2009年08月30日

【出血大サービス・・・】

先日、お仕事の昼休憩からの帰り道にあるスーパーの前を通ると、「もうやけくそ!○○が○○円!」というPOPが目に入りました。
かなりインパクトが強かったので、ずっと頭からそのフレーズが離れずに思考回路が廻るうち、

出血大サービス

という文字が浮かびました。

・・・そいういえば、どうして大サービスが出血なのかしら。

とりあえずネット上を検索してみると、おおよそ「赤字覚悟の大サービスの意味。赤という色から血を連想するため、そのような表現になった。」ということが書かれています。

ついでなので、国語辞典も調べてみます。

(1)血管が切れたために血が血管の外に出ること。
(2)人の犠牲をはらうこと。(ー作戦)
(3)採算の上で犠牲をはらうこと。また、原価以下で商品を売ること。(ー受注・ー大サービス)
参考:三省堂国語辞典第4版

・・・出血大サービスの語源までは出ていませんでした。

ここでふと疑問に思った点。

◆いくらお店が赤字覚悟で大サービスしたとしても、そもそも利益がでないとお店の経営は成り立ちません。
この瞬間は赤字が出ても、後々その赤字を帳消しにするだけのメリットがある、と確信するからこその大サービスでなければ、お店はつぶれてしまいます。

◆赤から連想されるものは他にもあるのに、なぜ「出血」が選ばれたのかしら。別に、「炎の大サービス」などでもいいような気がする。

・・・とすると、日本人にとっては、「出血」するということは、それを上回るメリットと結びついてるのでは?というところに思考が移行していきます。

ためしに、「赤字覚悟の大サービス」をもう一度、言い換えてみました。

「出血覚悟の懸命なるご奉仕。」

かなり無理矢理言い換えた感はありますが、・・・これ、武士ですよね。

そういえば、日本史を思い出してみると「一所懸命」(= 一生懸命)などという言葉が思い当たります。

主人のためには命を懸け、戦が始まればすぐに馳せ参じる。
戦に勝てば、主人から褒美として土地を賜り、武士はその土地に住み、作物を育て、民を増やし、繁栄してゆく。

戦で死ぬ(命を懸ける)、ということは、当時は刀で斬られるわけですから出血します。
出血を覚悟で仕えることで、土地という大きなメリットを得るわけです。

つまり、出血大サービスというのは、武士の心意気なのか。

ここでふと冷静に戻りました。
壮大な話になりすぎています。
あくまでも私の想像の域を出ていませんし。

本当のところどうなのか、結局結論の出ないまま・・・


ちなみに、「もうやけくそ!」だった大安売りは、仕事帰りにもう一度そのスーパーの前を通ったときには、やけくそ分の大安売りの在庫がはけてしまったらしく、こんどは「本日の大サービス!○○が○○円!」というPOPになり、値段も100円アップしていました。
・・・まさに、時間との勝負だったようです。

小ネタのつもりがこんなに引っ張ってしまい、すみませんすみません。
posted by はやしすみこ at 00:03| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 小ネタですみませんすみません | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
3ヶ月も前の記事へのコメントですみません。
(・・;) 出血サービスは、日本の起源でなく、
中国語から来ているみたいですよ。チャウ・シンチーの映画で、香港の街頭で安売りをしている後ろに「大出血!」という立て札があったのを覚えています。それで中国語の辞書を見ますと、「出血」には「大安売り」(方言由来)の意味が…。やはり方言由来の「自腹を切る、代償を支払う」からきているみたいです。血で表現はやはり大陸っぽい発想ですよね。
Posted by iced tea at 2009年11月08日 07:08
iced teaさま

コメントありがとうございます。出血サービス、中国語にその表現があるのですか、初めて知りました。
いつ頃からあった言葉なのでしょうか、日本は古来より中国文化の影響を色濃く受け継いだ歴史がありますから、言葉の表現などの感覚がよくわかるのかもしれませんね。
興味深いです。
Posted by はやしすみこ at 2009年11月14日 18:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126782111

この記事へのトラックバック