2014年05月08日

【シンクロする孤独】

20140507-01.jpg

SNSのタイムラインを眺めていると、
ふっと昔を思い出すような投稿が流れてくることがあります。
昔を振り返ったところで、それがどうなるものでもないし、
かといって、昔の諸々の積み重ねが今の自分を作り上げている。

孤独というものの正体を、
ずっと見極めることができずにいます。
いつからか、何をきっかけにか、
自分の心が強い孤独感に支配されていることに気付いて、
そのことを解決し得ずに、現在に至ります。

ひとりでいる時間は別に嫌いじゃないし、
ひとりで全く行動できないわけでもない。
むしろ迷惑かけたくなくてひとりで行動することもある。

そして、決して今が不幸というわけではなく、
日常の中で幸せを感じる瞬間はたくさんあることを知っています。

それでも時折、自分がまるっきりひとりぼっちの気がして、
何故か胸騒ぎがしたり、居ても立ってもいられなくなる。

それでは誰かに会いにいくかというと、
誰に会えばいいのか、
誰に会いたいのか、
誰が会ってくれるのか、
咄嗟に思い浮かべることもできず。

この想いを誰かに伝えたいとも思い、
伝えたところで伝わらないとも思い、
それでも伝われと思い、
結局は伝わらないことに気付き、
自分で自分が重くなってしまうのです。

一緒に居て、ほっとする家族がいるから、
毎日を暮らしてゆけるのかもしれません。

SNSのタイムラインを眺めていると、
寂しいという気持ちを抱えている人は
何だかとても多い気がします。

孤独の正体が明らかになれば、
呪縛から解放されるのでしょうか。

ただ慰め合うだけでは、孤独は解決しない。

今日、孤独に負けそうになった誰かが、
せめて明日の朝、きらきらと陽の光を身に纏うことができるようにと、祈ります。

一日の最後に、
少しだけセンチメンタルになってしまった。
特に何かあったわけじゃないんです。
ただ少しだけ、シンクロしてしまっただけ。
posted by はやしすみこ at 00:19| 東京 ☀| Comment(0) | もの想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。