2018年01月17日

【西調布のブックカフェに油彩小作品展示中】

東京都調布市の、京王線西調布駅から徒歩数分にあるブックカフェ「Den」様にて、今日から油彩小作品3点を店内に飾っていただいております。
ギャラリーカフェではないので、展覧会ではありません。あくまでもお店のインテリアとして飾っていただく形です。

以前からお店のオーナー様より「お店に飾ってよい絵があったら持ってきてください」と仰っていただいていたので、いずれも過去作ですが、お店の雰囲気に合いそうな植物モチーフ中心に選びました。

今日は絵をお届けしただけなのでお写真はありません。後日撮影できたらと思っています。

展示期間は明確には決まっておらず、お店の方ではだいたい2ヶ月くらいを目処に絵の入れ替えを行っているとのことでしたので、今回も2ヶ月くらい置いていただけると思います。

ブックカフェDenさんは、私が以前、デッサン教室の会場としてテーブルをお借りしていたことがあり、お世話になっていました。だんだんお店が混雑するようになってきたので、もうカフェでのレッスンはしていないのですが、今も時々、お客さんの一人としてお茶を飲みに伺っています。

ブックカフェですので、お店の棚にある本を読みながらお茶を召し上がっていただけます。
お食事や軽食はなく、メニューはケーキとお飲物だけですので、ご注意ください。
全体的に静かな雰囲気で、ゆっくりくつろげるお店です。
本のラインナップは、芸術系とコミュニケーション系が多いというのが個人的な印象ですが、定期的に企画本コーナーが入れ替わります。
月に一回は店内でミニコンサート(要予約)などのイベントを開催していて、地元のお客様に親しまれています。

ブックカフェDenさんのHPはこちらです。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~bookcafeden/

なお、お店に飾られている他の絵はキャプションがなかったので、今日の時点では私もキャプションを用意していなかったのですが、後日キャプションはお届けすることにしました。

そして、ご希望のお客様がいらっしゃれば絵の販売もいたしますので、まずはお店の方にお声がけください。

お店に足を運んでいただけるだけでもご縁かと思います。
新しいご縁が少しでも生まれたら嬉しいです。
posted by はやしすみこ at 22:10| 東京 🌁| 絵画作品の販売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

【アトリエ清水1月展、終わりました】

今日(1/13)で、千代田区いきいきプラザで開催されていた「アトリエ清水1月展」が会期終了となり、搬出してきました。
会期中お越しくださった方々ありがとうございました。

アトリエ清水、というのは、先日の投稿にも書きましたとおり、20年ほど前に、私の描いたイラストを初めてギャラリーに展示させてくださった、当時ギャラリーオーナーだった清水喬彦さん、エミコさんご夫妻のアトリエです。

そのアトリエの絵画教室の生徒さんや、清水さんご夫妻にゆかりのある人たちを集めて開催したのが今回の展覧会でした。

アトリエ清水1月展会場風景


私が在廊したのは1/12の前半の受付当番だけでしたが、嬉しいことがありました。
ふらりとギャラリーに入っていらしたご婦人が、私の絵の前でぴたりと止まり、じっと見つめていました。

私の油彩画3点のコーナー


受付からその様子を眺めていて「あ、あの絵を気にしてくださっている」と思っていたのですが、

「花ひらく思惟」2015年制作


会場を一巡してまたその絵の前で立ち止まりじっと見つめ、
お帰りになるときももう一度その絵の前に戻られてじっと見つめ、
ちょっと名残惜しそう(に見えたのは私の願望ですが)なご様子でギャラリーを出て行かれました。

こんな風に、絵の前に立ち止まってくださる、何か心惹かれてくださる。
私は受付当番なのでカウンターに座ったままじっと黙っていましたが、
とても嬉しく、心の中で「ありがとうございます」と思いました。

皆が「素敵ね」と褒めてくれるのに、
ご縁がなかなか巡ってこない絵たちが自宅に眠っています。
展覧会のたびに新作を揃えるのも作家としての心意気かとは思いますが、
場所を変えて過去作を展示し、いずれご縁が巡ってくると信じていようと思います。

さて、次の展示参加は2/12〜、バレンタイン週間恒例の「線と展」です。
開催の詳細につきましては、また後日。
posted by はやしすみこ at 01:37| 東京 ☀| 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

【初めての体験 - 緊縛クロッキー会】

昨年の春頃、Facebookで緊縛クロッキー会なるものを知り、いつか描いてみたいと思っていましたが、今回ようやく有末剛氏のクロッキー会に参加することができました。

緊縛クロッキー会というのは、文字通り縄で縛られた状態のモデルさんを描くクロッキー会です。
1ポーズは15分で、2人のモデルさんが交代で計6パターンの緊縛ポーズをとってくださいました。

私自身、緊縛については「縄で縛られる」ということ以外ほとんど知らないくらいの勢いで、どちらかというと緊縛とは荒っぽいもののような印象を持っていました。

なのに、実際に参加してみると、思ってたのと違う。。。。
何というか、柔らかく優美な所作でモデルさんが静かにするすると縛られていくうちに、少しずつ人の造形美が現れていく感じがすごかったです。
どちらのモデルさんもまっすぐな美しい長い黒髪で、その髪の流れや乱れなども見逃せないポイントでした。

6ポーズいずれも楽しく描かせていただいたのですが、
その中でも自分で気に入っている2枚。

20180108_03.jpg

20180108_04.jpg

ポーズ終了後は、モデルさんも一緒に皆でお互いの作品を見て感想を述べあったり、講評していただいたり。参加者の方々には絵画やイラストのプロの方もいらっしゃって、それぞれに素敵な作品を拝見できて眼福でした。

私自身が自分の教室で一時期人物クロッキーを教えていましたが(今は人物画のみのレッスンはお休み中)たことがあるのですが、教えるための勉強として、人間の骨格や筋肉のつき方などを図鑑等で調べていくうちに、人間の身体って本当に複雑な形をしていて、皆体格も肉付きもきちんと意味があり、脂肪のつき方、皮膚の張りなども含めてひとりずつに様々な個性があり、ある意味奇妙な造形美があるんだなと感じるようになりました。

もう何年も前にクロッキーを始めた頃は、人体が上手に描けるようになるためのトレーニングだと思って取り組んでいましたが、最近では人体の造形美をいかにして描き出すか、絵としてどのように仕上げていきたいかというところに興味が移ってきているので、線の緩急やタッチの工夫、画材の使い分けなど、まだまだ経験値を上げていきたいです。

有末剛氏HP
https://arisuego.jimdo.com/
posted by はやしすみこ at 11:25| 東京 ☀| 人物クロッキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【展覧会のお知らせ - アトリエ清水1月展】

展覧会の初日を迎えてからの告知で恐縮です。
1月7日(日)より、麹町の「千代田区いきいきプラザ」でアトリエ清水1月展が会期開始となり、そちらに油彩画3点を出品しております。

20180108_01.jpg

【アトリエ清水1月展】
会期:2018年1月7日(日)〜13日(土)
時間:11:00〜19:00 最終日18:00終了
場所:千代田区いきいきプラザ区民ギャラリー
住所:東京都千代田区一番町12
交通:地下鉄半蔵門駅、麹町駅から徒歩5分、JR/都営新宿線市ヶ谷駅から徒歩13分

今回出品の3点は、F6号の新作と、サムホールサイズの過去作2点。

こちらはF6号の新作で、油彩だけでなくアルキド樹脂絵具(アキーラ)との混合です。

20180108_02.jpg
-「夢みるS」油彩、アルキド樹脂絵具/キャンバス F6号 -

ところで「アトリエ清水」というのは、20年ほど前に、私の描いたイラストを初めてギャラリーに展示させてくださった、当時ギャラリーオーナーだった清水喬彦さん、エミコさんご夫妻のアトリエで、それぞれお弟子さんがいらっしゃいます。

私はアトリエ清水の生徒ではありませんが、ギャラリー時代のご縁で今回、展示に混ざりませんか?とお誘いをいただき、久しぶりに清水さんご夫妻と再会することになりました。
20年という時間を経て、またご縁がつながったわけです。

20年前当時の私の絵は、色鉛筆や透明水彩を画材として使用していました。
初めて清水さんに見ていただいたイラストはデッサンも狂いまくりの下手な絵ではありましたが、どこか魅力を感じてくださったようでした。
そしてそのイラストは、じつは私が今やっているデッサン教室「アトリエうみねこ」の名前の由来でもあります。

今回、多方面に告知していないため、地味に参加している感じではありますが、お近くまでお越しの際はぜひふらりとお立ち寄りください。

画廊というより、公共施設のギャラリースペースですので、どうかお気を楽にしてご高覧いただければと思います。
posted by はやしすみこ at 00:27| 東京 ☀| 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

【2018年、新年を迎えました】

謹賀新年
本年もよろしくお願い致します。

元日は例年通り地元の天神様に初詣をし、久しぶりにTVのコンセントを差し込み(←)「相棒スペシャル」を観て右京さんを堪能し、あとは1/7に搬入が迫っているグループ展の絵を描いたり絵を描いたり家事したり、いつもとあまり変わらない我が家でした。

実は、昨年末に伯母が亡くなり12月下旬に葬儀が終わったばかりで、親等的には喪中というほどでもないのですがまだ呆然としている感じです。なので、お正月というのもいまひとつ実感がわかず、お年賀状もギャラリー様やお客様にお出しするのが精一杯でした。

ですので、お年賀状をいただいた方々には、これからゆっくり私信をしたためつつ寒中お見舞いでご挨拶するつもりです。ちなみに、今回の戌年年賀状の絵は、主に夫のリクエストに応えて漫画風イラストタッチになりました。

2018_nenga.jpg

ところで、初詣では初めて「家内安全」以外に「健康長寿」のお札も授かりました。昨年秋に体調を大きく崩したり、色々体力への自信がなくなってきていることもあったのですが、これからは夫婦共々健康上の心配なく、元気に毎日を送っていきたいねという願いをこめました。

そして、珍しく引いてみたおみくじは「大吉」。

20180102_02.jpg

ただ、よく読んでみると、地道で冷静な心持ちと努力が必要な1年のようです。
折しも、昨年末からいよいよ山羊座生まれの私にとって守護星の土星が山羊座入り。土星は本来、苦労や試練を意味する星ですが、山羊座生まれにとっては試練を通じて何かを成し遂げることを見守ってくれる星(あ、実は私、西洋占星術大好きなんです)。
年齢的には中年まっさかりの私にも、まだまだ伸びしろはあると自分で信じているので、今年はそういう意味での蓄えの年でもありそうです。

秋に崩れた体調はだいぶ取り戻してきました。
年末のブログにも書きました通り「怡」の字を想いながら、日々少しずつでも前進していきたいと思っています。

直近の展覧会は

★2018年1月7日(日)〜13日(土) アトリエ清水1月展 いきいきプラザ千代田(永田町)にて
★2018年2月12日(月)〜18日(日) 線と展 ギャラリーあづま(銀座)にて

展覧会につきましては、また改めてお知らせいたします。
posted by はやしすみこ at 16:09| 東京 ☀| 日々の徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする