2010年02月15日

【iPhoneは、携帯できる電話とは別のもの】

iPhoneのオーナーになって2週間ほど。
最初のうちは、まだまだアプリを探したり、Twitterに夢中になったり、つみネコの世界ランキングに挑んだり。
ぽちぽちとiPhoneからブログをアップしたり。

・・・後回しになっていたこと。
MacBook Proの中の、iTunesの音楽データを移行させること。
それで、先週末のことですが、ようやくiTunesに繋いでみました。

iPhoneをMacにつないで、iTunesを起動する。
デバイスとしてiPhoneが認識されて、まずはiTunesにiPhoneを登録する処理です。

利用規約に同意の上、iTunesのアカウントでサインインします。
ユーザー情報の確認画面で、自分の情報を確認して、送信。
iPhoneが登録されます。

ここでMobileMeの体験のおすすめとか表示されるのですが、今回はひとまず後で試すことにして、先に行きました。

最後に、iPhoneの名前と、Mac本体との間のデータ同期について選択し、終了。
すぐに、iPhone内のデータをMac本体にインポート・同期する処理が始まりました。
「○○を同期しますか?」などと聞かれるのですが、最初はなんとなく勝手が分からず、ひとまず全部OKで先に進みました。

そうか、iPhoneOSのアップデートは、iTunesから行うんですね。やってみます。
iPhone本体のアップデートが開始されたようです。
プログレスバーの動きが結構重い。ちょっと時間がかかりましたが、インストールが終わると同時に、再度同期処理が走りました。

最初にiPhoneの同期処理が走ったとき、私が思った事。

「iPhoneの同期って、連絡先、スケジュール、メモのデータバックアップなのかー。・・・メモって、Mac本体のどこに入るのかな?」

…こんな程度に考えていたのですが、同期処理が終わったのでiPhoneを取り外し、その後iPhoneのSafariを起動してびっくり。

MacのSafariの「お気に入り」が、ゴッソリ移行されてる!
Mailのアドレス帳に登録していた連絡先もゴッソリ!

それで、ようやく「同期」という言葉の意味を噛み締めました。
iPhoneデータのバックアップなんてものじゃなくて、iTunesに繋がるデバイスは、iTunesをハブにして、それぞれが分身みたいになるのが基本なんだ。

…なんてことを、iPhone持ってから思うようじゃ、ダメなのかな?

今までは、携帯の電話帳には携帯から連絡する人のデータさえあれば用が足りるし、パソコンからは携帯宛てになんて滅多にメールしないから、PCのメールアドレスさえ入っていれば良かったので、意識的に使い分けのようになっていました。

でも。
基本、自分のデータのかたまりはひとつ。
だから、そっくり持ち歩けば良いじゃん、的な。
そういう考え方なのか。

iPhoneは、携帯する電話、という価値観とは別(というか、その先)のところに存在するモノなんだな、と妙に実感を新たにした瞬間でした。

そんなこんなで、自分のiPhoneが色々なデータのつまったデバイスになって、最初の画面のロック解除のパスワード、速攻で設定しました。
大切なデータがたくさん詰まった、言ってみれば自分の日々の活動を映すiPhone。

万が一にも紛失することなんてできないなと思ったのでした。


posted by はやしすみこ at 08:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Macintoshを真面目に使ってみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。