2019年12月12日

【3年生への進級を控えて】

大学生になって、早くも2年生が終わろうとしています。
油絵学科では、2年生最後の課題として、進級制作があります。

サイズ制限はありますが、テーマも手法も自由で、各自作品を制作します。

武蔵美の油絵学科は油絵専攻と版画専攻があって、両専攻合同で、制作した作品が学内で公開される進級制作展が開催されます。

進級制作展は今週火曜日に始まり、明日終了です。

月曜日には、油絵学科の教員による合同講評会が開催され、各教員の個人賞が決まりました。

昨年の進級制作展を見た時に、恥じるような作品は残すまいと思いました。
もう美大生活も折り返し地点なのです。
あと2年で何かをはっきり掴めるのかどうか。

私の進級制作の評価は、ざっくりまとめると、悪くはないが魅力に欠けるというものだったようです。魅力に欠ける。作家としてはおそらく致命的な評価です。

今後への課題は沢山あります。
ただ、今回久しぶりに自分自身が自由になれていた気がするので、進級制作に悔いはありません。

来年度も描き続けます。

進級制作 タイトル「The Empty Garden」
油彩 P50号

F63B46B9-99B7-4135-A055-4538E8F75278.jpg
posted by はやしすみこ at 18:49| 東京 ☀| Comment(0) | 美大の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする