズの作品で、少女のポートレート的な内容のものを7点。このポストカードサイズの作品だけは、お買い上げの際には即日お持ち帰りOKといたしました。※ お持ち帰り用の手提げ袋ご用意あります

そして物販は、いつものようにポストカードのほか、
入稿ぎりぎりでなんとか搬入に間に合いました、ミニ画集。

20170621_04.jpg

ミニ画集には、今回の新作10点+αで全14点を収録した鉛筆画の自主制作作品集です。
A6サイズの小ささなので恐縮ですが、予算などの都合もありまして価格を1冊680円で設定しております。ただ、初めて自分で作ってみた作品集としてはなかなか良い感じに仕上がったのではと思います。ぜひお手にとってみてください。

会期は2週間(7/2まで、月火定休日)で、私の在廊スケジュールは日によってまちまちです。
在廊の都度Twitterなどでお知らせしていきますので、私のTwitter (@idealisland) を適時ご覧いただければと思います。

芳名帳は今回も「芳名箱」形式にいたしました。
最後の壁のテーブルに一筆箋と筆記用具を置きましたので、ご感想やお名前ご連絡先などご自由にご記入の上、箱の中にお入れください。

20170621_05.jpg

明日以降も、少しずつ実況報告させていただきます。
ぜひ、たくさんのお客様のご来場をお待ちしております。
ラベル:点滴堂
posted by はやしすみこ at 00:04| 東京 ☁| 第10回個展「前略、あの日の居場所」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする