2014年02月02日

【諦めない、という愛情】

最近なんだか色々真面目な物思いをSNSに投稿することが増えているのですが、SNSでは思いつきで文章を書いているとはいえ、せっかくの自分の思考回路のアーカイブなので、内容を少し補足したものをブログにも反映しておくことにしました。新たに「もの想い」カテゴリを作りましてそちらに入れていきます。

-----------------

世の中には諦める人と諦めない人がいる。
それは、諦めがいいとかわるいとか、飽きっぽいとかしつこいとか、色々な言葉で人様から評価されます。

私も日々「諦める」という行為を何度もしてきました。
その理由というのはなんとも根拠のないもので、「自分なんてどうせできない」とか「自分にはその力が無い」とか、あるいは単純に「面倒くさい」「怖じ気づいている」「恥ずかしい」「失敗したくない」というようなところにあったと思います。

ここのところ、自分の絵の活動を通して、「何事も、諦めないという心が前進を生むんだなあ」と感じることが多くなりました。

「諦めない」という言葉からイメージされることの多くは、「とにかく頑張れ」とか「とにかく努力しろ」ということではないかと思います。つまり「根性の問題」。
私もある時点まではそう思っていました。

しかし、それは単なる誤解なのではないかと最近思うのです。

会社員を辞めてからの3年間、絵の活動の時間は圧倒的に増えました。
フルタイム勤務の時間がほぼ丸ごと絵の活動に塗り変わるので当然の結果です。

絵に関わる時間が圧倒的に増えるということは、その世界の素晴らしい方々に接する機会も圧倒的に増えるということです。
新しい仲間であったり、先輩方であったり、先生とお呼びするような方々だったり。
おそらく、その方々との交流の中で、徐々に私の考え方は変わってきたのでしょう。

今は、「諦めない」というのは、どれだけその物事に執着できるか、どれだけのめり込めるか、しがみつけるか、ということだと思っています。

それは、言い換えれば強烈な愛情ともいえるものです。
どれだけ愛を持てるのかが鍵。

愛は、自分の意志で育てることができるから。
諦めない心も、自分の意志で育てることができると信じます。
posted by はやしすみこ at 10:14| 東京 ☀| Comment(0) | もの想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。