2017年05月10日

【ヘアドネーション、ビフォアアフター】

先月下旬にヘアドネーションをして、35cm近く髪を切りました。
その後会う人会う人に、当然というか「イメチェン?」とか「春だから?」と聞かれるので、

ヘアドネーションしたんです〜^^

と答えると、「ヘアドネーションって何?」とさらに聞かれる確率が高いことがわかりました。

私の周囲にはドネーションしたことのある女性が増えているので、だいぶ認知度はあるのかと思っていたのですが、まだ「関心がある人の間では知られている」程度なのかもしれません。

ヘアドネーションというのは、簡単に言うと、病気などの事由によりウィッグを必要とする人たちに、フルオーダーの医療用ウィッグを無償で作り提供する活動。
NPO法人Japan Hair Donation & Charity(通称ジャーダック;https://www.jhdac.org/)により、ドネーションの趣旨に賛同する美容院+髪を提供するドナーの協力などで展開されています。

私はもう10年はほぼ伸ばしっぱなしだったので、ドネーションに必要な長さ31cmは充分にありました。実際は35cmくらいを目安に、こんな感じに髪を小分けの束にして、切ってもらいます。

20170510_02.jpg

美容院では、ドナーさんたちの髪の束がある程度まとまると、NPO法人の方へ送ってくださいます。

一人分のウィッグを作るのに、一人分の髪だけでは足りない(かなりの量がウィッグに向かない髪質として選り分けられる)そうで、私の髪も、他の誰かの髪と一緒になって、ウィッグに変身するわけです。

この髪がこの後、どこでどんな出会いをしていくのか全くわかりませんが、自分の一部が誰かの一部になっていくんだなあと思うと、嬉しいというか、とても不思議な心地です。

ずっとロングヘアにこだわってきたのに今回ドネーションをしようと思ったきっかけは、お年頃なりの白髪が増えたこと。後頭部に結構ひょろひょろと増えているのに全然気づいてなくて、ある日合わせ鏡で実態を知り、自分の髪の状態に気づいてなかったことが相当ショックでした。

これはもうきちんと染めよう。。。と決心したときに、白髪以外には何の問題もない髪なら、ドネーションしてからにしようと思い立ったのでした。

というわけで、ドネーションの後は、ボブスタイルに整えて暗いブラウンにカラーリング。
この写真、現在SNSのプロフィールに使っています。
周囲も、ロングの私しか見たことない人が多かったので、びっくりしたみたい。

20170510_01.jpg

日数が経つとまた白髪が見えてくるのでカラーリングを繰り返す生活に突入したことになるのですが、久しぶりのボブ、軽いし洗うのも楽だし。。。今年の夏は涼しく過ごせそうです。

そして。。。ボブスタイルでこんなシルエットになったの初めてで、気に入っています。
頭頂付近の髪が膨らみやすいのが悩みで、こういうストンとしたスタイルになりにくいんです。
美容師さん、ありがとうございます。
posted by はやしすみこ at 20:04| 東京 ☁| 日々の徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

【鉛筆画個展@点滴堂、6/21(水)〜のお知らせ】

今年もGWが終わり、すっかり初夏の風情になってきましたね。
皆様は帰省や観光など色々楽しまれたでしょうか。
私は5/3〜4に初めての市民講座の講師をさせていただいて、緊張しながらの準備から無事終わった反動がきて、連休後半は必要な予定以外、すっかり気がぬけて休息モードになっていました。

さて、本日は個展のお知らせです。今回は、鉛筆画小作品の展覧会です。
ギャラリーさんにも案内用のDMをお届けしましたので、
いよいよ宣伝を始めます^^

web_dm_01.jpg

ーーーーーーーーーーーー
【はやしすみこ個展「前略、あの日の居場所」】

日程:2017年6月21日(水)〜7月2日(日) ※月曜火曜はお休みです
時間:12:30〜21:00
場所:古本カフェ&ギャラリー「点滴堂」
HP:http://tentekido.info/
住所:東京都武蔵野市中町1-10-3-2F
アクセス:JR中央線 三鷹駅北口から徒歩5分程度

web_dm_02.jpg

ーーーーーーーーーーーー

点滴堂は、ギャラリースペースのあるブックカフェで、白や生成を基調色としたインテリアで統一された、古本カフェです。作品を展示できるギャラリースペースや、作家さんの手作り雑貨コーナーもあり、可愛いものが大好きな人たちの憩いの場所として、年々、人気上昇中のお店です。

日頃から出不精の私なので、実は年に数えるくらいしかお店には行けていないのですが、いつものんびりとくつろぎの時間をいただくことができる場所で、いつかここで個展ができたらいいなと思ってきました。

2年前に「少女への手紙」「少女からの手紙」というタイトルで、点滴堂さんの企画グループ展があり、鉛筆画で参加させていただきました。その時「少女だった自分への手紙」「少女だった自分からの手紙」という設定で全4点を描いたのですが、私なりに色々あった少女時代が懐かしくなって、その続編的なものをいつか描きたいと思いました。

ですので、今回は「少女への/少女からの手紙」の個人的な続編のような心持ちで描かせていただいています。

可愛いものにそこはかとない憧れはありながら、そこそこ老け顔だったため可愛いものがちっとも似合わず諦めていた少女時代。

少女といっても幼少期から多感なころまで幅広くなりますが、当時の私の思いを可能な限り等身大に描けたらいいなと思います。

当時への思いが強すぎて、いざ展覧会をさせていただけることになった途端に、何を描いたら良いか頭がグルグルしてしまい、描き始めるまでに時間がかかりました。今、一生懸命準備をしているところです。

展覧会だけでなく、静かに古本やコーヒーブレイクもお楽しみいただけると思いますので、ぜひお寄りいただければ幸いです。
posted by はやしすみこ at 10:57| 東京 ☀| 第10回個展「前略、あの日の居場所」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする