2011年02月17日

【ビリケンギャラリー セーラー服コンプレックス展 行ってきました】

少し前に私自身のTwitterタイムラインにたびたび踊った「セーラー服」の文字。
私がフォローしている方々が、ビリケンギャラリーで現在開催中の「セーラー服コンプレックス」展に出品されているためです。

セーラー服。
私はセーラー服が制服だったことがなく、セーラー服というものに永遠の憧れを抱きながら大人になりました。

セーラー服の何が憧れを誘うのだろう?
いくら考えても明確な答えが浮かばないのですが・・・
思春期の私は「風になびく」何かへの憧れが強かったように思います。

セーラーカラーもスカーフも。
やはり、セーラー服といえば髪型は三つ編みが古典的かもしれませんが、
風になびく直毛のロングヘアだったりするともうたまりません。(妄想)

当時「風の精霊に会いたい」などと言って、来る日も来る日も見晴らしの良い近所のマンションの屋上に忍び込んでは風の流れを追いかけ続けていた、ある意味「痛い子」(当時は「根暗」と言われていましたが)だった私にとって、風とセットで妄想できるものに対して特別な想いがあったのかもしれません。

いくら考えても答えの出ない、思春期の私のことはさておき。

そんなセーラー服への憧れをかきたてる展覧会に、ようやくお邪魔することができました。さまざまなセーラー服少女たちが迎えてくれました。
皆、可憐だけの乙女ではなく、なんと言ったら良いのか自我の存在感。
気分は一気に自分の少女時代にトリップし、
ただ、懐かしがるというよりは、感情の揺れ幅の大きさをいつも持て余していた当時の自分の感性が、今の自分の源流にあることを想いつつ。

やっぱりセーラー服良いわ〜・・・・(妄想)

さて、この「セーラー服コンプレックス」展、まだまだ新しい作品が加わったり、既に展示されている作品に仕掛けが加わったりと、何やら連日展示が進化しているようです。
私はもう、会期中伺えるかどうかわからないのですが、ご興味のある方はぜひWebサイトをチェックしてみてください。

------------

【ビリケン商會】
http://www.billiken-shokai.co.jp/

【ビリケンギャラリー】
http://www.billiken-shokai.co.jp/billiken_files/gallery/gallery_index_flame.html

------------

最後になりましたが、ビリケンギャラリーでお買い物しました。
古いブローチで、昭和30年代のお品とのことです。
それほどお値段は高くなかったので、石はイミテーションだと思いますが、もうすこしお店の方にお話伺ってくればよかった。

20110217-01.jpg

石の回りの植物モチーフの細工にも惹かれたのですが、
実は私、石のカットはこういうシンプルなスクエアのタイプが一番好きです。
子供の頃は、一般的なダイヤモンドのカットよりも、こういうタイプの宝石を身につけている方が大人の女性だ、というイメージを強く持っていました。

さて、今日は私の方のグループ展が4日目。
何だか一日どんよりとしたお天気になりそうですが、今日もまた15:00ギャラリー入り予定でお客様をお待ちしたいと思います。
posted by はやしすみこ at 07:49| 東京 ☀| Comment(0) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。