2018年01月08日

【初めての体験 - 緊縛クロッキー会】

昨年の春頃、Facebookで緊縛クロッキー会なるものを知り、いつか描いてみたいと思っていましたが、今回ようやく有末剛氏のクロッキー会に参加することができました。

緊縛クロッキー会というのは、文字通り縄で縛られた状態のモデルさんを描くクロッキー会です。
1ポーズは15分で、2人のモデルさんが交代で計6パターンの緊縛ポーズをとってくださいました。

私自身、緊縛については「縄で縛られる」ということ以外ほとんど知らないくらいの勢いで、どちらかというと緊縛とは荒っぽいもののような印象を持っていました。

なのに、実際に参加してみると、思ってたのと違う。。。。
何というか、柔らかく優美な所作でモデルさんが静かにするすると縛られていくうちに、少しずつ人の造形美が現れていく感じがすごかったです。
どちらのモデルさんもまっすぐな美しい長い黒髪で、その髪の流れや乱れなども見逃せないポイントでした。

6ポーズいずれも楽しく描かせていただいたのですが、
その中でも自分で気に入っている2枚。

20180108_03.jpg

20180108_04.jpg

ポーズ終了後は、モデルさんも一緒に皆でお互いの作品を見て感想を述べあったり、講評していただいたり。参加者の方々には絵画やイラストのプロの方もいらっしゃって、それぞれに素敵な作品を拝見できて眼福でした。

私自身が自分の教室で一時期人物クロッキーを教えていましたが(今は人物画のみのレッスンはお休み中)たことがあるのですが、教えるための勉強として、人間の骨格や筋肉のつき方などを図鑑等で調べていくうちに、人間の身体って本当に複雑な形をしていて、皆体格も肉付きもきちんと意味があり、脂肪のつき方、皮膚の張りなども含めてひとりずつに様々な個性があり、ある意味奇妙な造形美があるんだなと感じるようになりました。

もう何年も前にクロッキーを始めた頃は、人体が上手に描けるようになるためのトレーニングだと思って取り組んでいましたが、最近では人体の造形美をいかにして描き出すか、絵としてどのように仕上げていきたいかというところに興味が移ってきているので、線の緩急やタッチの工夫、画材の使い分けなど、まだまだ経験値を上げていきたいです。

有末剛氏HP
https://arisuego.jimdo.com/
posted by はやしすみこ at 11:25| 東京 ☀| 人物クロッキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【展覧会のお知らせ - アトリエ清水1月展】

展覧会の初日を迎えてからの告知で恐縮です。
1月7日(日)より、麹町の「千代田区いきいきプラザ」でアトリエ清水1月展が会期開始となり、そちらに油彩画3点を出品しております。

20180108_01.jpg

【アトリエ清水1月展】
会期:2018年1月7日(日)〜13日(土)
時間:11:00〜19:00 最終日18:00終了
場所:千代田区いきいきプラザ区民ギャラリー
住所:東京都千代田区一番町12
交通:地下鉄半蔵門駅、麹町駅から徒歩5分、JR/都営新宿線市ヶ谷駅から徒歩13分

今回出品の3点は、F6号の新作と、サムホールサイズの過去作2点。

こちらはF6号の新作で、油彩だけでなくアルキド樹脂絵具(アキーラ)との混合です。

20180108_02.jpg
-「夢みるS」油彩、アルキド樹脂絵具/キャンバス F6号 -

ところで「アトリエ清水」というのは、20年ほど前に、私の描いたイラストを初めてギャラリーに展示させてくださった、当時ギャラリーオーナーだった清水喬彦さん、エミコさんご夫妻のアトリエで、それぞれお弟子さんがいらっしゃいます。

私はアトリエ清水の生徒ではありませんが、ギャラリー時代のご縁で今回、展示に混ざりませんか?とお誘いをいただき、久しぶりに清水さんご夫妻と再会することになりました。
20年という時間を経て、またご縁がつながったわけです。

20年前当時の私の絵は、色鉛筆や透明水彩を画材として使用していました。
初めて清水さんに見ていただいたイラストはデッサンも狂いまくりの下手な絵ではありましたが、どこか魅力を感じてくださったようでした。
そしてそのイラストは、じつは私が今やっているデッサン教室「アトリエうみねこ」の名前の由来でもあります。

今回、多方面に告知していないため、地味に参加している感じではありますが、お近くまでお越しの際はぜひふらりとお立ち寄りください。

画廊というより、公共施設のギャラリースペースですので、どうかお気を楽にしてご高覧いただければと思います。
posted by はやしすみこ at 00:27| 東京 ☀| 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする