2020年09月28日

【油絵学科の3年生コンクール、今年は学内公開のみ】

現在、日本の大学では、
オンライン授業と対面授業の扱いが
大学ごとに違っていて、
まだ対面授業に戻れていない大学もあるようですね。

クラスター発生のニュースもちらほらみかけますし、
いつか全ての大学が元の学びに戻れるのでしょうか。

もちろん、大学だけの話ではなく。

武蔵野美術大学も、
まだ座学はほとんどがオンラインのまま。
しかし、実技や演習を伴う授業については、
一部、三密を避けて対面授業を再開しました。

私自身は、夏の終わりから
油絵学科の課題をアトリエで制作、
後期の座学は
教職課程の授業が集中していることもあって
それらは対面授業のため、
ほぼ毎日通学している状況です。

さて、

油絵学科では、重要な課題が3つあります。

2年生から3年生に上がる時の、進級制作。
これはもう終わった。

当然ながら、卒業前の、卒業制作。
来年度の最大イベント。

そして、3年生の秋に行われる、学内コンクール。
9月初旬からコンクールのための制作を行ってきました。

例年でしたら武蔵美関係者でなくても
コンクールの展示を観覧いただけるのですが、
今年はコロナ入構制限のため、
学内でのみ公開となります。

今日、コンクールのための展示作業がありました。
12号館の地下展示室、天井が高いです。
私はM80号。
アトリエだとそれなりの大きさに見えましたが、
やはり展示室に飾ると小さいですね。

12号館の地下展示室入り口の天井は、
空が見える。
学内の大好きな場所のひとつ。

IMG_7174.JPG

武蔵美に入学するまで、
それなりの年月描いてきました。
一緒に展示をする仲間が変わったり、
美術団体に所属したり、
美大予備校に通ったり、
ようやく美大に合格して美大生になって。
その中で、良い意味でも悪い意味でも、
ずっと何かに翻弄されてきました。

本当の意味で自由な自分になって、
自分らしい絵を描きたい。

たったそれだけのことなのに、
なぜこんなに翻弄されているのか。
いまはまだただ苦しいのに、なぜ続けているのか。

人間とは、知らず知らずのうちに、
自分自身のことも束縛するもののようです。

このコンクールをきっかけに、
自由な私に向かって大きく前進できたら良いのに。

コンクールの講評会は10/1、
10/2から展示が学内公開です。
posted by はやしすみこ at 22:59| 東京 ☁| 美大の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月18日

【現代童画会 夏季展が始まっています】

昨日8/17(月)のことになりますが、
現代童画会夏季展が開催となりました。
8/23(日)まで開催しております。

★展覧会開催概要は会のHPにてご覧ください
https://www.gendoh.jp/

今年の4月、現代童画会恒例の春季展が
コロナウイルス感染拡大予防のため中止となりました。
春季展がなくなると、自動的に選抜展もなくなります。

首都圏を中心にまだまだ
感染拡大の恐れは尽きない状況なのですが、
緊急事態宣言の解除を受けて、
選抜展の代わりに「夏季展」を開催し、
例年通り各地を巡回することとなりました。

展覧会開催に至ったのは、
私たちは作家として創り続けることが大切である、
という会としての思いのためですが、

このような時期ですので
積極的にご来場をお願いするのは難しいかと存じます。

もしよろしければ画廊へお寄りいただき、
1Fの作品だけでしたら、
歩道からでもガラス越しに覗いていただけます。

また、ご遠方の方も含めて、
Youtubeで会場の様子をご覧いただけるよう、
会の方で動画を準備しました。

★YoutubeのURLはこちらです。
https://youtu.be/Gzc0ztyWono

私の出品作「道程」F6号は、
上記動画の02:05あたりで表示されます。
インドサイの頭部をどーんと描いたものです。

ここ何日か、東海地方で40度以上の気温となるなど、
酷暑が続いておりますので、
皆様どうかご自愛ください。
posted by はやしすみこ at 15:41| 東京 ☀| 現代童画会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月11日

【五美術大学交流展 小作品展終わりました】

8/8(土)、銀座の奥野ビル、ギャルリーラーにて開催しておりました、
五美術大学交流展小作品展が終了いたしました。

Web上では期間中だけオンライン販売をしていたので、
改めて、出品者皆さんの作品をゆっくりごらんいただける
Twitterアカウントをご紹介します。

ゴビタ(@gobita_gobiko)
https://twitter.com/gobita_gobiko

こちらのアカウントで、ひとりひとりの作品を、
「ゴビタ」というキャラクターが紹介してくれます。
まだ意外とフォロワーさんが少ないようなので、
これを機にぜひゴビタのフォローをお願いします!

コロナウイルスが心配な中での展覧会開催でしたが、
お運びくださったお客様はもちろん、
そっと見守ってくださった皆様にも、
心からお礼申し上げます。

私もコロナ自粛のため、展示参加が少なくなっています。
しばらくの間は、Web上での画像での作品紹介を中心にしつつ、
少しずつリアルでの発表の場を持っていこうと思っています。
posted by はやしすみこ at 00:35| 東京 ☀| 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月30日

【グループ展のお知らせ 五美術大学交流展小作品展】

大変ご無沙汰しております。
現在、5月半ばからの大学のリモート授業が終わり、
期末レポートに勤しんでいるところです。

今年は大変な状況で推移しておりますね。
どうか、皆様と皆様の大切な方々が
ご無事でお過ごしでありますように。

このような中恐縮ですが、
グループ展のお知らせをいたします。

******************

【五美術大学交流展 小作品展】
2020/8/1(土)〜8/8(日)
13:00〜20:00 ※最終日11:00〜15:00

ギャルリーラー
東京都中央区銀座1-9-8
奥野ビル601
https://salondela.com/
https://salondela.com/schedule/exhibition/3339

******************
2020_gobidai_small01.jpg2020_gobidai_small02.jpg

A4程度までの小作品の展覧会です。
都内五つの美大生が作品を持ち寄ります。
私も武蔵美の学生なので参加します。
今年に入ってからの作品を2点。
もちろんお買い求めいただけます。

リアルな展覧会ですが、
Web上でも展示をご覧いただける予定ですので、
Webの情報はまた改めてお知らせいたします。

posted by はやしすみこ at 23:50| 東京 ☁| 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月18日

【武蔵美同級生でグループ展、1/19〜】

直前のお知らせで恐縮です。
明後日1/19より、武蔵美の油絵学科の同級生33人でグループ展をします。

『mau mau』
<武蔵野美術大学油絵専攻2年 有志展>

場所:3331 Arts Chiyoda   B104
日時:1月19日(日)〜1月26日(日)
10:30〜20:00
※最終日は17時まで

本グループ展のTwitterアカウントがあります。
出品者の作品紹介などもツイートしています。

今回私は旧作1点(M10号)と新作1点(s10号)です。今回の新作もですが、昨年末の進級制作も、今回懲りもせず出品する旧作のテーマを継承していました。

お時間ありましたらぜひお立ち寄りください。
posted by はやしすみこ at 00:30| 東京 ☁| Comment(0) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月02日

【あけましておめでとうございます2020】

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

20200102_01.jpg

東京のお正月は例年通り穏やかなお天気に恵まれているようです。
皆様はお元気にお過ごしでしょうか?

私は昨年末ひどい風邪をひき、高熱となり、
よもやインフルエンザと思いきや検査では陰性。
通常の風邪薬と解熱剤を処方してもらい、
寝正月となっています。

毎年、初詣は元日に地元の神社へ行くのが我が家の定番でしたが、
もう少し体調が戻ってからにします。

暦というものが存在しなければ、
お正月も日が昇り日が沈む1日でしかないはずなのに、
新年を迎えたというだけでなんだか不思議な心持ちになります。

そして、今年はどうしようかな、と
あれこれ抱負を考えてみたのですが、

毎年何かと予期せぬことばかり起こるし、
何かを予定してもその予定通りにことが運ぶことはないので、
ああしようこうしようとあまり考えないことにしました。

ただ、自分の心の在り様としては、
ニュートラルな感じにいられたらいいなと思います。

私は昔から、なんの悩みもなさそうとか、いつも元気そうとか、
幸せそうとか、そのように言われることが多かったです。
その度にちょっと複雑な気分になっていました。
私にだって悩みもあるし苦労もあるし、
疲れていることも多々あるのに、
少しは気づいてもらいたい。

だからといって、何か悩んでるの?とか大変そうね、とか、
元気なさそうね、と構ってもらえると逆に、
誰彼構わず、私は大変なんです〜と言って歩くのは何か違うなと思う。

近くに居てくれる家族や、仲良しの友達だけが、
わかっていてくれればそれでいいのかな。

昨年は、内心慌てふためいて居るうちに一年が終わってしまったので、
今年は、内心慌てふためいていようが涼しい顔をして居られるようでありたいです。
年齢的にも避けられぬ体の不調が出やすくなってきたので、
自分で自分を落ち着かせることができるように、
涼しい顔をして居られるようでありたいです。


それで、ちょっと外見的にイメチェンしてみたいんですが。
どんな感じにしたらその涼しい顔の私になれるだろう?
posted by はやしすみこ at 18:55| 東京 ☀| 日々の徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月12日

【3年生への進級を控えて】

大学生になって、早くも2年生が終わろうとしています。
油絵学科では、2年生最後の課題として、進級制作があります。

サイズ制限はありますが、テーマも手法も自由で、各自作品を制作します。

武蔵美の油絵学科は油絵専攻と版画専攻があって、両専攻合同で、制作した作品が学内で公開される進級制作展が開催されます。

進級制作展は今週火曜日に始まり、明日終了です。

月曜日には、油絵学科の教員による合同講評会が開催され、各教員の個人賞が決まりました。

昨年の進級制作展を見た時に、恥じるような作品は残すまいと思いました。
もう美大生活も折り返し地点なのです。
あと2年で何かをはっきり掴めるのかどうか。

私の進級制作の評価は、ざっくりまとめると、悪くはないが魅力に欠けるというものだったようです。魅力に欠ける。作家としてはおそらく致命的な評価です。

今後への課題は沢山あります。
ただ、今回久しぶりに自分自身が自由になれていた気がするので、進級制作に悔いはありません。

来年度も描き続けます。

進級制作 タイトル「The Empty Garden」
油彩 P50号

F63B46B9-99B7-4135-A055-4538E8F75278.jpg
posted by はやしすみこ at 18:49| 東京 ☀| Comment(0) | 美大の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月04日

【陽光とメンタル】

日照時間の短い季節だけうつ状態になる季節性の症状があると聞きます。
私は、うつの治療経験者なのですが、当時、特に季節による違いは感じていませんでした。

しかし、ふと最近気付きました。
ここのところ殊更体調が優れないのですが、実は陽光との関わりなのではと。

自宅マンションが外壁修復工事のため、少し前に建物の周囲に足場が組まれました。大したことないと思っていたものの、実際に足場が組まれてみると、朝起きた時に外の天気が晴れでもわからないくらい、部屋が暗くなりました。

気のせいかもしれませんが、ただでさえ季節の変わり目で体調を崩しやすいところへ来て、こんなにも調子が整わないのはもしや部屋が常に暗いせいなのではと。
あと、ここしばらく雨の強い日も続きましたし。

気にし始めるときりがないのですが、外壁工事は年越しをするそうなので、これからは努めて日光浴をすべく外へ出ようと思います。

これは外壁工事とは関係なく、通っている武蔵野美術大学の12号館地下フロアからの大好きな眺めです。ピラミッドのようなガラスを通して、空が見えるのです。

584FD4F8-8945-455D-9A6B-4304FE53F1F5.jpg
posted by はやしすみこ at 22:59| 東京 ☀| Comment(0) | 日々の徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月29日

【物質としての作品という想い】

HPだけでなく各種SNSで、作品紹介や制作過程を発信する作家さんも増えました。

インターネットの良さは、地理的に離れていても活動していることを知ってもらえることや、手軽に作風を知ってもらえるというところにあると思います。ネットをきっかけに展示に足を運んだ、ということも多々あると思います。

ただ、私はタブローで描いてきた人なので、本来物質的なものである作品を、画像だけで判断することに、最近は抵抗を感じることが増えてきました。

画像で見ると割と素敵なのに、原画を見たら感動が薄れた経験がいくつかあったからかもしれません。

描画材にはそれぞれ特質があって、私が使っている油絵具であれば、そもそも支持体や下地の作り方も様々ありますし、画用液との組み合わせや、筆だったりペインティングナイフだったりの使い方で、様々なマチエールが現れます。

物質で作り上げたものは、やはり物質としての存在感が切っても切り離せないものです。それも含めて、初めて作品の全体像なのです。

CB59D2E4-6BF5-4EC0-9128-26D16C27E78A.jpg

画像でばっと見て、視覚的に惹かれて楽しむことも悪いとは言いません。そういう楽しみ方もあるのでしょう。
しかし、ふっと目に止まるものがあると、最近の私は画像を拡大してマチエールや筆致を見ようとしてしまいます。

それは、重箱の隅をつつく行為とは思いません。

画像で見ても惹かれ、
原画を見たらさらに味わえる、
そういうものを創りたいなと改めて思います。
物質を扱っている以上、私の創っているものは物質なのだと思います。
posted by はやしすみこ at 15:38| 東京 ☀| Comment(0) | 日々の徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月11日

【選抜展巡回の絵が戻ってきました】

現代童画会の選抜展。夏に東京(銀座)で始まり、越後湯沢、神戸、香川と巡回したものが今日戻ってきました。
お帰りなさい。

選抜展の時にこちらで絵を紹介していなかったと思うので、

C93B4964-3137-4442-AF95-DB41633137AF.jpg
「海雪の深淵」2019年 油彩 F15号

さて、昨日から、
第45回現代童画展が上野の東京都美術館で始まりました。
私は今年も出品をお休みしておりますが、
会の設立45年の節目の記念展、
一般入選の方々もニューフェイスが増え、
特別展示は小松修先生です。
ぜひお運びください。

6E9371E1-B2B9-441A-B151-6D2058CBE2EC.jpg
posted by はやしすみこ at 22:15| 東京 ☀| Comment(0) | 現代童画会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。