2018年03月23日

【現代童画会春季展’18出品のお知らせ】

いよいよ現代童画会、新年度の活動が始まります。
今年も春季展の季節となりました。

常任委員、委員、会員を中心に、有志の会友の作品も展示されます。
S8号相当サイズまでの小作品の展覧会です。
皆様お誘い合わせの上、ぜひご高覧ください。

私も現在、出品する絵の制作中です。
少々難航しているのですが。。。F6号の油彩画を出品します。

2018_syunki_dm.jpg

【現代童画会 ’18春季展】
会期 2018年4月2日(月)〜4月8日(日)
時間 11:00〜18:30 初日 13:00〜/最終日16:00終了
場所 銀座アートホール
住所 東京都中央区銀座8-110 コリドー街
posted by はやしすみこ at 11:25| 東京 ☁| 現代童画会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

【ネコを描くネコクロッキー会】

ネコを描くネコクロッキー会。


隔月で開催されている会に知人からお誘いいただいて参加するようになったのですが、

会場の猫カフェが今月で閉店となるので、今回最後のネコクロに参加してきました。


今回のクロッキーから。画材は万年筆です。


64549971-4D1A-4259-A058-388E152562B0.jpg


私は飼うなら完全に犬派で、もう逝ってしまった子ですが自宅には元•愛犬のスケッチをたくさんしまってあります。


しかし猫も興味深いどうぶつでした。


鉛筆、水彩、万年筆(今回)と、毎回色々な画材を試して描いてみたのも楽しかった。

参加できたのは4回だけでしたが、関係者の皆様、大変お世話になりました。

posted by はやしすみこ at 00:52| 東京 ☀| Comment(0) | 日々の徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

【音感で変わる情感】

美術手帖の3月号は、「言葉の力。」が特集のテーマで、美術のみでなく多ジャンルを横断する言語表現について取り上げています。
その中の記事のひとつに、芭蕉の俳句

「古池や 蛙飛びこむ水の音」

の英訳が載っていました。

old pond
frog jumps
splash

字面上は本当に直訳くらいの感じなのですが、

ふとold pond...と口ずさんでみると、p という破裂音がすべての行に含まれているし、不思議な躍動感を覚えました。

昔、英会話学校に少しだけ通ってみた事があり、日本語と英語の言語感覚の違いになかなか慣れなくて、「英語で考えないと発語できない」ことが辛くなり、経済面の事情もあり3年で退会したのですが、

同じ言葉を異なる言語で綴るだけで情感まで変わる、

ということを改めて感じたのは久しぶりです。

言葉、というのはとても直接的な伝達手段ですが、同じことを違う人に言ったり、違う人が言ったりするだけで受け止められ方が変わるのが面白いし、ときには切ないなあと思います。

もっと、日々の言葉を大切に使いたいと思うのでした。
posted by はやしすみこ at 13:38| 東京 ☀| Comment(0) | ココロノウワゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

【線と展、終了いたしました】

2月12日〜18日の会期で、銀座のギャラリーあづまにて開催された「線と展」は、無事会期終了いたしました。皆様ありがとうございました。
また来年も参加できたらいいなと思います。

今回は、新作2点を含む鉛筆画7点を出品しました。

ギャラリーあづま「線と展」


展覧会によって鉛筆画だったり油彩画だったりと画材が異なるのですが、どちらの画材も好きなので、もうしばらくこの感じは続くかなと思っています。
今のところは、鉛筆画の方が「いいね」と仰っていただける作品が多いような気もしますが。。。
展覧会の度に、鉛筆と油彩のどちらで参加するのかお知らせしていきます。

さて、今回はこちらの絵がお迎えとなりました。

はやしすみこ「はじめてのおくりもの」


一枚、また一枚と、どなたかのもとへ、絵が旅立っていきます。
お迎えくださった方が絵を楽しんでくださることを思う喜びと、私のもとから居なくなる名残惜しい気持ちと、色々な気持ちが混じり合います。

それでも、絵が旅立つ度に、「この一枚」を選んでいただいたご縁を感じたいと思います。
ありがとうございます。
posted by はやしすみこ at 23:09| 東京 ☁| 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

【サボテンの絵がお迎えされました】

描いてから3年近く経ったこの絵。
CD2E2809-A4BD-478B-9B9F-EABC8D8D6D22.jpg
私自身も思い入れのあるお気に入りの絵だったので名残惜しいですが、この度素敵なマダムにお迎えいただきました。ありがとうございます。

先程お渡しが済み、ちょっとさみしいような心地もしますが、大好きだった絵を無事送り出す事ができ、嬉しいです。

いつまでも可愛がっていただけますように。
お迎えありがとうございます。

また、この絵を飾らせてくださって、佳きご縁を繋いでくださいましたブックカフェのオーナー様にも、心からお礼申し上げます。

初展示してしばらく経ってからご縁をいただく作品が私にはちょこちょこあります。
これからも、いずれご縁がつながることを信じて新作を描くとともに、旧作も積極的にお蔵出ししていこうと思います。
posted by はやしすみこ at 18:27| 東京 ☀| Comment(0) | 絵画作品の販売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

【ダブルポーズの緊縛クロッキーは難しかった。。。】

1月に初めて体験した、緊縛クロッキー会。
緊縛されたモデルさんを描くクロッキー会です。

2月も参加してきました。
今度は男女モデルさんで、基本はおひとりずつでのポーズなのですが、最後に1ポーズだけ、ダブルポーズがありました。

まずは今回描いたものの中から自分でもお気に入りの1枚。

B6E8D0D8-E53E-4543-959E-AAA783ABF4F4.jpg

今回は、仕事が終わった後に慌ただしく移動しながら開始ギリギリに会場に走り込んだこともあったりして、ちょっと不調かな。。。うまくラインが追えないや。。。という感じに描き始めました。

クロッキー会に出ると、多分体調に左右されるのかなと思うのですが、やはり日によって調子の良し悪しがあります。

とはいえ、せっかくのモデルさんを、ただ不調で描けなかったでは申し訳ないので、今回は、人体のラインをしっかり追うよりも、絵としての雰囲気を作りながら描いてみようかな。。。と思いました。

7F0A3F8B-D058-404F-A99F-0A54081EF98B.jpg

開催場所は阿佐ヶ谷ザムザ、せっかくのドラマチックな照明が作る陰影のコントラストを強調しないのはもったいないな、と、背景にもタッチを入れながら、ハイライトの部分を意識してみました。

最後のダブルポーズは流石に難しかったです。
縄があるというだけで、人体の比率やバランスにごまかしがきかないので四苦八苦。

最終的には、男女別々のページになってしまいましたが、

94A51BC2-1D29-4089-A740-95B7C9988AF2.jpg

ページを組み合わせると、どんなポーズだったかおわかりいただけるでしょうか。。。

次回開催はいつになるのかな、また行けるといいなと思います。
posted by はやしすみこ at 15:31| 東京 ☀| Comment(0) | 人物クロッキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

【グループ展の「線と展」始まります】

本日より、グループ展が始まります。

【展覧会概要】
ギャラリーあづま「線と展」
2018/2/12(月祝)〜2/18(日)
11:00〜18:30(最終日16:00まで)
東京都中央区銀座5-9-14 ニューセントラルビル

交流のある作家つながりで集まる、バレンタイン週間恒例のグループ展も6回目を迎えました。

今回は、新作2点含む鉛筆画を計7点出品します。

25E688BA-7773-409D-9A5A-ED4E765F7FE7.jpg

ハガキサイズの絵は即日お持ち帰り可です。
ぜひお立ち寄りください。

‪【線と展 在廊予定】‬
‪私の在廊予定は、以下の通りです。‬
‪★2/14(水) 11:00〜13:00‬
‪★2/16(金) 11:00〜15:00‬

‪あまりお当番に入れず申し訳ありませんが、会期通して必ず誰か在廊しております。

お時間ありましたらぜひお立ち寄りください。‬
posted by はやしすみこ at 10:29| 東京 ☀| Comment(0) | 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

【第6回 線と展 参加のお知らせ】

直近のグループ展参加のお知らせです。
バレンタインデーを含む1週間という会期で今年6回目を迎える「線と展」。
よく言われるのですが抽象画の展示ではなく、聖バレンタインの「聖」をもじったタイトルの展覧会です。(昨年も同じことを書いた気がします^^;)

20180206_01.jpg

メンバーは毎年ほぼ固定の常連作家と、半分くらいが入れ替わりつつ、続いてきました。
二科会の田中誠さんがリーダーになって毎年企画されているグループ展です。
私は今回、鉛筆画で参加。旧作中心の構成にしますが、新作も鋭意制作中です。

20180206_02.jpg

敏感な方は「そろそろ花粉が。。。」と感じる季節にはなりましたが、
よろしければぜひお出かけください。

【第6回 線と展】
会期:2018/2/12(月)〜2/18(日)
時間;11:30〜18:30 最終日16:00終了
場所:ギャラリーあづま
住所:東京都中央区銀座5-9-14 ニューセントラルビル
posted by はやしすみこ at 23:00| 東京 ☀| 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

【西調布のブックカフェに油彩小作品展示中】

東京都調布市の、京王線西調布駅から徒歩数分にあるブックカフェ「Den」様にて、今日から油彩小作品3点を店内に飾っていただいております。
ギャラリーカフェではないので、展覧会ではありません。あくまでもお店のインテリアとして飾っていただく形です。

以前からお店のオーナー様より「お店に飾ってよい絵があったら持ってきてください」と仰っていただいていたので、いずれも過去作ですが、お店の雰囲気に合いそうな植物モチーフ中心に選びました。

今日は絵をお届けしただけなのでお写真はありません。後日撮影できたらと思っています。

展示期間は明確には決まっておらず、お店の方ではだいたい2ヶ月くらいを目処に絵の入れ替えを行っているとのことでしたので、今回も2ヶ月くらい置いていただけると思います。

ブックカフェDenさんは、私が以前、デッサン教室の会場としてテーブルをお借りしていたことがあり、お世話になっていました。だんだんお店が混雑するようになってきたので、もうカフェでのレッスンはしていないのですが、今も時々、お客さんの一人としてお茶を飲みに伺っています。

ブックカフェですので、お店の棚にある本を読みながらお茶を召し上がっていただけます。
お食事や軽食はなく、メニューはケーキとお飲物だけですので、ご注意ください。
全体的に静かな雰囲気で、ゆっくりくつろげるお店です。
本のラインナップは、芸術系とコミュニケーション系が多いというのが個人的な印象ですが、定期的に企画本コーナーが入れ替わります。
月に一回は店内でミニコンサート(要予約)などのイベントを開催していて、地元のお客様に親しまれています。

ブックカフェDenさんのHPはこちらです。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~bookcafeden/

なお、お店に飾られている他の絵はキャプションがなかったので、今日の時点では私もキャプションを用意していなかったのですが、後日キャプションはお届けすることにしました。

そして、ご希望のお客様がいらっしゃれば絵の販売もいたしますので、まずはお店の方にお声がけください。

お店に足を運んでいただけるだけでもご縁かと思います。
新しいご縁が少しでも生まれたら嬉しいです。
posted by はやしすみこ at 22:10| 東京 🌁| 絵画作品の販売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

【アトリエ清水1月展、終わりました】

今日(1/13)で、千代田区いきいきプラザで開催されていた「アトリエ清水1月展」が会期終了となり、搬出してきました。
会期中お越しくださった方々ありがとうございました。

アトリエ清水、というのは、先日の投稿にも書きましたとおり、20年ほど前に、私の描いたイラストを初めてギャラリーに展示させてくださった、当時ギャラリーオーナーだった清水喬彦さん、エミコさんご夫妻のアトリエです。

そのアトリエの絵画教室の生徒さんや、清水さんご夫妻にゆかりのある人たちを集めて開催したのが今回の展覧会でした。

アトリエ清水1月展会場風景


私が在廊したのは1/12の前半の受付当番だけでしたが、嬉しいことがありました。
ふらりとギャラリーに入っていらしたご婦人が、私の絵の前でぴたりと止まり、じっと見つめていました。

私の油彩画3点のコーナー


受付からその様子を眺めていて「あ、あの絵を気にしてくださっている」と思っていたのですが、

「花ひらく思惟」2015年制作


会場を一巡してまたその絵の前で立ち止まりじっと見つめ、
お帰りになるときももう一度その絵の前に戻られてじっと見つめ、
ちょっと名残惜しそう(に見えたのは私の願望ですが)なご様子でギャラリーを出て行かれました。

こんな風に、絵の前に立ち止まってくださる、何か心惹かれてくださる。
私は受付当番なのでカウンターに座ったままじっと黙っていましたが、
とても嬉しく、心の中で「ありがとうございます」と思いました。

皆が「素敵ね」と褒めてくれるのに、
ご縁がなかなか巡ってこない絵たちが自宅に眠っています。
展覧会のたびに新作を揃えるのも作家としての心意気かとは思いますが、
場所を変えて過去作を展示し、いずれご縁が巡ってくると信じていようと思います。

さて、次の展示参加は2/12〜、バレンタイン週間恒例の「線と展」です。
開催の詳細につきましては、また後日。
posted by はやしすみこ at 01:37| 東京 ☀| 展示会・活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする