2017年02月13日

【ドラードギャラリー「記念祝賀展」始まりました、会期2/17まで】

ドラードギャラリーの「記念祝賀展」が、2/12(日)より開催となりました。
昨年末、同ギャラリーでの「創作表現者展」にて各賞を受賞した作家から11名が出品する企画展です。

私の出品した油彩画新作2点も、こんな感じに飾っていただけました。

ドラードギャラリー記念祝賀展


今日は夕方から別の搬入を控えていたので慌ただしくなってしまいましたが、ひとまず初日、皆さんの作品をひととおり拝見することができました。どの作品も細部までこだわって描かれていて、楽しく拝見しました。

細部へのこだわりというのは、その作家が持っているそれぞれのリアリティの表出のように感じます。単純に緻密かどうかという問題とも少し違っていて、いわゆるユルい作品にもデフォルメのきつい作品にもやはりリアリティはあります。
作風云々というよりは、それぞれの作家のリアリティに対する観察の姿勢云々という感じでしょうか。

私の師匠がよく「絵に怨念を込めろ」と言います。
決して不吉な感情を込めろということではなく、描くという行為に強く心を注ぎ込めという意味です。

そういう意味では、私はいつもそのように絵と向き合うことができているのか、時々わからなくなってしまうのですが、今回の出品作2点が今後の私の方向性の新たな出発点になればいいなと思っています。

ドラードギャラリー「ドラード記念祝賀展」は2/17(金)まで開催。
12:00〜20:00、最終日は18:00終了、2/15(水)は定休日です。

ドラードギャラリー 新宿区早稲田鶴巻町517
東京メトロ(地下鉄)東西線 早稲田駅から早稲田大学方向へ徒歩数分
posted by はやしすみこ at 00:21| 東京 ☀| 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする